フォト
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ

« sumiyoshi_49‏さんの「左派と成長」論 | トップページ | 他人の解雇、自分の解雇 »

2013年2月17日 (日)

文革こそ最大の走資派

Bt000020024400100101_tl橋爪大三郎、大澤真幸、宮台真司という大風呂敷派3人による鼎談本で、「をいをい」的な発言もけっこうありますが、文化大革命についてのこの認識は、かなり正しいのではないかと思われました。

・・・おそらく文革を経験したということが、逆説的に「現在」に効いていると思うんですね。文革が、いったん伝統を無化してしまい、更地のようなものを作ったおかげで、今日の、改革開放も可能になったのではないでしょうか。文革によって、伝統の拘束力が低下し、中国人の行動に非常に大きな自由度が生み出された。だから、速やかに改革開放が進捗したように思います。とすれば、これは、究極の歴史のアイロニー、「理性の狡智」です。なぜなら、文革は、資本主義の文化を廃して、社会主義の文化を創るということが、公式の目的だったわけですが、実際には、文革のおかげで、今日の中国の、短期間の、「資本主義化」がうまくいったと考えられるからです。結論からすれば、文革こそが最大の走資派だった、ということになります。


« sumiyoshi_49‏さんの「左派と成長」論 | トップページ | 他人の解雇、自分の解雇 »

コメント

hamachanさん、「文革が、いったん伝統を無化してしまい、更地のようなものを作った」って評価は、劉建輝先生の文革評価とも通じるものがあるかと。わたしは文革によって「好鉄不打釘、好人不当兵」という軍人蔑視が消え、「人民解放軍(もしくは八路軍)万歳」になった方に唖然とした口ですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文革こそ最大の走資派:

« sumiyoshi_49‏さんの「左派と成長」論 | トップページ | 他人の解雇、自分の解雇 »