« デンマークの解雇規制(これまた再三再論) | トップページ | も一つ拙著短評 »

2013年2月 5日 (火)

拙著短評

112483ブクログに、拙著『日本の雇用と労働法』の短評が寄せられてました。HeeHawKunさんです。

http://booklog.jp/users/heehawkun/archives/1/4532112486

多くの問題が指摘される日本型雇用システム、その特徴と成立過程を戦前~戦後の労働法の歴史を交えて説明している。

日本型雇用システムの全体像を俯瞰することができ、労働法の入門書としておすすめ。

戦時中の「『皇国の産業戦士』として平等」と言う思想が、戦後に社会主義的装いで再確認されたとあり、なかなか興味深い。

なるほど、労働というひとつの観点であっても、この国は戦前も戦後も社会主義的であったと言うことか。

|
|

« デンマークの解雇規制(これまた再三再論) | トップページ | も一つ拙著短評 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/49192265

この記事へのトラックバック一覧です: 拙著短評:

« デンマークの解雇規制(これまた再三再論) | トップページ | も一つ拙著短評 »