フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 菅野・仁田・佐藤・水町『労働審判制度の利用者調査 -- 実証分析と提言』 | トップページ | 精神障がい者の雇用義務化がもたらすもの by 荻野@ニッチモ »

2013年3月14日 (木)

精神障害者の雇用義務化 厚労省審議会が意見書

今回はフライングじゃないですよね。共同通信ですから、地方紙は全部こう報じるはずです。

http://www.47news.jp/CN/201303/CN2013031401001758.html(精神障害者の雇用義務化 厚労省審議会が意見書)

厚生労働相の諮問機関である労働政策審議会の分科会は14日、企業に精神障害者の雇用を義務付けることで合意し、意見書を取りまとめた。就労を希望する精神障害者が増えており、社会進出をさらに促すのが狙いだ。

厚労省は今国会に障害者雇用促進法改正案を提出する方針。成立すると、身体障害者に加えて知的障害者の雇用を義務付けた1998年以来の大幅な制度改正になる。

企業の準備期間などを考慮し、同省は義務化を5年後の2018年4月としたい考え。ただ、経営者側委員は時期尚早として、5年後の実施に難色を示している。義務化時期は、労使の代表らが参加する労政審でさらに議論する。

この記事からすると、精神障害者雇用の義務づけ自体には経営側も同意したが、5年後という時期についてはまだ合意していない、ということのようですが、それでも「今国会に障害者雇用促進法改正案を提出する方針」ということからすると、そんなに先ではなさそうです。

と、思ったら、厚労省のHPに意見書がアップされています。

夕方の審議会で何とか合意して急いでアップしたらしく、紙をスキャンしたものですね。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002xeb3-att/2r9852000002xemq.pdf

« 菅野・仁田・佐藤・水町『労働審判制度の利用者調査 -- 実証分析と提言』 | トップページ | 精神障がい者の雇用義務化がもたらすもの by 荻野@ニッチモ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 精神障害者の雇用義務化 厚労省審議会が意見書:

« 菅野・仁田・佐藤・水町『労働審判制度の利用者調査 -- 実証分析と提言』 | トップページ | 精神障がい者の雇用義務化がもたらすもの by 荻野@ニッチモ »