フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 奈良県立奈良病院事件に最終決着 | トップページ | ジョブレス解雇じゃないアンフェア解雇こそが真の労働法問題 »

2013年2月15日 (金)

労働者の賃上げの第一次的責任は労働組合にある

労働弁護士水口洋介さんが、浜田宏一、松尾匡両氏の著書について論評しつつ、その最後で労働組合にややきついコメントを。

http://analyticalsociaboy.txt-nifty.com/yoakemaeka/2013/02/post-c07e.html(アベノミクス 「アメリカは日本経済の復活を知っている」(浜田宏一著)と「不況は人災です」(松尾匡著))

■労働者の賃上げの第一次的責任は労働組合にある

ヨーロッパの社会民主義(ママ)政権だと、こういうときには、政労使の円卓会議を開いて、賃上げについての合意を呼びかけるでしょうね。民主党はそれさえできず、決めたのは増税だけ。

安倍首相は、経営者団体に、労働者の報酬を増やすように要請しました。なかなかやりますね。

労働者の賃上げに、もっとも責任を負っているのは、労働組合でしょう。政府が、民間労働者の賃上げを直接、命令できない以上、労働組合が、ストライキをくんで賃上げを要求しなければなりません。

それもしないで、アベノミクスを非難する労働組合って、どうでしょうか?

「どうでしょうか?」と口当たりは柔らかいですが・・・。

« 奈良県立奈良病院事件に最終決着 | トップページ | ジョブレス解雇じゃないアンフェア解雇こそが真の労働法問題 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働者の賃上げの第一次的責任は労働組合にある:

« 奈良県立奈良病院事件に最終決着 | トップページ | ジョブレス解雇じゃないアンフェア解雇こそが真の労働法問題 »