« ガチ新古典派以外の社会保障研究者の皆さんはみんな「劣化著しい」 | トップページ | 『月刊人材ビジネス』9月号でコメント »

2012年9月 2日 (日)

拙著書評 in 中国語

131039145988913400963中国の書評サイトのようですが、一昨年拙著『新しい労働社会』についてこういう書評をいただいていたようです。

http://www.douban.com/group/topic/14338850/(阅读同好会)

新しい労働社会―雇用システムの再構築へ
濱口桂一郎 岩波書店 岩波新書2009

此书介绍了日本劳动制度的问题和应改进点。嗯……总体属于献计献策。不过这书里面事例不少,比起天朝清汤寡水屁话多的同类书籍应该好得多。

另外偶明白了为什么日本有年功序列制度,因为日本不像欧洲那样政府办福利,工人中的年长者为了供养下一代,需要的钱是应该比青年人多。

摘录两段。

不大和谐……嗯,放buzz

誰か中国語のできる人にきちんと訳してもらったほうがいいのかもしれませんが、「比起天朝清汤寡水屁话多的同类书籍应该好得多」ってのは、たぶん褒められてるんですよね。他の薄味で屁みたいな本に比べるとずっと良いっていってるんですよね。

|
|

« ガチ新古典派以外の社会保障研究者の皆さんはみんな「劣化著しい」 | トップページ | 『月刊人材ビジネス』9月号でコメント »

新しい労働社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/46921290

この記事へのトラックバック一覧です: 拙著書評 in 中国語:

« ガチ新古典派以外の社会保障研究者の皆さんはみんな「劣化著しい」 | トップページ | 『月刊人材ビジネス』9月号でコメント »