フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 吉川徹・中村高康『学歴・競争・人生 10代のいま知っておくべきこと』 | トップページ | 非正規公務員 1955年の田中二郎案 »

2012年12月 9日 (日)

かぞくのくに

3b4d272925bccf1107537e71313e1be4本日、下高井戸シネマでヤン・ソンヒ監督の『かぞくのくに』を見て、その続きでヤン・ソンヒ監督のトークを聞いてきましたが、これはやはり必見の映画というべきですね。

http://kazokunokuni.com/

在日コリアンのソンホは総連の重役を務める父の勧めに従い、当時「理想郷」と称えられていた北朝鮮の「帰国事業」に参加し半島に渡り、現地で結婚し子供も生まれたが、離れ離れとなった家族の再会は果たされていなかった。

それから25年、ソンホの一時帰国が実現する。ソンホは脳に悪性の腫瘍を患い、その治療の為、3ヶ月の期間限定で日本滞在が許されたのだ。久々の再会に妹のリエや母ら、家族は歓喜し、ソンホを暖かく迎え入れる。だがソンホには常に同志ヤンが付き従い、その行動を制限・監視していた。

検査の結果、ソンホの治療は3ヶ月では足らず半年以上の入院が必要だと告げられ。手術を断られてしまう。なんとかソンホの腫瘍を治療させようとリエがソンホの幼馴染で医者に嫁いだスニに相談していた矢先、朝鮮本国より突然の帰国命令が下る。

この妹のリエがヤン・ソンヒ監督自身のモデルで、兄ソンホから工作員にならないかと言われたエピソードも事実だということです。

こんな映画を作って何を考えてるんだ、という圧力も相当受けたみたいですが、それをからりと明るく語る監督の姿も印象的でした。

« 吉川徹・中村高康『学歴・競争・人生 10代のいま知っておくべきこと』 | トップページ | 非正規公務員 1955年の田中二郎案 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かぞくのくに:

« 吉川徹・中村高康『学歴・競争・人生 10代のいま知っておくべきこと』 | トップページ | 非正規公務員 1955年の田中二郎案 »