フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 日本の派遣法に対するILO勧告は何を求めているのか? | トップページ | むかしむかしのエントリをめぐって »

2013年1月19日 (土)

唐津博・和田肇・矢野昌浩編『新版 労働法重要判例を読む』Ⅰ・Ⅱ

唐津博・和田肇・矢野昌浩編『新版 労働法重要判例を読む』Ⅰ・Ⅱ(日本評論社)をお送りいただきました。有り難うございます。

これは数ある労働判例本の中で、数少ない重要判例に絞って詳細に検討を加えるというタイプの本です。どなたがどの判例を担当しているかというと、

06133労働判例をどう読むか……和田 肇

第1章 労働法の当事者
1 労基法上の労働者──横浜南労基署長(旭紙業)事件……岩永昌晃
2 労組法上の労働者
    ──国・中労委(ビクターサービスエンジニアリング)事件……野田 進
3 労組法7条の使用者──朝日放送事件……米津孝司
4 偽装請負における注文者・請負労働者間の雇用契約の成立
    ──松下PDS事件……鎌田耕一

第2章 労働関係の形成
5 採用の自由、試用期間の法的性格──三菱樹脂事件……浜村 彰
6 採用内定の法的性格──大日本印刷事件……川田知子
7 試用を目的とする有期労働契約の期間の性質──神戸弘陵学園事件……緒方桂子

第3章 就業規則と労働協約
8 就業規則の規範的効力──電電公社帯広局事件、フジ興産事件……武井 寛
9 就業規則の不利益変更の効力──第四銀行事件……根本 到
10 労働協約の要式性と効力──都南自動車教習所事件……鎌田耕一
11 労働協約による労働条件の不利益変更
    ──朝日火災海上保険(石堂)事件……名古道功
12 労働協約の拡張適用──朝日火災海上保険事件……大内伸哉

第4章 労働組合と団体交渉
13 ユニオン・ショップ協定の有効性と適用範囲──三井倉庫港運事件……奥田香子
14 管理職と労働組合──中労委(セメダイン)事件……和田 肇
15 チェック・オフの法的性格──エッソ石油事件……米津孝司
16 団体交渉拒否と司法救済──国鉄事件……小西康之

第5章 組合活動・争議行為と不当労働行為
17 就業時間中の組合活動の正当性──大成観光事件……中窪裕也
18 企業施設の利用と組合活動の正当性──国鉄札幌駅事件……矢野昌浩
19 ピケッティングの正当性──御國ハイヤー事件……柳屋孝安
20 ロックアウトの正当性と賃金請求権
    ──安威川生コンクリート工業事件……根本 到
21 不当労働行為の主体──東海旅客鉄道事件……有田謙司
22 複数組合の併存と使用者の中立義務──日本メールオーダー事件……名古道功
23 使用者の言論の自由と不当労働行為──プリマハム事件……矢野昌浩
24 不当労働行為救済における労働委員会の裁量権
    ──第二鳩タクシー事件……盛 誠吾
25 大量観察方式──紅屋商事事件……三井正信

06134第6章 賃金
26 債務の本旨に従った労務提供──片山組事件……山下 昇
27 賃金全額払いの原則の例外
    ──シンガー・ソーイング・メシーン事件……國武英生
28 パートタイム労働者の賃金差別──丸子警報器事件……川田知子
29 退職金の法的性格と競業避止義務──三晃社事件……山下 昇
30 争議不参加者の賃金請求権──ノースウエスト航空事件……盛 誠吾
 

第7章 労働時間
31 労働時間の概念──大星ビル管理事件……橋本陽子
32 時間外労働命令権の根拠と限界──日立製作所武蔵工場事件……有田謙司
33 年休の利用目的と時季変更権行使における配慮
    ──横手統制電話中継所事件……長谷川 聡
34 産前産後休業等と賞与の支給要件──東朋学園事件……菅野淑子

第8章 人事異動
35 出向命令権の法的根拠と労働者の同意
    ──新日本製鐵(日鐵運輸第二)事件……唐津 博
36 配転命令権の根拠と限界──東亜ペイント事件……中内 哲
37 会社分割における事前協議の意義と手続違反の法的効果
    ──日本IBM事件……緒方桂子

第9章 プライバシー・懲戒
38 労働者の人格的利益の保護──関西電力事件……山川和義
39 企業秩序違反事件の調査義務と懲戒処分──富士重工業事件……池田 悠
40 事件発生から長時間経過した後の懲戒処分の効力
    ──ネスレ日本(懲戒解雇)事件……奥田香子

第10章 労働災害
41 業務上の負荷と脳・心臓疾患の発症との因果関係
    ──地公災基金鹿児島支部事件……小畑史子
42 過労自殺と使用者の安全配慮義務──電通事件……本久洋一

第11章 労働契約の終了
43 予告義務違反の解雇の効力と付加金請求──細谷服装事件……水島郁子
44 解雇権濫用法理──学校法人敬愛学園(国学館高校)事件……古川陽二
45 整理解雇の効力──大村野上事件……唐津 博
46 退職強要──下関商業高校事件……石田信平
47 辞職願の撤回──大隅鐵工所事件……中内 哲
48 有期契約と雇止め──日立メディコ事件……水島郁子
49 非常勤公務員の再任用拒否──大阪大学事件……武井 寛
50 解雇期間中の賃金と中間収入の控除──あけぼのタクシー事件……中窪裕也

« 日本の派遣法に対するILO勧告は何を求めているのか? | トップページ | むかしむかしのエントリをめぐって »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 日本の派遣法に対するILO勧告は何を求めているのか? | トップページ | むかしむかしのエントリをめぐって »