« 清家篤氏の議論をきちんと読まずに噛みつく城繁幸氏 | トップページ | 事務屋稼業さんの拙著書評(+今野ブラック本) »

2012年12月12日 (水)

「虚無似他利庵」さんの拙著書評

112483 「春と修羅 第2分隊」というブログに、「虚無似他利庵」(こむにたりあん?)さんが拙著『日本の雇用と労働法』へのやや詳し目の書評を載せておられます。

http://fujinonichijou.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-5cca.html

大学のテキストとしても使われているようですが、明治期から戦前、戦中、戦後と、歴史を追って日本の雇用システムと労働法制の変遷を解説し、いかに現在の日本の雇用・労働環境が形づくられてきたかを概観できます。

・・・ところが昨今、非正規雇用の増加、労働組合組織率の逓減、個別的労働紛争解決システムの形成など、日本型雇用システムが動揺し、労働法制も変化してきています。そこに労働組合がいかに関わるか、労働組合にかかる期待も大きいといえるでしょう。
 読者諸兄には釈迦に説法かもしれませんけど、ご紹介まで…。

他のエントリを見ると、労働組合関係の方のようです。

|
|

« 清家篤氏の議論をきちんと読まずに噛みつく城繁幸氏 | トップページ | 事務屋稼業さんの拙著書評(+今野ブラック本) »

日本の雇用と労働法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/48299771

この記事へのトラックバック一覧です: 「虚無似他利庵」さんの拙著書評:

« 清家篤氏の議論をきちんと読まずに噛みつく城繁幸氏 | トップページ | 事務屋稼業さんの拙著書評(+今野ブラック本) »