フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 常見陽平さんと共演します | トップページ | 本日の読売 on 生活保護 »

2012年10月 6日 (土)

フレクシキュリティからモビケーションへ

田中萬年さんが紹介しているモビケーションというコンセプトについて、

http://d.hatena.ne.jp/t1mannen/20121003/1349234643(国際セミナー 雇用転換のなかの生涯学習 欧州の経験と「モビケーション」)

http://d.hatena.ne.jp/t1mannen/20121005/1349398872(モビゲーションMobigationの日本における課題)

そのもとになった北欧閣僚理事会に提出された報告書というのはこれのようですが、

http://faos.ku.dk/pdf/boger/2011/De_nordiske_landes_konkurrencedygtighed_160811.pdf/(De nordiske landes konkurrencedygtighed – Fra flexicurity til mobication)

50ページを超える大作ですが、残念ながらデンマーク語で書かれているので全然読めません。

そこで、その英文要約を見つけたので、紹介しておきます。

http://faos.ku.dk/english/news/the_competitiveness_of_the_nordic_countries_/(The Competitiveness of the Nordic Countries – from flexicurity to mobication)

Report by Søren Kaj Andersen, FAOS, Nikolaj Lubanski, Professionshøjskolen Metropol & Ove K. Pedersen, CBS

The report argues that high labour mobility and a flexible education system directly supported by government policies may be crucial for the competitiveness and future prosperity of the Nordic countries. In recent years, flexicurity has emerged as a central concept in the debate on how regulation of work and welfare could ensure consistency between supply and demand of labour.

本報告は、政府の政策に直接支えられた高い労働流動性と柔軟な能力開発システムが北欧諸国の競争力と将来の反映に不可欠であると主張する。近年、労働規制と福祉が労働供給と需要の間の整合性をいかに確保するかに関する議論において中核的コンセプトとしてフレクシキュリティが登場してきた。

However, the current crisis has shown that the positive effects of the so-called Danish flexicurity model can be questioned. Furthermore, other dynamics ensuring high levels of employment seem to be present. For instance the development in policy formulation - especially at the European level - suggests that tomorrow's competitive advantage depends on the ability to ensure a high labour mobility through comprehensive and flexible educational systems. It is this relationship between mobility and education that we term mobication. The term implies that skills are systematically used to promote mobility within and between labour markets. Mobication assume that tomorrow's job openings will be even more changeable and unpredictable than today. This emphasises the challenge of combining a flexible labour market with a high level of security for employees. Flexibility must ensure that employees are moving to where the job openings are. In the flexicurity debate the security aspect has been focused on the possibility to obtain various forms of benefits if one is made redundant. Mobication suggests that security primarily comes from continuous education and training, meaning that the individual employee will have access to further training and/or re-skilling in all stages of working life. The overall aim is to obtain fewer and shorter periods of unemployment for each employee, in spite of restructuring, introduction of new technologies, plant closures, etc. In this sense mobication is an attempt to further develop the Danish flexicurity model.

しかしながら、今日の危機はいわゆるデンマーク型フレクシキュリティモデルの積極的効果に疑問を投じた。さらに、高水準の就業を確保する他のダイナミクスがあるように思われる。それは、我々がモビケーションと名付けた流動性と能力開発の間の関係である。この言葉は、労働市場の内外で流動性を高めるために技能が体系的に用いられるということを意味する。モビケーションは、明日の求人は今日の求人よりもより変化しやすく予測しがたいと考える。これは、柔軟な労働市場と労働者の高水準のセキュリティを結合するという課題を強調する。柔軟性は労働者が求人のあるところへ移動することを確保しなければならない。フレクシキュリティの議論においては、セキュリティの側面は労働者が整理解雇されたときに得られるさまざまな給付に焦点が当たっていた。モビケーションの説くところでは、セキュリティは何よりもまず継続的な教育訓練からもたらされ、すなわち個々の労働者が職業生活のあらゆるステージにおいてさらなる訓練と再技能訓練にアクセスできることからもたらされる。総体的な目的は、リストラや新技術の導入や工場閉鎖にかかわらず各労働者ができるだけ短い失業期間で就職することである。この意味において、モビケーションはデンマーク型フレクシキュリティモデルをさらに発展させる試みである。

The report has been compiled for the Nordic Council of Ministers with the aim to contribute to the development of employment and education policies in the Nordic countries.

本報告書は、北欧諸国の雇用政策及び能力開発政策の発展に貢献する目的で、北欧閣僚理事会のためにとりまとめられた。

« 常見陽平さんと共演します | トップページ | 本日の読売 on 生活保護 »

コメント

貴重な情報ありがとうございます。
デンマーク語の報告書をGoogle翻訳をつかいつつ、よみすすめたところ、最後のサマリーのみ英語がついていることを見つけました。
お知らせまで。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレクシキュリティからモビケーションへ:

« 常見陽平さんと共演します | トップページ | 本日の読売 on 生活保護 »