フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 新入社員が3年で辞める会社@『週刊現代』 | トップページ | 『留学生のための時代を読み解く上級日本語 第2版』 »

2012年11月21日 (水)

東大社研シンポ「危機に克つための雇用システム」

鬼が笑うかどうかはともかく、来年のイベントの予告です。

東京大学社会科学研究所のシンポジウム「危機に克つための雇用システム」が来年1月11日(金曜日)の午後1時から開催されます。

http://web.iss.u-tokyo.ac.jp/future/sympo.html

近未来の雇用システムを考えるとき、必要なのは真の意味で「危機に強い雇用システム」です。それは今後、危機が起こったとしても、たくましく雇用社会が復元・復興する力を持つためのシステムです。さらには最悪の事態が生じるのを未然に防ぐ事前システムでもあります。
  危機を考えるとは、事前、渦中、事後といった時間軸をいかに設定し、その中での適切な対処をいかに設計・実行するかということだと思います。本コンファレンスでは、危機に克つため雇用システムの具体像を提案します。

ということで、プログラムは以下の通り。

挨拶
    石田 浩(東京大学社会科学研究所所長)

第1部 講演
  玄田 有史(東京大学社会科学研究所教授)
      『危機に克つ雇用システムとは―委託事業の成果報告』
    コメント
      濱口 桂一郎(労働政策研究所・研修機構)

第2部 パネルディスカッション
     『これからの雇用システム』
     パネリスト
     黒田祥子(早稲田大学)
     白波瀬佐和子(東京大学)
     濱口桂一郎(労働政策研究・研修機構)
     佐藤博樹(東京大学)
    中村圭介(東京大学)
    水町勇一郎(東京大学)
     司会
      玄田 有史(東京大学)

第3部 全体討論

なぜか、わたくしが玄田さんの基調講演に対してコメンテーターとして噛みつき(?)、その後も居並ぶ立派な方々に混じってパネリストとして余計な口を挟むことになっています。

乞うご期待などと言っていいのかどうか分かりませんが、上記リンク先から参加登録できるようになっておりますので、ご関心のある方々はどうぞ。

« 新入社員が3年で辞める会社@『週刊現代』 | トップページ | 『留学生のための時代を読み解く上級日本語 第2版』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東大社研シンポ「危機に克つための雇用システム」:

« 新入社員が3年で辞める会社@『週刊現代』 | トップページ | 『留学生のための時代を読み解く上級日本語 第2版』 »