フォト
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 福島原発所員への差別・中傷 | トップページ | とってもメンバーシップ型なユーゴスラビア労働法 »

2012年8月15日 (水)

連合シンポジウム 個別労働紛争処理システムのあり方を考える

連合が8月29日に、「個別労働紛争処理システムのあり方を考える~ユーザーから見た現状と課題」というシンポジウムを開きます。

http://www.jtuc-rengo.or.jp/info/event/20120829/index.html

司会
寺田 弘 非正規労働センター総合局長

主催者あいさつ
南雲 弘行 事務局長

連合本部報告
「個別労働紛争処理制度の現状と連合の考え方について」
…新谷 信幸 総合労働局長

基調講演
「個別労働紛争処理制度の課題と展望」(仮)
…毛塚 勝利 中央大学教授

リレー報告と討論
「個別労働紛争処理制度の現状と課題」
・連合神奈川 紙屋  源太郎 アドバイザー
・連合北海道 小倉 佳南子 組織局次長 (労働委員会委員)   
・連合大阪  坂本 博信 アドバイザー (労働審判員) 
・棗 一郎 弁護士
・毛塚 勝利 中央大学教授

まとめ
安永 貴夫 副事務局長

とんことなので、上のリンク先から是非申し込みましょう。

そういうお前は?

いや、実は同じ日の同じ時間に、こういう野暮用を入れてしまっているもので・・・。

http://www.roudou-kk.co.jp/meeting/archives/2012reikai/005183.html

第2595回労働法学研究会「日本の雇用終了の実態」/8月29日(水)

―労働局のあっせん事例からみる雇用終了の実態と日本の職場の姿―

『講師』濱口 桂一郎 

こちらも似たテーマではありますが・・・。

« 福島原発所員への差別・中傷 | トップページ | とってもメンバーシップ型なユーゴスラビア労働法 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 連合シンポジウム 個別労働紛争処理システムのあり方を考える:

« 福島原発所員への差別・中傷 | トップページ | とってもメンバーシップ型なユーゴスラビア労働法 »