« 「労働の本質」 | トップページ | 『ヨーロッパ労働運動の悲劇』を復刊して欲しい »

2012年11月25日 (日)

寄宿学校の先生の宿直勤務@ベルギー

欧州委員会がベルギー政府に対し、同国の寄宿学校の先生の夜間の待機時間勤務について、労働時間指令に違反するとして是正を求めたということです。2ヶ月以内に是正が図られない場合には、欧州司法裁判所に訴えられることになります。

http://ec.europa.eu/social/main.jsp?langId=en&catId=89&newsId=1726&furtherNews=yes

The European Commission has requested Belgium to take measures to correctly apply the EU working time Directive (2003/88/EC) to teachers in Belgian residential schools.

具体的にはどういうことかというと、

In Belgium, overnight on-call time at the workplace worked by teachers in residential schools is not counted 100% as working time e.g. an overnight duty of 8 hours is counted as 3 hours' actual working time. The teachers can be obliged to perform up to four such overnight duties per week. The overnight duty can be further combined with a daily shift.

This could result in breaches of the provisions of Directive 2003/88/EC which sets a maximum limit to weekly working time (48 hours on average) and requires minimum rest periods, in particular a minimum daily rest of 11 consecutive hours per 24-hour period. Derogations from the rules on rest periods are possible in some cases provided that an equivalent period of compensatory rest follows on immediately from the working time which it is supposed to compensate.

ベルギー法では、寄宿学校の先生の夜間待機時間は100%労働時間として勘定されず、3時間分としか勘定されないようです。これと日中の労働時間を足すと、EUの労働時間指令に違反するよ、というまあ当たり前の指摘。

とはいえ、病院の医師とか学校の先生についてこういう問題が出てくるのを見ると、やはりヨーロッパでも「先生」といわれるような専門職については、労働時間をうるさく言うもんじゃないという雰囲気がある程度あるのでしょうかね。

ま、とはいえ、「先生」とは縁もゆかりもない職業でもそういうのが当たり前という極東の国とはかなり違いますが。

|
|

« 「労働の本質」 | トップページ | 『ヨーロッパ労働運動の悲劇』を復刊して欲しい »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/47974723

この記事へのトラックバック一覧です: 寄宿学校の先生の宿直勤務@ベルギー:

« 「労働の本質」 | トップページ | 『ヨーロッパ労働運動の悲劇』を復刊して欲しい »