« 朝日の論壇時評に | トップページ | 日雇派遣は日々紹介より良いのか悪いのか »

2012年11月29日 (木)

『二宮誠オーラルヒストリー』

労働史のオーラルヒストリーを続けておられる梅崎グループ(梅崎修さん、島西智輝さん、南雲智映さん)の報告書『二宮誠オーラルヒストリー』をお送りいただきました。

二宮誠さんといえば、知る人ぞ知るゼンセンの伝説的なオルガナイザーであり、日本三大オルグの一人と唱われた方ですが、その二宮さんが満を持して(?)オルグの秘策をぶちまけています。これは本当に必読。

労働法方面の中の人にとっては、昨年出た古川景一・川口美貴『労働協約と地域的拡張適用』(信山社)の素材となった尾張地区でゼンセンがやった労組法18条の担当者として、名前を覚えておられるかも知れません。

この地域的拡張適用の件も第2回インタビューで語られていますが、それすら顔色なくするようなすさまじいエピソードが、これでもか、これでもか・・・と次々に繰り出されてきて、いやぁ、労使関係というのは、少なくともそのどぶ板レベルにおいては、かくもワイルドなものであったのだな、ということがいやというほど理解させられる一冊です。

どこか引用しようかとも思いましたが、それをやってるとほとんど全部になるので、とりあえず、必読!!!とだけ申し上げておきます。

|
|

« 朝日の論壇時評に | トップページ | 日雇派遣は日々紹介より良いのか悪いのか »

コメント

先生、読んでみたいので、入手先を御教示いただけないでしょうか。Googleで検索してもわかりませんでした(慶應義塾大学産業研究所選書で近刊の予定も未だないようです。)。よろしくお願いいたします。

投稿: propos | 2012年11月30日 (金) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/48022103

この記事へのトラックバック一覧です: 『二宮誠オーラルヒストリー』:

« 朝日の論壇時評に | トップページ | 日雇派遣は日々紹介より良いのか悪いのか »