« 東京大学公共政策大学院「労働法政策」の日程について | トップページ | フジテレビ新報道2001 »

中小企業ではスパスパ解雇してますよ

世間では解雇規制の議論が盛り上がってきているそうですけど、何にせよ、日本社会の現実の姿からかけ離れた思い込みを前提に議論がされたのでは、あらぬ方向に走って行くばかりですので、

https://twitter.com/Sgt_Doraemon/status/315093544815697922

役に立たない人間を雇い続けなければいけない負担は中小企業には相当なもの。 解雇できないから、簡単に雇用も出来ない。

それはどこの国の中小企業なのでしょうか。多分、年間数十万件の労働紛争が労働裁判所にやってくるヨーロッパ諸国なんでしょう。

112050118少なくとも、私が日本の労働局のあっせん事案を調べた限りでは、こういうのが日本の解雇の現実の姿ですけど。

・10185(非女):有休や時間外手当がないので監督署に申告して普通解雇(使は業務対応の悪さを主張)(25 万円で解決)
・10220(正男):有休を申し出たら「うちには有休はない」その後普通解雇(使は「業務態度不良」)(不参加)
・20017(正男):残業代の支払いを求めたらパワハラ・いじめを受け、退職勧奨(取下げ)
・20095(派男):配置転換の撤回を求めてあっせん申請したら雇止め(不参加)
・20159(派男):有休拒否に対し労働局が口頭助言した直後に普通解雇(不参加)
・20177(派女):出産直前に虚偽の説明で退職届にサインさせた(不参加)
・20199(派女):妊娠を理由に普通解雇(不開始)
・30017(正女):有休申請で普通解雇(使は通常の業務態度を主張)(打ち切り)
・30204(非女):有休をとったとして普通解雇(使は当日申請で有休と認めず欠勤と主張)(12 万円で解決)
・30264(非女):有休を請求して普通解雇(使は当日申請で業務に支障と主張)(6 万円で解決)
・30327(非女):育児休暇を取得したら雇止め(使は力量劣るためと主張)(30 万円で解決)
・30514(非男):労基署に未払い賃金を申告したら雇止め(使は事実でないと主張)(不参加)
・30611(正男):指示に従わず減給、これをあっせん申請して懲戒解雇(使は職場トラブル、顧客とのトラブルが理由と主張)(打ち切り)
・30634(正男):労働条件の明示を求めたら内定を取り消し(15 万円で解決)

・10011(非女):個人情報(家族の国籍)を他の従業員に漏らしたことに抗議すると普通解雇(7万円で解決)
・10057(正男):会社から監視カメラで監視され、抗議すると普通解雇(15 万円で解決)
・20088(派女):いじめの現状を公にしたら派遣解除で雇止め(20 万円で解決)
・30015(派男):応募した業務と違う営業に回され、申し入れたら雇止め(不参加)
・30037(試女):無給研修に疑問を呈し、正式採用拒否(不参加)
・30048(正男)・30049(非女):配転で交通費を請求したが拒否され、退職勧奨(不参加)
・30077(正男):賃金が求人票と異なり、問うと退社を促された(10 万円で解決)
・30563(非男):偽造契約書に承諾させようとし、意見を言うと退職を勧める(不参加)

・10029(非女):賞味期限や注文数のごまかしを指摘したら普通解雇(不参加)
・10210(正女):データ改ざんを拒否して普通解雇(30 万円で解決)
・30036(正男):ハローワーク紹介で内定した会社が他社に労働者を供給する会社であることに疑義を呈したところ内定取消(不参加)

・20070(正男):常務に「勝手にやらんで欲しい」と言って懲戒解雇(打ち切り)
・20214(正女):マネージャーの降格人事に嘆願書をもって抗議したことで普通解雇(取下げ)
・30131(正男):客先で荷下ろし順に意見をしたら出入り禁止となり、さらに普通解雇(不参加)
・30243(正女):運営に意見が食い違っただけで普通解雇(打ち切り)
・30594(非男):副社長と営業方針、やり方が合わないとして雇止め(打ち切り)

・10032(正男):勝手に日曜出勤したので出勤停止、処分撤回を要求して懲戒解雇(取下げ)
・10056(正女):会社・社長の批判、社長の机を開けて社員の履歴書を見たので普通解雇(25万円で解決)
・10075(正男):会議中の発言や営業員との口論を理由に普通解雇(不参加)
・10097(派男):会社を信用できないと発言したことを理由に普通解雇(16.5 万円で解決)
・20052(正男):言い争いで出勤停止、不服申立に対し自主退職したものと見なす(30 万円で解決)
・20086(非男):社長、専務、同僚への暴言で普通解雇(不参加)

・10039・10040(非男):役職者として出向してきたのに昇進を拒否したので雇止め(それぞれ100 万円、150 万円で解決)
・10074(正女):他店舗勤務を拒否して普通解雇(打ち切り)
・100125(非女):異動拒否で普通解雇(不参加)
・10193(正男):勤務先の廃止に伴い、東京勤務を拒否し普通解雇(打ち切り)
・20153(正男):業績不振及び異動命令拒否で整理解雇(不参加)
・30050(正男):障害者で長時間労働に耐えられないのに京都勤務を拒んで普通解雇(不参加)
・30114(正女):配置転換命令に従わず普通解雇(打ち切り)
・30224(正女):保母として採用されたのに介護職員として働かされ、抗議すると普通解雇(打ち切り)
・30234(非男):配転命令を拒否すると「辞めてもらうしかない」と退職勧奨(不参加)
・30541(派男):常用派遣、東京への転勤命令に従わないので普通解雇(打ち切り)
・30573(正女):配転を拒否したので退職勧奨(打ち切り)
・30613(非男):介護施設への異動拒否を理由に普通解雇(16 万円で解決)

・10081(非女):勤務日数変更を求められ納得できず説明を求めたら雇止め(17.5 万円で解決)
・20085(正男):月給制から時給制への変更を拒否したら普通解雇(150 万円で解決)
・20130(正男):自社株購入を拒否して「聞けないなら会社を辞めろ」(不参加)
・30358~30361(正男・正女):減給を拒否したら普通解雇(取下げ)
・30380~30383(正男・正女):減給を拒否したら普通解雇(不参加)

・30209(試男):試用期間の延長を拒否したら普通解雇(不参加)
・30411(非男):事業部長だったが休職、復帰後一般営業員扱いを拒むと雇止め(不参加)

・10166(正女):異動か解雇か迫られた(不参加)
・20055・20056・20063(正男):職種転換か退職かを迫られた(打ち切り)
・20203(正女):教務主任になるか退職するかと迫られた(不参加)
・30126(非女):店長の解雇通告後、本社は異動か退職の選択を迫る(5 万円で解決)
・30318(正男):長女が長期入院状態なのに転勤命令、「従うか辞めるか」と退職勧奨(打ち切り)
・30407(正女):「転勤に応じないのであれば辞めてもらうしかない」(不参加)
・30579(正男):「配置転換に従えないなら退職しかない」(不参加)

・10172・10173(非女):平日週4 日勤務を平日週5 日+土曜も出勤するか、無理なら解雇(取下げ)
・20062(正男):最賃に引き下げる。応じなければ来なくても良い(不参加)
・30121(正男):賃金引き下げか解雇か(解決金ゼロで解決)

・10124(正男):請負への移行か辞めるか(8 万円で解決)
・30190(正男):退職しなければパートにする(不参加)
・30321(正男):解雇か週3 日の非常勤かと言われ退職(19 万円で解決)
・30548・30549(試男):面接時と異なる雇用条件(正社員のはずが嘱託)を示し、応じなければ内定取消(各20 万円で解決)
・30560(正女):育児休業から復職後、パートか解雇かと迫られ解雇に応じた(不参加)
・40002(試男):アルバイトになるか退職か(打ち切り)
・30596(正女):転勤・減給・有期化に従えなければ退職するよう強要(不参加)

・10014(非男):売上増のため出張を要求され、「行かないのなら辞めろ」「辞める」(5 万円で解決)
・10037(試女):受付業務を教えるように言われ、拒んだら普通解雇(不参加)
・20057(正男):職務命令違反、勤務態度不良で普通解雇(不参加)
・20110(正男):上司に従わないという理由で懲戒解雇を予告されたので退職届を提出(30 万円で解決)
・20120(正男):運行命令の放棄と社内での暴言が理由で懲戒解雇(打ち切り)
・20123(正男):悪質運転を繰り返したことを理由に「もう要らない」(打ち切り)
・20169(正女):上司の指示に従わない(トイレ掃除等)ので普通解雇(不参加)
・30004(非女):指導に従わないので普通解雇(不参加)
・30056(非女):自己都合退職後アルバイト勤務中業務妨害したので普通解雇(不参加)
・30079(派男):一部業務を拒否し派遣先の要求で契約解除(15 万円で解決)
・30097(非男):同僚とのトラブルでうつ病に、業務命令を拒否したら更新拒否(不参加)
・30128(非女):仕事を拒否し、意に反することがあると無断欠勤するので退職勧奨(7 万円で解決)
・30185(非女):指示に従わないので退職勧奨(打ち切り)
・30207(正男):専任講師として採用されたのに収益追求を強要され、退職勧奨(不参加)
・30222(非女):「会社の方針に従えなければ辞めてくれて結構」(不参加)
・30223(非女):「長い時間働かなければ辞めてくれ」(不参加)
・30240(正女):受付事務でカウンセリング業務を拒否したので普通解雇(10 万円で解決)
・30278(正男):研修中本人の就業拒否のため普通解雇(不参加)
・30337(非女):業務改善に応じず「明日から来なくてもいいです」(打ち切り)
・30363(正男):再三の是正指示にかかわらず業務着任できないため普通解雇(打ち切り)
・30559(正男):社命に従わず仕事に熱意なしと普通解雇(不参加)

・10018(非男):出退勤をメールで送信したため普通解雇(不参加)
・10021(非女):業務怠慢を理由に普通解雇(不参加)
・10038(正男):移転就職で、住民票を移しておらず自分の車をもたないことを理由に普通解雇(不参加)
・10098(正男):業務上の失態重なり報告怠るので普通解雇(不参加)
・10106(派男):派遣先からの勤務態度についての苦情で雇止め(打ち切り)
・10112(正男):仕事に誠意が見られないとして解雇(取下げ)
・10116(非男):業務手順が守られないという理由で普通解雇(不参加)
・10139(正男):職務怠慢を理由に懲戒解雇(不参加)
・20015(非男):ずさんな清掃の仕方ゆえ普通解雇(2 万円で解決)
・20016(非女):作業内容の不備を理由に労働条件引き下げに加え退職勧奨(不参加)
・20047(正女):能力、勤務態度、協調性の問題から普通解雇(15 万円で解決)
・20096(正男):事務局長として職務懈怠で懲戒解雇(10 万円で解決)
・20162(正女):仕事中に抜け出すので普通解雇(1 万円で解決)
・20200(非女):接客態度が悪いので普通解雇(不参加)
・20201(非女):誠実さがないので普通解雇(不参加)
・30025(正男):ミスを報告しないので普通解雇(不参加)
・30173(正男):業務に支障をきたす行為多く、パート社員とし「クビ」(30 万円で解決)
・30276(正男):勤務態度不良、成績不良で普通解雇(打ち切り)
・30279(派女):マナー違反を理由に雇止め(不参加)
・30328(試男):態度が反抗的なので普通解雇(打ち切り)
・30371(派男):勤務中の居眠りを理由に普通解雇(打ち切り)
・30390(正男):後輩に誤った指示をし、業務をほったらかしにしたので普通解雇(50 万円で解決)
・30517(正男):仕事ぶり、態度ともに悪いので普通解雇(打ち切り)
・30583(非男):勤務中の言動や行動に改善なしとして普通解雇(打ち切り)
・40018(非男):勤務態度に問題ありと普通解雇(打ち切り)
・40019(非女):事務の乱雑さで雇止め(打ち切り)
・40030(非女):勤務態度、勤務成績不良で普通解雇(打ち切り)
・40035(非男):業務態度不良で雇止め(打ち切り)
・40038(正男):警備室内でスリッパを履いていたので普通解雇(打ち切り)

・10028(正女):職場のトラブルで夫が威力業務妨害したので退職勧奨(謝罪・退職金で解決)
・10044(非女):フロアマネジャを怒らせたので出勤停止、普通解雇(取下げ)(あっせん外で30万円で解決)
・10169(派女):宗教関係の精神の混乱のため退職勧奨(15 万円で解決)
・10171(非女):従業員間のトラブルを報告したら誤解で即日普通解雇(不参加)
・20042(正女):再入社が知れていじめを受け、「これからいじめがひどくなるから退職してほしい」(不参加)
・20071(正男):「傷害事件を起こす恐れがあるので辞めてもらう」(打ち切り)
・20092(非女):マネージャーとトラブって欠勤、メールのやりとりで退職とされた(打ち切り)
・20113(非男):上司との喧嘩で顧客から殴られたことを理由に退職勧奨(打ち切り)
・20154(非男):個人を誹謗中傷するメールを再度送ったため普通解雇(打ち切り)
・20155(正男):部下とトラブり、「こんな部下と一緒に働けない」と言ったら退職とされた(28 万円で解決)
・20160(非女):会社の調和を乱したので雇止め(不参加)
・20176(正女):上司とのトラブルで普通解雇(50 万円で解決)
・30007(非男):協調性の欠如ゆえ雇止め(不参加)
・30011(非女):職場トラブルから「不満があれば辞めてもらっていい」(打ち切り)
・30051(非男):職場内の人間関係や勤務態度から雇止め(打ち切り)
・30054(正男):人間関係乱したとして普通解雇(打ち切り)
・30065(試男):職員との信頼感欠如を理由に普通解雇(25 万円で解決)
・30087(試男):自分でネットショップを経営し火の車で使用者や他の従業員に無心したので普通解雇(打ち切り)
・30104(派男):就労初日に派遣先担当者との見解の相違で即日解除(不参加)
・30136(試女):同僚とコミュニケーションを図ろうとしないので退職勧奨(30 万円で解決)
・30151(正女):職場の秩序を乱したとして普通解雇(50 万円で解決)
・30156(非男):コミュニケーションがとれず協調性に欠けるとして雇止め(取下げ)
・30170(試男):協調性がないという理由で普通解雇(不参加)
・30181(派女):他スタッフとの協調性低いとして雇止め(不参加)
・30192(試男):現場責任者が指導したところ噛みつきトラブルになり退職勧奨(1.2 万円で解決)
・30226(非女):チームワークを乱すので退職勧奨(不参加)
・30235(試女):挨拶ができない、声が小さいので普通解雇(不参加)
・30241(派女):派遣先から人間関係のトラブルで契約解除の申し出あり雇止め(15 万円で解決)
・30253(正男):取締役に罵声を吐くなど勤務態度不良で普通解雇(720 万円で解決)
・30254(正男):協調性がないので普通解雇(取下げ)
・30294(派女):派遣先で他の派遣労働者とのトラブルを理由に雇止め(打ち切り)
・30312(試男):意思疎通を図らず社長の指示以外聞かないので普通解雇(40 万円で解決)
・30349(正男):職場での暴言、脅迫、命令無視を理由に懲戒解雇(打ち切り)
・30353(正女):職場内の人間関係が悪化したため普通解雇(40 万円で解決)
・30355(派男):女性パートが嫌がっているという理由で雇止め(不参加)
・30415(非女):皆から無視されるようになり、異動先がないとして普通解雇(不参加)
・30434(正男):業務中不満をぶちまけ、同僚を脅迫したため退職勧奨(不参加)
・30435(非女):上司とのコミュニケーションがとれないので普通解雇(不参加)
・30515(試男):コミュニケーション能力不足を理由に普通解雇(不参加)
・30536(非男):風紀を乱したため普通解雇(打ち切り)
・30540(試男):態度が悪く、周りとコミュニケーションがとれないとの理由で普通解雇(不参加)
・30574(派女):派遣先での喧嘩を理由に普通解雇(打ち切り)
・30625(試男):協調性の欠如ゆえ普通解雇(50 万円で解決)
・30642(非女):他の作業を手伝わなかったから普通解雇(取下げ)
・40009(正男):職場の秩序を乱すとして普通解雇(打ち切り)
・40012(正女):他従業員とのトラブルで解雇(離職直前に過去に遡って1年の有期契約にして雇止め)(4 万円で解決)
・40032(試男):試用期間中、他の従業員に溶け込まず孤立して普通解雇(打ち切り)
・40033(非男):店内の盗難騒ぎでトラブルになり普通解雇(15 万円で解決)

・10007(非女):小児科医が看護師や患者の母親とトラブルを起こすので普通解雇(160 万円で解決)
・10154(非男):利用者や市からセクハラ発言にクレームがあったので普通解雇(5 万円で解決)
・10188(非女):仕事上のクレームがあったため普通解雇(不参加)
・10238(非女):現場でトラブルを起こしたため普通解雇(不参加)
・20077(正男):他社の運転手や客からの苦情多く普通解雇(打ち切り)
・20084(非男):皆に迷惑をかけ、クレームが多いので普通解雇(不参加)
・20143(正女):仕事のミスで顧客を怒らせたので普通解雇(5 万円で解決)
・20205(正男):得意先とのトラブルで普通解雇(不参加)
・30005(正男):得意先に失敗多く改めないので普通解雇(不参加)
・30152(非男):クレーム、事故が多いと雇止め(打ち切り)
・30165(試男):品位に欠け、客に不愉快な思いをさせたので普通解雇(打ち切り)
・30172(正女):入居者からクレームがあったとして普通解雇(24 万円で解決)
・30284(試男):荷物の扱いが悪く、顧客の苦情あり普通解雇(打ち切り)
・30324(非女):客とのトラブルや従業員同士のトラブルで雇止め(打ち切り)
・30335(派女):派遣先の隣の会社からのクレームを理由に雇止め(45 万円で解決)
・30339(正男):現場作業でクレーム多いと普通解雇(会社は請負契約と主張)(打ち切り)
・30521(非女):学生から授業中質問に答えてくれないとクレームがあり普通解雇(215 万円で解決)
・30533(非男):請負先からのクレームがあり普通解雇(20 万円で解決)
・30539(正男):仕事のミスや苦情がひんぱんなのに反省がないので退職勧奨(打ち切り)
・30551(非女):利用者のウケが悪いからという理由で普通解雇(3 万円で解決)
・30565(非男):顧客からクレームがあったため普通解雇(18 万円で解決)
・40043(非男):客からのクレームで普通解雇(不参加)

・10042(試男):いとこを病院に連れて行くため遅刻・無断欠勤で普通解雇(40 万円で解決)
・10048(試男):無断欠勤や同僚を罵ったので普通解雇(不参加)
・10049(試?):無断欠勤や勤務中の中抜けを理由に普通解雇(50 万円で解決)
・10102(派女):遅刻など勤怠状況悪く派遣先から拒否されたため雇止め(3.12 万円で解決)
・20061(派男):欠勤を伝えると「もう来なくて良い」(不参加)
・30027(正女):欠勤が多いので退職勧奨(取下げ)
・30032(正男):勤務中連絡が取れなくなり無断欠勤で普通解雇(不参加)
・30162(正男):無断欠勤するようでは困ると普通解雇(17.5 万円で解決)
・30180(正男):職場離脱を理由に普通解雇(不参加)
・30292(正男):遅刻を理由に懲戒解雇(取下げ)
・30396(非女):欠勤や早退が多いため雇止め(不参加)
・30519(正男):無断欠勤(1 日)をしたとの理由で普通解雇(6.8 万円で解決)
・30631(正女):社長のパワハラでうつ病、薬の副作用で居眠り・遅刻で普通解雇(取下げ)

・10104(試女):休みが多すぎを理由に普通解雇(不参加)
・10111(正女):体調不良による半休を理由に退職勧奨(23.3 万円で解決)
・20021・20023(試男):体調不良で4 日間休んだため普通解雇(同一事案について労使双方からあっせん申請)(5 万円で解決)
・20129(試男):試用期間中、風邪や頭痛で4回休んだため普通解雇(1 万円で解決)
・20136(正女):社長から「メタボ、豚、デブ」と言われ、うつで休み普通解雇(18.1 万円で解決)
・20184(非女):休みが多いと普通解雇(不参加)
・30078(正男):休務したいと伝えたら社長命令で普通解雇(不参加)
・30270(非女):体調不良で2 日休んだため普通解雇(打ち切り)
・30315(派女):体調不良で休んだため雇止め(13 万円で解決)

・10043(正女):「このままでは体がもたない」「やってられない」と愚痴ったら退職手続(30万円で解決)
・10100(正男):「この会社は最低だ」と叫ぶので「そんなに嫌なら辞めたらどうだ」(150 万円で解決)
・30184(正女):大学教授が納得しないと卒業できないと財務諸表の開示を求めたため内定取消(不参加)
・30427(派男):派遣では働きたくないというので雇止め(10 万円)
・30616(派女):「時給上げないとやる気起きない」に派遣先が不快感で退職勧奨(打ち切り)

・10096(非女):「うちの事務所に合っていない」「解雇ですね」(10 万円で解決)
・10110(非女):カラーに合わないを理由に普通解雇(不参加)
・10136(試男):社風に合わないことを理由に普通解雇(不参加)
・20048(非女):店長から「俺的にだめだ」と普通解雇(15 万円で解決)
・20068(非女):社風に合わないから普通解雇(不参加)
・20104(正男):いったん内定したが営業向きでないと思い取り消し(25 万円で解決)
・30044(非男):挨拶しなかったため採用4 日後に「辞めて欲しい」(打ち切り)
・30083(正女):会社方針に合わないと普通解雇(不参加)
・30088(正男):会社方針に合わない(100 万円で解決)
・30247(正男):社長交代で普通解雇(不参加)
・30261(正男):廃業し息子が後継するにあたり、他は継続雇用するが、本人は雇用したくないと普通解雇(取下げ)
・30341(試女):「相性の問題ですね」と普通解雇(打ち切り)
・30555(正男):やる気なし、社長の意に沿わないとして普通解雇(打ち切り)
・30626(正女):再面接で社員としての適合性に欠けると判断して内定取消(不参加)
・30633(正男):有料紹介業者を通じて社風に合わないと解ったから内定取消(30 万円で解決)

・10071(正男):異動の送別会中に会社の鍵を忘れたことを思い出し依頼したら即刻解雇(不参加)
・30040(非女):「会社の恥、お詫びに死ね」と言われ、配置転換、雇止め(不参加)
・30311(試男):待機中過度に挨拶しすぎとして解雇(不参加)

・10022(試男):社員から借金を繰り返し、ガソリンを勝手に自分の車に給油して普通解雇(打ち切り)
・10026(正?):バスの通勤定期ありながら自転車通勤、始末書出さず懲戒解雇(5.86 万円で解決)
・10156(正男):残業手当不正受給を理由に普通解雇(不参加)
・10175(正男):取引業者との癒着を理由に普通解雇(40 万円で解決)
・20046(正男):社有車の距離数改ざんを理由に懲戒解雇(打ち切り)
・20115(非女):店長から犯罪行為に荷担したように怒鳴られて退職(労働者は非行を否定)(打ち切り)
・20128(派女):タイムシートの改ざんや患者からのクレームで派遣先が更新拒否(不参加)
・20132(正男):本部に報告せずイベントを開催させた背任行為を理由に懲戒解雇(40 万円で解決)
・30008(非男):顧客情報漏洩していないのに退職を求められ雇止め(労働者は非行を否定)(取下げ)
・30052(正男):経歴詐称、交通費不正請求のため普通解雇(不参加)
・30064(正女):業務上横領を理由に普通解雇(労働者は非行を否定)(2 万円で解決)
・30117(試男):交通費の不正使用、専門知識不足、協調性に欠ける(打ち切り)
・30140(試女):身に覚えのない売上金3 万円の不足を理由に雇止め(労働者は非行を否定)(5万円で解決)
・30175(正女):謝金支払い上の問題で懲戒解雇か自主退職かを迫られた(打ち切り)
・30200(非男):秘密漏洩(輸送ルートの変更)を理由に普通解雇(不参加)
・30495(正女):個人情報の持ち出しを図ったため普通解雇(209.4 万円で解決)
・40001(正男):顧客の契約破棄(転職先への顧客移動)を理由に懲戒解雇(不参加)

・10239(非男):経理業務で販促金を紛失したため雇止め(不参加)
・20044(正男):業務終了後私用で社有車を運転中人身事故を起こし懲戒解雇(150 万円で解決)
・20049(試男):業務上の交通事故や業務ミスから退職勧奨(6.3 万円で解決)
・30255(正男):商品積荷事故を認めよ、嫌ならクビと言われ、拒むと退職勧奨(不参加)
・30258(正男):2 回の交通事故を理由に懲戒解雇(不参加)
・30651(正男):職務従事中の交通事故で懲戒解雇(不参加)

・10004(正男):部下のカードや友人・顧客の名前で借金して懲戒解雇(370 万円で解決)

・10079(非女):工場長から泥棒扱いされ雇止め(労働者は非行を否定)(25 万円で解決)
・10163(非女):身に覚えのない窃盗を理由に普通解雇(労働者は非行を否定)(不参加)
・20127(試女):社長からタバコやボールペンを盗んだとして懲戒解雇(労働者は非行を否定)(不参加)
・30076(正女):罵声を浴びせ、辞めさせるために商品を盗んだことにされて普通解雇(労働者は非行を否定)(不参加)
・40008(正男):レジからの着服で懲戒解雇(不参加)

・10034(非男):アルバイトを平手打ちしたので普通解雇(150 万円で解決)
・30502(正男):就業中部下を殴って出血させたので懲戒解雇(打ち切り)

・10153(正女):いじめの犯人と疑われ辞めるよう促された(労働者は非行を否定)(20 万円で解決)
・10162(正男):セクハラを理由に懲戒解雇(取下げ)
・30332(派女):いじめをしたからという理由で雇止め(労働者は非行を否定)(30 万円で解決)
・30420(非女):同僚に対するいじめを理由に「辞めてくれ」(労働者は非行を否定)(不参加)

・30016(非男):業務中に路上で放尿したので普通解雇(59 万円で解決)

・10151(正男):請負先での経歴詐称と無断欠勤を理由に退職勧奨(30 万円で解決)
・20002(試女):試用期間中、過去の勤務歴を隠していたとして普通解雇(21.25 万円で解決)

・30189(正男):懲戒事由不明の解雇(不参加)

・10174(派男):闇金からの電話がかかってきたので普通解雇(不参加)
・20126(試男):会社にサラ金から電話がかかり「他の社員の手前辞めて欲しい」と退職勧奨(2.88 万円で解決)
・30082(正男):会社に闇金からの電話がかかるようになり、自宅待機を命じ、普通解雇(10万円で解決)
・30376(非女):父が事件を起こしたことを理由に普通解雇(不参加)
・40005(正男):社内における男女交際を理由に懲戒解雇(取下げ)
・40011(正男):親族の相続問題を理由に普通解雇(不参加)
・40021(正男):親族の問題で退職勧奨(不参加)

・10120(正男):副業を理由に普通解雇(不参加)
・10186(正男):土曜も勤務日だが出勤がほとんどないため、バイトをしていいかと相談したため普通解雇(不参加)
・30419(派男):勤務時間外にリクルート活動を行ったため普通解雇(43 万円で解決)
・30595(正男):在籍中会社の顧客に個人での営業行為をしたため懲戒解雇(不参加)
・30600(試男):社員でありながら他社の仕事のために欠勤したので退職勧奨(8 万円で解決)

・10123(非女):協調性がなく、車の運転ができないので退職勧奨(55 万円で解決)
・20165(正女):パソコン入力が遅いとして普通解雇(13.42 万円で解決)
・30163(非女):面接時には問題にされなかった中国語・パソコン能力を理由に普通解雇(不参加)
・30291(派女):PC入力不得意のため業務に支障で雇止め(打ち切り)
・30553(非女):パソコン入力時に間違いが多いので雇止め(欠勤分を有休扱いで解決)
・30617(派男):トラック運転のスキルがないので普通解雇(9.6 万円で解決)

・10019(正男):受注額の粗利益より人件費の方が多いので普通解雇(不参加)
・30045(正男):「月間800 万円を達成しなければ退職」と退職勧奨(不参加)
・30070(非女):業務評価を理由に雇止め(不参加)
・30073(非女):「ノルマを達成できなければアウト」と普通解雇(不参加)
・30306(正男):3 件受注しないと辞めてもらうと通告し退職勧奨(不参加)
・30567(非男):更新基準(自販機販売台数)により雇止め(60 万円で解決)
・40004(非女):ノルマが達成できないからと、知らずに退職届を書かされ雇止め(不参加)

・10179(非女):仕事のミスを理由に社長が威圧的言動で退職勧奨(不参加)
・20116(試男):作業ミスで上司に暴行・暴言を受け、普通解雇された(20 万円で解決)
・30099(非女):1 回ミスで普通解雇(10 万円で解決)
・30274(非女):仕事のミスを理由に雇止め(打ち切り)
・30392(派男):(派遣会社からの申立)業務処理のミスから雇止めしたら解雇と主張され、平行線(取下げ)
・30428(試女):同じミスを何回も繰り返すので雇止め(1 万円で解決)
・30525(正女):1 つのミスを繰り返し責め退職に追い込まれた(5 万円で解決)
・30584(派男):派遣先で顧客名を間違えるという重大なトラブルがあったので雇止め(6 万円で解決)
・30602(正男):売上の未収を理由に普通解雇(不参加)
・30610(非男):安全配慮ミスを繰り返すため普通解雇(打ち切り)

・10017(正女):「仕事ができない」と言われ退職届の提出を迫られた(5 万円で解決)
・10148(正男):試験に不合格、不良工事多く、職人として失格として普通解雇(取下げ)
・10183(正女):勤務成績不良で普通解雇(不参加)
・10187(正男):契約と異なる肉体労働に従事し、能力欠如で普通解雇(不参加)
・10199(正男):営業力不足で普通解雇(不参加)
・20010(正男):(会社側からの申立)介護職の仕事量をこなさないため普通解雇(18 万円で解決)
・20054(正男):技術に疑問、看過し得ない行動があったので退職勧奨(32 万円で解決)
・20094(試男):試用期間中、仕事ぶりが採用基準を満たさず普通解雇(打ち切り)
・20156(正女):能率の低下を理由に普通解雇(打ち切り)
・20170~20172(非女):生産性が低いため普通解雇(不参加)
・20213(正男):業務対応能力不足で普通解雇(不参加)
・30003(非女):判断力、コミュニケーション力が不足(100 万円で解決)
・30081(正男):技量、業務姿勢を理由に普通解雇(不参加)
・30096(正女):体が大きく目立ち能力に欠けるとして普通解雇(不参加)
・30115(正女):「仕事をまったく覚えない。とりあえすクビ」と普通解雇(打ち切り)
・30169(正男):能力、人間関係に問題ありと退職勧奨(打ち切り)
・30231(非女):契約通りの仕事が為されないため普通解雇(不参加)
・30238(試男):職務能力不足で普通解雇(打ち切り)
・30320(非女):期間中沖縄に長期出張中、客の回転悪く雇止め(50 万円で解決)
・30362(試女):採用翌日に能力不足で普通解雇(3.7 万円で解決)
・30365(非男):業務遂行能力がないとして普通解雇(解雇撤回、年度中休職扱いで解決)
・30366(正男):「仕事の能力がないから辞めて欲しい」と退職勧奨(取下げ)
・30372(派男):常用派遣、成績が悪いため普通解雇(打ち切り)
・30373(正男):業務遂行能力、能率が劣るため普通解雇(不参加)
・30418(正女):能力不足を理由に普通解雇(取下げ)
・30426(試男):仕事のスピードがより必要との理由で普通解雇(不参加)
・30437(非男):「給料を払って仕事を任せられないなら来てもらう意味がない」と退職勧奨(6万円で解決)
・30448(派女):スキル不足と派遣先の業績悪化を理由に雇止め(10 万円で解決)
・30483(正女):業務成績不良で普通解雇(不参加)
・30527(正女):仕事ができないから普通解雇(15 万円で解決)
・30570(正女):新人研修でスキル不足がわかったと内定取消(35 万円で解決)
・30581(派男):派遣先から能力的に問題ありとされたので普通解雇(25 万円で解決)
・30586(試男):職人としての技量が足りないと普通解雇(3.2 万円で解決)
・30609(正男):スキルが足りないからと普通解雇(取下げ)
・30637(正男):職務遂行能力不足で退職勧奨(普通解雇とすることで解決)
・30650(正男):仕事の能力がないため普通解雇(取下げ)

・10003(試女):向いていないと雇止め(打ち切り)
・10131(非女):即戦力ではないとして普通解雇(不参加)
・20058(試男):面接後作業をさせられ、報酬をもらい、その後「体が悪そうだから」と採用拒否(不参加)
・20196(正女):業務に適性がないとして普通解雇(20.8 万円で解決)
・30086(非女):入社1 週間で「この仕事に合ってない」と普通解雇(3 万円で解決)
・30127(非女):「この仕事に向いていない」と普通解雇(不参加)
・30391(正女):即戦力にならないことを理由に普通解雇(不参加)
・30433(試男):管理職として不適格として普通解雇(不参加)
・30449(非女):児童と接する業務に不向きとして普通解雇(36 万円で解決)

・10214(正男):怪我(荷下ろし作業中の労災事故)の報告をする度に退職を強要(不参加)
・20087(正男):荷積み中負傷し休職、「あなたの仕事はない」と普通解雇(不参加)
・20146(正男):業務上負傷し、労災申請したら「今日でもういい」と普通解雇(不参加)
・30302(正男):業務上の怪我で休業中に退職勧奨(不参加)
・30338(正男):業務上の交通事故で解雇、行政指導で撤回するも復職できず(不参加)
・30408(正男):トラックから落下し休業、復帰後突然「いらない」と普通解雇(20 万円で解決)
・30431(非男):業務上の熱中症で休業中に退職を強要(不参加)
・30488(試男):通勤災害で休業中、長期欠勤を理由に普通解雇(18 万円で解決)
・30516(非男):業務上負傷し休業、職場復帰を拒否され解雇(不参加)
・30599(非女):業務上負傷で休業中に、機械を減らすとして雇止め(不参加)
・30647(試男):作業中負傷で入院中、退職届を出すよう要求された(不参加)

・30100(派男):期間途中、交通事故で負傷し、欠勤中普通解雇(30 万円で解決)
・30221(非女):交通事故で休職中に雇止め(不参加)

・10073(正男):社内でインスリン投与を顧客に見られると困ると、持病(糖尿病)を理由に普通解雇(20 万円で解決)
・10182(正男):過労で持病(大腸憩室炎)が再発したのに「辞表を出せ」と退職勧奨(32 万円で解決)
・30061(正女):B 型肝炎で休職、配置転換に納得せず退職勧奨(不参加)
・30161(非男):網膜剥離で入院後、復職を求めたが普通解雇(30 万円で解決)
・30178(正女):勤務中腰を痛め、職場復帰を求めたが退職を要求される(13.8 万円で解決)
・30229(正女):過労とストレスで休職(アトピー性皮膚炎)、復職後も通院加療中に退職勧奨、解雇(打ち切り)
・30262(非女):仕事で腱鞘炎を発症していると話したら契約満了(2 万円で解決)
・30512(正男):脳梗塞で入院リハビリ中、リハビリ終了まで雇用継続と合意したのに12 月
末打切りを通告(不参加)
・40020(正男):病気(うつ病と深部静脈血栓症)を理由に強制退職(解雇)(不参加)
・40042(正男):心臓機能障害のため車の運転ができないため内定取消(20 万円で解決)

・30100(派男):期間途中、交通事故で負傷し、欠勤中普通解雇(30 万円で解決)
・30221(非女):交通事故で休職中に雇止め(不参加)

・10073(正男):社内でインスリン投与を顧客に見られると困ると、持病(糖尿病)を理由に普
通解雇(20 万円で解決)
・10182(正男):過労で持病(大腸憩室炎)が再発したのに「辞表を出せ」と退職勧奨(32 万円で
解決)
・30061(正女):B 型肝炎で休職、配置転換に納得せず退職勧奨(不参加)
・30161(非男):網膜剥離で入院後、復職を求めたが普通解雇(30 万円で解決)
・30178(正女):勤務中腰を痛め、職場復帰を求めたが退職を要求される(13.8 万円で解決)
・30229(正女):過労とストレスで休職(アトピー性皮膚炎)、復職後も通院加療中に退職勧奨、
解雇(打ち切り)
・30262(非女):仕事で腱鞘炎を発症していると話したら契約満了(2 万円で解決)
・30512(正男):脳梗塞で入院リハビリ中、リハビリ終了まで雇用継続と合意したのに12 月末打切りを通告(不参加)
・40020(正男):病気(うつ病と深部静脈血栓症)を理由に強制退職(解雇)(不参加)
・40042(正男):心臓機能障害のため車の運転ができないため内定取消(20 万円で解決)

・10076(正男):業務中犬に噛まれたためうつ病になり、欠勤のため退職勧奨(不参加)
・10180(正女):パワハラが原因でうつ病、出勤不能になり、解雇通告(不参加)
・10234(正男):バス運転に集中できずもうろうと意味不明の言動で危険として普通解雇(不参加)
・20041(試男):精神障害でいじめを受け自宅療養中に雇止め(7 万円で解決)
・30021(正女):「アホアホ」と暴言、ストレス障害で休養、辞めるかパートかと迫られ解雇(打ち切り)
・30109(正女):適応障害で休職中普通解雇(75 万円で解決)
・30111(正男):精神疾患の療養の再延長を申し込んだが普通解雇(打ち切り)
・30249(試女):勤務中にリストカットして普通解雇(打ち切り)
・30257(正女):うつで休職後、復職したが退職勧奨(不参加)
・30356(正女):同僚の嫌がらせでパニック障害、職場復帰を伝えると退職勧奨(47 万円で解決)
・30405(試男):脳の手術を行ったこと(運転中引きつけの恐れ)を理由に普通解雇(打ち切り)
・30421(非女):悲鳴(個人的攻撃)で休職、復職を希望すると退職を勧める(不参加)
・30606(正男):うつ病で休職、復職を申し出たが「戻る席がない」と退職勧奨(打ち切り)
・30649(正男):パニック障害で休業、復帰できなければ辞めてもらうと退職勧奨(33 万円で
解決)
・40031(派女):私的にリストカットしたことを知られて雇止め(打ち切り)

・20142(非女):上司と言い争い、いったん解雇後復職したが体調を崩し休職し退職に至った(5 万円で解決)
・20145(正女):嫌がらせが原因で体調を崩し退職した(打ち切り)
・30095(非女):店内で倒れて休んだので普通解雇(不参加)
・30133(試女):体調不良で病院に行ってから連絡を入れたら普通解雇(不参加)
・30137(正男):風邪の発熱で3 日欠勤したら営業職として通用しないと普通解雇(打ち切り)
・30528(非女):嫌がらせによる体調不良で休みたいと申し出たら退職を強要(不参加)
・30576(正男):体調を崩し休んでいる間に退職勧奨(不参加)
・30620(正女):体調不良で帰るよう言われ、休養中に解雇の電話(不参加)

・30414(非男):家族介護のため休職を伝えると普通解雇(不参加)
・30575(非女):母の看護で1 ヶ月休職後出勤すると「来なくて良い」と普通解雇(4 万円で解決)

・10091(非男):知的障害者が勤務中パニックになり非常ボタンを押したため退職勧奨(不参加)
・30091(試女):身体的な理由で職務に合わないと退職勧奨(不参加)
・30237(試男):知的障害者が仕事についてこれず計算ができないので普通解雇(18.4 万円で解決)

・30199(正男):子どもの障害のため出勤状況悪く普通解雇(30 万円で解決)

まだまだ続きますが、まあこんな感じです。こういう事案にご立派な「解雇のスキル」があるとも思われませんが、でもスキルがあろうがなかろうがクビはクビ。

そして、会社側のあっせん不参加等で解決しない方が多く、解決した3割でも、解決金は平均10万円から20万円ほど。

各ケースの詳細については、『日本の雇用終了』を是非お読みください。

それが日本社会の解雇の現実です。

その現実から出発しない議論は空疎でしょう。

|
|

« 東京大学公共政策大学院「労働法政策」の日程について | トップページ | フジテレビ新報道2001 »

コメント

お前は気に入らないバカヤローだからで解雇してくれるなら、まだましだとも思います。解雇ならば雇用保険は手続きすればすぐにもらえるのですが、自己都合退職だと3か月給付制限がかかります。一方、解雇者がいると会社が助成金をもらえなくなくなるので、それを避けるために、実状は解雇なのに半ば無理やり退職願を書かせて自己都合退職に追い込むという事例は多いと思います。

投稿: yi | 2013年3月23日 (土) 17時56分

はじめまして。
ペンネーム「原田」と申します。解雇規制緩和礼讃論に懐疑的な者です。
昨夜、池田信夫氏と城繁幸氏が解雇の金銭解決の代わりに労働時間を規制し、繁忙期は雇用を生み出すという対談をニコニコ生放送で行っておりました。
この際、個人のセーフティネットを充実することで、解雇された後の労働者個人を守ると主張をされていました。
ご指摘の通り、日本の中小ではスパスパ解雇がなされていますが、雇用が流動化しているわけでもジョブ型社会に移行しているとも思えません。
濱口先生はジョブ型社会へ移行するために最も必要な政策は何だと考えますか。
不勉強で恐縮ですが、お答え頂けると幸いです。

投稿: 原田 | 2013年3月23日 (土) 19時17分

北欧は解雇自由という誤解をふりまく学者を、大学から自由に解雇できるようにする方が先決だなと思ってしまいます。

そういう人に限って自分が解雇されると激怒するわけですが。

投稿: spec | 2013年3月23日 (土) 19時17分

中小企業って経営者の姿勢でピンきりだからひどいところはひどい。んで、法律の方はそういう実体から遠すぎるので真面目なところは効率を犠牲にして腐敗していき、平気で解雇するところはブラックに生き残っていく。
 法律では理想を規定するんじゃなくて最低限を規定すればいい。解雇規制緩和したってひどいところは提訴すればよい。それだけ。

投稿: 中西学 | 2013年3月23日 (土) 19時43分

いつもお世話になっております。
先生のブログに初めてコメントを書かせていただきます。
第一人者の濱口先生が口を酸っぱくしていつも言っておられるのに、なぜ、現実を見ない連中が議論するのかと、本当に情けなくなります。
こういう問題は、時代の流れやそのときの強権力者が力で決める問題ではないと思います。
いつ、どのような時代にあっても、世界の先進国としてのdecency、人間の尊厳を大切にするという観点から論議すべき問題と思います。
先生、あまりカリカリなさらずに、根気強く頑張ってください。応援しています。

投稿: Tom(畠山奉勝) | 2013年3月23日 (土) 19時45分

先生の記事は、「みんな規制なんて守ってないんだから後生大事にルールを守るほうがむしろ愚か」式の主張に見えてしまうのですが私の勘違いでしょうか。
むしろ言及されているtweetのほうが、現在のルールはルールとして尊重する態度に思えるのですが。
なんだか大変残念です。

投稿: hoge | 2013年3月24日 (日) 00時01分

まとめて、

現行の「客観的に合理的な理由のない解雇は無効よ」程度のものを、解雇禁止だと決めつけて、解雇自由を声高に唱道する人々の意見がまかり通ると、今でもかなりの程度現実である「客観的に合理的な理由なんかなくても解雇して良いのよ」というのが、お墨付きを貰ったのと同じ事になる、というあたりが、分かる人と分からない人の違いでしょうか。

中小企業の場合、経営上の理由による解雇はどのみち解雇回避できる範囲などほとんどないので、本当に経営上の問題があればやむを得ないものですから、解雇規制が厳しいもくそもあまりないのですが、上に挙げたような「貴様ぁ解雇」については、そう簡単に無茶な解雇はできないのだということをもう少し広めることが必要でしょう。

そこのところは、セーフティネットの充実で済む話ではない。セーフティネットの充実は必要ですが、それは本来あくまでも景気変動や産業構造の変化など経営上の理由による解雇を前提とした話で、そういう必要性もない貴様ぁ解雇をやりやすくするためのものというのは心得違いでしょう。

投稿: hamachan | 2013年3月24日 (日) 00時38分

問題として
たとえアンフェア解雇であれ
是正するのに解雇された側にも結構な負担を強いられること
(期間内の生活費、次の就職先探し)
があるかと。

そのための予防策であり、執行機関としての労基署なのですが、、、

投稿: Dursan | 2013年3月24日 (日) 06時38分

濱口先生
丁寧にご回答頂き、ありがとうございました。
ご指摘の通り、現在の解雇規制緩和礼讃論は先生の仰る「貴様ぁ解雇」を促進し、ブラック労働環境を蔓延しかねないものだと思っております。
厚生労働省がこの流れを止めてほしいものです…

投稿: 原田 | 2013年3月24日 (日) 09時38分

明示的ではないものの、もしかすると私にもご返信頂いている可能性があるので、消えない違和感をコメントさせていただきます。

「解雇禁止」というのは誤った理解である、あるいは過剰な表現である
ということを知らしめすためだとすれば、違法な解雇例を解雇の実例として枚挙するのは逆効果だと思うのですが。

投稿: hoge | 2013年3月24日 (日) 12時09分

若干誤解があるようですが、労働基準法違反というような明確な違法と異なり、民事上の「客観的に合理的な理由がある解雇か否か」というのは、最終的には裁判所で判断されるまでは、適法か違法かは確定できません。

これは経済学者を始めとする多くの評論家も誤解しているところが多いのですが、労働基準法等に基づく明確な解雇の違法と異なり、労働契約法に書かれた解雇権濫用法理による『違法』というのは、つまるところ個別事案が「客観的に合理的な理由」かどうかという判断なので、事前に一義的明確に決まるわけではないのです。

あっせんというのは、そういう適法違法の判断をあえてせず、両者の合意を模索するものですから、裁判所に持って行けば客観的に合理的な理由がないとして無効になる可能性が高い事案とは言えても、違法な解雇例とは言えないのです。

そこで、多分弁護士だったら、「それなら俺に依頼して裁判やろうぜ」と言うかも知れませんが、世の多くの労働者、とりわけ中小企業の労働者にはそれだけのコストや機会費用をかける余裕がない場合が圧倒的に多いですから、それは多くの場合絵に描いた餅になります。

とはいえ、あっせんの場でも、「これはさすがに裁判になったら合理性無しとされる可能性が高いんじゃないですか」と示唆する材料には使えるわけですから、解雇権濫用法理という形で存在していることの意味は必ずしも小さいわけではありません。

あとは、どこまでやる気があるかないかの気合いというところもありましょうね。

投稿: hamachan | 2013年3月24日 (日) 12時31分

私の記事の理解が間違っていた箇所があり大変失礼致しました。枚挙されているのはあくまであっせん事例であり、あっせんは行政の用意するADRの一類型のようなものということも調べて分かりました。
ただ引用されているtwitterについては整理解雇の要件(間違いなくシロと言える範囲)についての言及だと思うのですが…法社会学的観点?(事実ベース)からの応答はどうも議論の齟齬が大きいように感じられます。
まずあっせん事例の実態を理解し、あっせんの利用を進めるべきことを周知する趣旨が最初に伝わらないとお互いに何を言いたいのか分からないのでは…
知識のない方が同じような感想を持たれる場合もあるかと思いますので繰り返しで恐縮ですがコメントさせていただきます。


投稿: hoge | 2013年3月24日 (日) 14時22分

いつの世も弱い人が沈んでいく みんな必死なのに
なんとかならないですぁ

投稿: 匿名 | 2013年3月30日 (土) 22時55分

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20130401/245959/

「楽に解雇したい!」 規制緩和待望論の裏で早まる企業の死期
企業の寿命を左右するカギは長期雇用

投稿: 梅林 | 2013年4月 2日 (火) 11時37分

>こういうのが日本の解雇の現実の姿ですけど<
これ、下記にコピペさせていただきました(事後連絡ですが・・)。
http://blog.goo.ne.jp/gooendou_1958
コンビニの万引き件数ではなくて、駐車違反でもなくでもなくて、解雇のあっせん事案の一部だということで、世間に今少し知らしむべきかと思い、小生も微力ながら・・・。

投稿: endou | 2013年4月 2日 (火) 14時05分

昨年、中小企業を突然懲戒解雇されて斡旋をした者です。私の場合、派遣先でパワハラ(仕事の妨害や悪口)をされて派遣先と派遣元の相談窓口にパワハラを相談すると「別会社の人が仕事の事でゴチャゴチャ言うと嫌われるんだ。例えおまえが正しくても労働闘争するな、労働基準監督署には絶対に言うな」と言われ即時懲戒解雇されました。派遣元は斡旋に参加しましたがパワハラで相談があった事は認めたものの客観的解雇理由は全く説明せず、「訴えるなら訴えろ」と言って話し合いに全く応じず、斡旋は中止になりました。まさに「貴様ぁ解雇!」という展開で話し合いにも応じないという流れでした。こういう中小企業に対して解雇規制を厳しくして欲しいと思います。

投稿: ehimemikan | 2014年5月 7日 (水) 19時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/50905389

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業ではスパスパ解雇してますよ:

« 東京大学公共政策大学院「労働法政策」の日程について | トップページ | フジテレビ新報道2001 »