フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 市野川容孝・宇城輝人編『社会的なもののために』ナカニシヤ出版 | トップページ | JKリフレは労働基準法違反 »

2013年1月26日 (土)

石橋洋『判例の中の労働時間法』

130952石橋洋『判例の中の労働時間法』(旬報社)をお送りいただきました。ありがとうございます。

http://www.junposha.com/catalog/product_info.php/products_id/812

長引く不況のなか時間外労働が増え、残業代を巡る問題が多発・・・
いまこそ どんな職業でも「労働時間とは何か」の正しい理解が求められています。
複雑な労働時間の法的ルールを裁判例・判例から読み解き、
弁護士・社会保険労務士など実際の業務に役立つ入門書。

ということで、労働時間法にかかる判例の解説書です。収録されている判例は斯くの通り。

第1章 労働時間の概念
1 労働時間規制の仕組み
2 労働時間の概念を明確にする必要性
3 最高裁判例の検討
(1) 作業服への更衣等の労働時間性
CASE1:三菱重工業長崎造船所事件・最一小判平成12.3.9
(2)仮眠時間の労働時間性
CASE2:大星ビル管理事件・最一判平成14.2.28
(3)マンション住み込み管理員の労働時間
CASE3:大林ファシリティーズ(オークビルサービス)事件・最二小判平成19.10.19
第2章 時間外労働・休日労働の労働時間性
1 残業命令と残業禁止命令
2 裁判例の検討
(1)黙示の残業命令
CASE4:デンタルリサーチ事件・東京地判平成22.9.7
CASE5:ピーエムコンサルタント(契約社員年俸制)事件・大阪地判平成17.10.6
(2)残業禁止命令
CASE6:神代学園ミューズ音楽院事件・東京高判平成17.3.30
第3章 労働時間の把握・管理義務と算定
1 労働時間の適正な把握・管理の意義
2 裁判例の検討
(1)タイムカード等により時間管理がなされている場合
(ⅰ)労働時間管理義務とタイムカードによる実労働時間の事実上の推定
CASE7:京電工事件・仙台地判平成21.4.23
(ⅱ)信義則上の労働時間管理義務・タイムカード開示義務違反と不法行為責任
CASE8:医療法人大生会事件・大阪地判平成22.7.15
(2)時間管理がなされていない場合の労働時間の算定
(ⅰ)合理的推計方法による残業時間の算定(タイムカードに打刻がない部分)
CASE9:スタジオツインク事件・東京地判平成23.10.31
(ⅱ)残業時間の概括的認定・推認(タイムカードによる時間管理なし)
CASE10:ゴムノイナキ事件・大阪高判平成17.12.1
(ⅲ)割増賃金の割合的認定(タイムカードによる時間管理なし)
CASE11:フォーシーズンズプレス事件・東京地判平成20.5.27
第4章 時間外・休日労働義務の法的根拠
1 時間外・休日労働のルール
2 裁判例の検討
(1)過半数代表者
CASE12:トーコロ事件・最二小判平成13.6.22
(2)時間外労働義務の発生要件と法的根拠
(ⅰ)包括的同意説(命令説)
CASE13:日立製作所武蔵工場事件・最一小判平成3.11.28
(ⅱ)個別的同意説
CASE14:明治乳業事件・東京地判昭和44.5.31
第5章 時間外割増賃金などの基本給組入れや定額払いの適法性
1 割増賃金の意義と支払方法
2 裁判例の検討
(1)時間外割増賃金を基本給などに組み入れている場合
(ⅰ)基本給組み入れ
CASE15:小里機材事件・最一小判昭和63.7.14
(ⅱ)歩合給組み入れ
CASE16: 高知県観光事件・最二小判平成6.6.13
(ⅲ)年俸制への組み入れ
CASE17:モルガン・スタンレー証券事件・東京地判平成17.10.19
(2)定額の手当として支給
CASE18:関西ソニー事件・大阪地判昭和63.10.26
(3)管理職手当として支給
CASE19:関西事務センター事件・大阪地判平成11.6.25
第6章 管理監督者と労働時間
1 管理監督者とはだれか
(1)管理監督者性と深夜割増賃金
(ⅰ)管理監督者性の肯定例
CASE20:姪浜タクシー事件・福岡地判平成19.4.26
(ⅱ)管理監督者と深夜業
CASE21:ことぶき事件・最二小判平成21.12.28
(2)管理官監督者性の判断枠組み
(ⅰ)管理監督者性の否定例
CASE22:日本マクドナルド事件・東京地判平成20.1.28
(ⅱ)「経営者との一体性」の判断レベル
CASE23:東和システム事件・東京高判平成21.12.25
第7章 事業場外労働のみなし労働時間制
1 みなし労働時間制の仕組み
2 裁判例の検討
(1)「労働時間を算定し難いとき」(その1)
CASE24:株式会社ホルプ事件・東京地判平成9.8.1
(2)「労働時間を算定し難いとき」(その2)
CASE25:阪急トラベルサポート(派遣添乗員・第2)事件・東京高判平成24.3.7

参考資料 労働時間に関する条文・行政解釈等
判例一覧

個人的には、監視断続労働についての判例として、例の奈良県立病院事件なども収録されると良かったように思います。

« 市野川容孝・宇城輝人編『社会的なもののために』ナカニシヤ出版 | トップページ | JKリフレは労働基準法違反 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石橋洋『判例の中の労働時間法』:

« 市野川容孝・宇城輝人編『社会的なもののために』ナカニシヤ出版 | トップページ | JKリフレは労働基準法違反 »