« Q崎さんの拙著評 | トップページ | 喉元過ぎた途端にもう熱さを忘れる人々 »

jura03さんの嘆息を伴った怒り

要するにこういうことなんですな。

http://d.hatena.ne.jp/jura03/20120831(扇動のための不当表示としての「リフレ派」 part65)

そもそも、リフレ支持者という広い範囲の中から、一部をピックアップしてそれがリフレの代表であり、またその人の発言の全てがリフレに属するものかのように語って批判する、チェリーピッキングと特異な事例の一般化、藁人形論法の合わせ技みたいなものこそが要点を外したものなので。それへの要点を突いた反論って「詭弁乙」で終わっちゃうよ。それ以外はどこを突いても、「要点を外してる」って誰かは言うことになる。まあ、もとが外してるから仕方ない。

投稿: yasu | 2012年8月30日 (木) 07時46分

高橋氏はリフレ派ではないので置いとくして、田中氏にはtwitter垢ブロックされてたりするんだけどねえ。超個人的なことだけど。それにしても何を根拠に「批判しない」とか言ってるんだろ。

投稿: yasu | 2012年8月30日 (木) 08時19分

っての、言いわけになってないんですよ、だから。やるんだったらもっとやれよと。ブロックされてるとか言い訳になってない。しかも、高橋洋一は「リフレ派ではない」という認識は、実態としてはともかく、リフレ派内部の人たちはどういうかと思いますけどね。高橋洋一って普通にリフレ派の衣をまとった扇動家でしょ。

もちろん、彼を「リフレ派ではない」というのはいいし、実態としては高橋にとってリフレなんてどうでもよいんだろうという意味では「リフレ派ではない」と僕も思うのでそれはそれでいいんだけど、高橋洋一批判でどの程度粘着してるのかと。リフレ派の衣をかぶって煽ってるのあのオヤジなんだから、「高橋はリフレ派ではないから注意しろ」と批判するのが当然だ。また田中相手にするときにどの程度粘着してるんだ。

さらに、高橋にしろ田中にしろ飯田にしろ、リフレ派の「一部」に過ぎないというのは明らかに詭弁で、この辺りの人たちは(もちろんこの人たちに限らないわけだけれども)、とてもじゃないけど「一部」に過ぎないと片づけられるような影響力だとは思えない。

・・・「高橋洋一はリフレ派ではない」「田中氏にはブロックされている」と嘯いてるわりに、リフレに懐疑的な人間に「粘着」する。あなたのやるべきことはそれじゃないでしょう?と。

で、それはyasudayasuさんに限った問題ではなくて、おそらく他の多くの人たちも同様で、民意とか世論とかを、とても真面目に考えているようには見えない。世論に左右されるような中央銀行の独立性とはなんだ、と言い募るだけだ。

結局、「インフレを適度なプラスに保つべき」という民意が構築されるどころか、「リフレ派」の高橋洋一がTVタックルで日銀陰謀論を煽って視聴者が面白がる、ということの方が影響が大きいことになりかねない。おそらく、現実にその手の番組の影響力が大きいんだと思う。そして、高橋が語る「リフレ」はあくまでも日銀陰謀論や官僚叩きのためのネタであって、「インフレを適度なプラスに保つべき」という部分は受けはよくないから華麗にスルーですよ、これは。

じゃ、yasudayasuさんはどの程度この手のオカシイ連中を、リフレ論の誤解を招くような、あるいは信用性をなくすような論者たちを批判してきたのか。どの程度粘着したんですか、と。

yasudayasuさんだけの問題じゃなくて、そこがおかしいからリフレ派がおかしくなってるんですよ。肝心のリフレが実現できなかったんですよと。

まあ、「高橋氏はリフレ派ではない」などという世間常識と反することをあっさり言うわりに、

そもそも、リフレ支持者という広い範囲の中から、一部をピックアップしてそれがリフレの代表であり、またその人の発言の全てがリフレに属するものかのように語って批判する、チェリーピッキングと特異な事例の一般化、藁人形論法の合わせ技みたいなものこそが要点を外したものなので。それへの要点を突いた反論って「詭弁乙」で終わっちゃうよ。それ以外はどこを突いても、「要点を外してる」って誰かは言うことになる。まあ、もとが外してるから仕方ない。

投稿: yasu | 2012年8月30日 (木) 07時46分

と、高橋氏を主として念頭に置いた(「リフレ派」と区別した)「りふれは」批判には逆上したような反発をするあたりが、この手の人々の半分まともなのに残りの半分が・・・ということろなのでしょうね。

この点をさらにjura03さんが追及します。

http://d.hatena.ne.jp/jura03/20120901/p1(扇動のための不当表示としての「リフレ派」 part66)

もちろん、リフレを支持してくれたらそれで「リフレ派」で細かいところはどうでもいいんだ、大同小異で幅広く支持を得るんだという建前はそれはいいかもしれないけれども、実態はそうじゃないわけでこの種のリフレ派の「非党派性」に関する議論はほとんど根拠がない。

本当は、Bewaadさんがやろうとしたみたいに、高橋洋一のような元官僚の扇動家、田中秀臣や飯田泰之などの学者、上念司のようなただのホラ吹きを徹底的に批判して、彼らをむしろ追放するべきだったし、yasudayasuさんあたり、あそこまで言うなら完全に「粘着」し切って、扇動家や扇動家に追随する学者・ホラ吹きを追放するような方向をもっと後押しするべきだった。

・・・まあ、誰もそういうことを結局しなかったわけですけどね。結果的には現状は、リフレ派としてはもうネット右翼なんかと同じように、ネット上の徒党として仲間内でマスターベーションやってるだけの集団になってるのじゃないのかな。

さらに、高橋にしろそれに追随する学者連中にしろ、適当にメディアにでて小銭稼ぎをしながら、日銀陰謀論・官僚叩きに終始して肝心のリフレの方は閑却されていくわけだ。。。まあ、形としては、ネット上で構築された「リフレ派」はこういった人たちにある意味では利用されて終わっちゃってる格好

そういうわけで、リフレ派には完全に呆れてるので、特に書くこともなかったわけでだからブログの更新をすることもなかったのだけれども、久々に触発されてしまった次第。

|

« Q崎さんの拙著評 | トップページ | 喉元過ぎた途端にもう熱さを忘れる人々 »

コメント

yasudayasuさんは経済学には精通している印象ですが、現実のリフレ派論壇のあり方や世間に与える影響というのを過小評価されているのでは。

少なくともネット上では、高橋洋一はリフレ派だと認識されています。リフレ派の親玉みたいに思っている人もいる。何より、ネットリフレ派の本拠地であった
「いちごびびえす」の主のドラエモンこと故・岡田靖氏とも面識はあったというか内閣府で一緒に仕事をしていたようですし、暗黒卿と田中秀臣・飯田泰之らもブログなりtwitterでときおり著書や発言に言及されているでしょう。

エール大の浜田宏一氏の講演も今年聴きに行きましたが、岩田規久男とともに高橋洋一や勝間の名も挙げていましたよ。あれだけ業績もある先生が高橋洋一の名を挙げているのに、「高橋洋一はリフレ派ではない」と世間の人は思わないでしょう。

高橋洋一はリフレ派でない、田中秀臣にブロックされているというyasudayasuさんの経済学の知見自体は、まともなのでしょう。しかし、リフレ派の現状認識について甘すぎます。

Bewaadやドラエモンがいたころが一番よかった。あの二人がいなくなってからどんどんおかしくなった。Bewaadの指摘を率直に検討するべきだった。

でも今から見れば、リフレ派がおかしくなる予兆は当時からあったとも思います。

個人的には、歴史修正主義の松原仁をデフレ脱却議連の代表に選んでいる時点でリフレ派から少しずつ気持ちが離れました。クルーグマンだろうがマンキューだろうが、ホロコースト否定論者と共闘するなど絶対にありえない。

投稿: spec | 2012年9月 1日 (土) 15時03分

毎回思うけれど、なんで自分たちが「左派のリフレ派」にならずに、外野から批判してればいいなんてぬるいこと考えてるんですか?というか批判すれば相手の意見を変えられるとでも?扇動家、トリックスター、おかしくなっただのとぼやこうとも、どう考えても日銀法改正の話題が民主自民公明の多数の議員に言われるようになったのは「りふれは」のおかげでしょう。2000年前後の金融政策論争だって政治家で関わっていたのは「りふれは」竹中平蔵や中川秀直だけじゃないか。左派は「利子所得が奪われた、低金利は異常」と言って一貫して敵の敵は味方的に日銀執行部を後押ししてきただけ。「りふれは」を批判する暇があったらとっとと左派をオルグして行動で示しなさいよ。そういう意味で松尾さんはとっても偉い。

「話し合って決める」という幻想
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20120813

投稿: 名無し | 2012年9月 2日 (日) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: jura03さんの嘆息を伴った怒り:

« Q崎さんの拙著評 | トップページ | 喉元過ぎた途端にもう熱さを忘れる人々 »