フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 朝鮮日報の傲岸と自省 | トップページ | 1936年中華民国労働契約法 »

2012年9月 4日 (火)

POSSE on 『日本の雇用終了』

Hyoshi16 昨日紹介した『POSSE』16号が、巻末の最新ブックレビューで、『日本の雇用終了』を取りあげています。

膨大な実例が見せつける日本での解雇のしやすさ

雇用終了をめぐる実情について、労働局によるあっせんの事例をもとに分析した一冊。雇用終了を類型化した上で、個々の事例の内容を詳細に紹介している。退職強要やパワハラ、労働者の正当な権利行使への制裁としての解雇など、正社員であろうと雇用契約の終了は容易く行われているのである。

これまで、多くの日本の労働研究においては、「労働者の解雇は厳しく規制されている」という固定観念に基づいた議論がされがちだった。しかし本書の膨大な事例を見れば、その捉え方が労働現場の実態を無視したものであることがわかる。本書は解雇規制をめぐる議論に欠かせないだろう。

そのすぐ下には、カステルの『社会問題の変容』もあります。

ついでに、『POSSE』ではロスジェネ論客を猛爆撃して撃墜している後藤和智さんが、いんちきりんさんのエントリにこうツイートしてますた。

http://twitter.com/kazugoto/status/242582956353400833

濱口桂一郎『日本の雇用終了』とか読んだら違った見方ができるかもしれん。いずれにせよ単純な図式化に過ぎる / ““クビパターン”一覧 - Chikirinの日記”

« 朝鮮日報の傲岸と自省 | トップページ | 1936年中華民国労働契約法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: POSSE on 『日本の雇用終了』:

« 朝鮮日報の傲岸と自省 | トップページ | 1936年中華民国労働契約法 »