フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 『日経マネー』記事がアップ | トップページ | 徒労感 »

2012年10月11日 (木)

いま、若者のディーセント・ワークのためにできること

本日午後、連合主催で「2012ディーセント・ワーク世界行動デー フォーラム「いま、若者のディーセント・ワークのためにできること」」が開催されます。

http://www.jtuc-rengo.or.jp/info/boshuu/2012decentwork/index.html

すべての人に「ディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)」を実現することは、私たちの願いです。しかし、いま、若者たちは将来に不安を抱いていると言われます。日本の未来を担う若者のディーセント・ワークのために何ができるのか、一緒に考えてみませんか。

主な発言者は次の通り

報告
「若者のディーセント・ワーク 私たちはこう考える」
学生代表
若手組合員代表
連帯の挨拶
シャラン・バロウ ITUC(国際労働組合総連合)書記長
※ITUC: International Trade Union Confederarion
講演「若者のディーセント・ワークのために、労働組合に期待すること」(仮)
竹信 三恵子 和光大学教授
リレー報告と討論 「若者のディーセント・ワーク」
齋藤 勉 連合北海道 組織対策局長
永井 浩 日本労働文化財団 理事
安永 貴夫 連合 副事務局長
竹信 三恵子 和光大学教授
〈コーディネーター〉 高橋 睦子 連合 副事務局長

関心のある方々はどうぞ。

« 『日経マネー』記事がアップ | トップページ | 徒労感 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いま、若者のディーセント・ワークのためにできること:

« 『日経マネー』記事がアップ | トップページ | 徒労感 »