フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 雇用ミスマッチと法政策 | トップページ | 大内伸哉『最新重要判例200[労働法]<第二版>』 »

2012年8月26日 (日)

話はそれからだよ

jura03さんが、さすがにがまんできないと声を荒らげた一幕:

http://d.hatena.ne.jp/jura03/(扇動のための不当表示としての「リフレ派」 part64)

yasudayasu ネタ

いつも、身内に変なのがいるのにそれを叩けない奴らは信用出来ない、といったことを言っている厳しいid:jura03さんが、同じ反ネットリフレの人が「りふれは」という変な言葉を使い続けるのに対しては何も言わない不思議

はあ?意味が分からんな。hamachan先生でも理屈がどうかと思うときはなんか言うかもしれないけど、「変な言葉」を使ってたらそれを批判しなきゃならんわけ?難癖もここまで来るとすごいねえ。

いいですか。リフレ派の場合は、そもそも根本的に同居してるのがおかしい人たちが同居していたり、高橋洋一のように明らかなウソや無茶を唱える扇動家やそれに追随する学者たちについていっている。それをまず批判しろと僕は言ってるんだ。

hamachan先生が「変な言葉」でレッテル張りしてても、ただのレッテルに過ぎないという自覚があるはずだから、別にかまわんじゃないですか。そこは個人の勝手でしょうよ。根本的な立場の矛盾や扇動家の無批判な受容と、片言隻句と同列に論じるって、いやはや、難癖も極まってるなぁ。

つべこべ言う前に、高橋洋一や田中秀臣やら、あなたのその該博な知識でリフレ派をまともにしなさいって。話はそれからだよ。

まあ、最近は「りふれは」ならぬ「リフレ派」の中で、少しはこういう手合いをきちんと批判しなければという機運も徐々に出てきているようですけどね。

http://twitter.com/sunafukin99/status/239163937789186048

だから、維新の国政進出にしてもまがりなりにも暗黒氏がしがみついてそっち(リフレ的方向)へ誘導できたとしても、シバキアゲ体質が強すぎて結局効果が不十分、緊縮の引締め効果が上回ってしまうという可能性が高いと思うんですよね。小泉よりその傾向はあるかと。

http://twitter.com/sunafukin99/status/239166533430046720

暗黒氏の政治への関わり方ってどうも筋が悪い感じがするんですよね。彼自身リフレ派諸氏の中ではあんまり評価はしていないんですが。特に地方分権とか公務員カイカクとか強調しすぎで、そんなもん正直どうでもいいし今の時点では不要とすら思ってる。

http://twitter.com/sunafukin99/status/239304116311048192

そういえば、反官僚意識が行き過ぎてちょっとアレになっちゃってる人が暗黒卿ファンなんかには多そうだから、少し頭を冷やして考えた方がいいんじゃないかな?とか思うことはある。一歩間違うと陰謀論の泥沼にはまり込む。

ただ、もはや世間的というか、マスコミ的には、「リフレ派」とは高橋洋一みたいな人々という印象が強すぎて、そうじゃないイメージはほとんど目に入りにくくなっているように思われます。

それ自体、冷ややかに言えば「自業自得」ではありますけど。

(追記)

山のようにjura03さんに反論しているつもりなんでしょうが、

こんなものなのに「リフレ派の場合は、そもそも根本的に同居してるのがおかしい」という状況がよく分からん。保守ともリベラルとも両立するリフレを、保守の人もリベラルの人も支持していたとして、いったいどこかおかしいか?

これが保守とリベラル、シバキと社会保障重視、そういった両者で必ず反対になる争点なら「根本的に同居してるのがおかしい」というのも理解できるが。たとえばデフレこそ国益という人がリフレ派に同居してるなら変だ。

そういったデフレこそ利益と考えるような人が同居している気配はない。リフレと両立可能な意見の持ち主が集まって、ただ別の争点ではバラバラというだけで「根本的に同居してるのがおかしい」と言い切れるのが不思議。どこら辺が根本的なのだろう。

まあ、今回のエントリーでjura03さんは身内には甘く他所には厳しい人間だということだけはよくわかった。

なぜか、一番肝心要の

高橋洋一のように明らかなウソや無茶を唱える扇動家やそれに追随する学者たちについていっている。それをまず批判しろと僕は言ってるんだ。

は見事にスルー。

もし、高橋洋一氏が「明らかなウソや無茶を唱える扇動家」ではないと心から信じているなら、なによりもまずそれをきちんと説明する必要があるはずだが、そういう負けるケンカはやりたくないようです。

もっとも、ある程度政治感覚のある非「りふれは」的リフレ派の方は、そろそろ

http://twitter.com/sunafukin99/status/239858724515246080

暗黒さんもやばいんじゃないの?

と、身を引き離しつつあるようですが。

と思うと、今度はPOSSEの坂倉さんの言葉に対して、

http://twitter.com/yasudayasu_t/status/239809256512159744

そうそうhamachan先生は「変な言葉」を使って捩るだけでなく、「アナーキストとリフレ派の共有する思想的弱点が空虚なBI論を推進する」という文章に「名言」とか言っている

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-fbd4.html(小さな政府で成長するって、どういうふうにやるんだ?)

と見当外れの喧嘩を売ってみたり。

« 雇用ミスマッチと法政策 | トップページ | 大内伸哉『最新重要判例200[労働法]<第二版>』 »

コメント

yasudayasu氏の書き込みはときどき見ますが、相当経済学に精通している優れた方だと感じます。

しかし、その彼にして、“りふれは”の問題点に気づかない・あるいは目をつぶっているというところが残念でなりません。

yasudayasuさんは頭がいいから
本当にヤバイ人には
絡んでいきません
(orいつまでも絡んでいないで切り上げる)

>yasudayasuさんは頭がいいから

論旨の明確な批判に対し、あえて要点を外しての反論を試みる一方で逃げ足は早い辺り、頭の良し悪しはともかくとして、誠実さには欠ける手合いのように感じました。

>本当にヤバイ人には絡んでいきません

それって、「手強い論客との対決をひたすら避ける敗北主義者」と、何か変わる所があるんですか?

http://d.hatena.ne.jp/jura03/

>・・・ということですよね。で、クルーグマンなんかのつまみ食いを平気でやるわけですよ。まるで正反対なのに。

https://twitter.com/iida_yasuyuki/status/235023926760206338
この期におよんで日銀は正しかったと無理繰りクルーグマンに言わせようとするNHKw
https://twitter.com/iida_yasuyuki/status/235024549094244354
クルーグマンの談話を使って財政の危険性を語る……もういろんなことがどうでもよくなってくるねw

そら、「日本であなたの名前を頻繁に持ち出すリフレ政策支持者たちが日本のこういう政党や政治グループを支持してるんですがどう思いますか?」とクルーグマンに尋ねてごらんなさいよ、と。卒倒しますよ。
そう考えたら、NHKのことをお前たちに言えるのかと。

http://hoshuichiro.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-3100.html

>「御用一般人」の定義は、上念司によればこんなところらしい。

デフレ不況が生み出した突然変異。

世の中にほとんど相手にされていない。

職業的にもあまり恵まれていない。

自我が不安定で、自我を政府や日銀と一体化させる奇特な人たちであるらしい。


そういや、以前に私も日本銀行を擁護する文章を書いたことがあるので、御用一般人の一人に認定されているのでしょうか。レッテル張りされるほどにうっとおしがられるとは、実に光栄であります(笑)。
このようなことを彼らが言うのも、自分たちのやっていることが「デフレ不況が生み出した」、「世の中にほとんど相手にされていない」「職業的にもあまり恵まれていない」韓国や中国に対するヘイトスピーチを繰り返して自己の安寧を保っている「自我が不安定人々」を対象にしている「貧困ビジネス」という自覚があるからなんでしょう。みじめなのはあなた達じゃない、あいつらの方なんだと囁くことで顧客の優越感をくすぐってあげているわけで、ビジネスとしては実に洗練されているなあ、と感心します。

また、りふれはを含めた新自由主義者は官僚を自己利益しか考えず、そのためには陰謀をも駆使すると批判します。これも、派遣のパソナ会長に就任した竹中平蔵、窃盗で東洋大を懲戒解雇になりながら、ほとぼりが冷めた頃に嘉悦大に再就職した高橋洋一、持ち株会社の解禁に当たって役所同士のポストの取引という寝技を使った(下記参照)古賀茂明など、自身がホモ・エコノミカスであり、目的達成のためなら手段を選ばない存在だからでしょう。
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-916a.html

りふれはを含めた新自由主義者の特徴として、自己の欠点や弱点を「敵」の欠点や弱点としてあげつらうことがあるように思います。このように、私がこう考えているから相手もそう思っているに違いない、と思い込む心の働きを心理学では投影というそうです。

名前が出てるので…

>いつまでも絡んでいないで切り上げる

まあ、そりゃいつかは切り上げるが、逃げ足早いどころか相当粘着質だと思うよ。切り上げが早いとか聞いたらabz2010さんがびっくりしそうだ。

>ヤバイ人には絡んでいきません

ヤバイ人って誰?
岩本先生のようなちゃんとした人?だったら、モデルの仮定を事実かのように扱いがちな点(ex.国債があらゆる年限で完全に裁定されているなら、ゼロ金利下では長期債の購入も無意味、だから長期債買い入れ政策に意味はない)を除けば変なことは言ってないので絡まないのは当然。
ぷりりん女史のような本当にヤバイ人に絡むのは誰だって嫌でしょう。


>あえて要点を外して

そもそも、リフレ支持者という広い範囲の中から、一部をピックアップしてそれがリフレの代表であり、またその人の発言の全てがリフレに属するものかのように語って批判する、チェリーピッキングと特異な事例の一般化、藁人形論法の合わせ技みたいなものこそが要点を外したものなので。それへの要点を突いた反論って「詭弁乙」で終わっちゃうよ。それ以外はどこを突いても、「要点を外してる」って誰かは言うことになる。まあ、もとが外してるから仕方ない。

>もはや世間的というか、マスコミ的には、「リフレ派」とは高橋洋一みたいな人々という印象が強すぎて、そうじゃないイメージはほとんど目に入りにくくなっているように思われます。


世間的、とかマスコミ的、に「リフレ」像が認識されるところまで来たというのは随分な進歩だなあ。感慨深い。米英ではインフレを適度なプラスに保つべきでそのために中銀は行動すべき、というのは主流派すぎて「リフレ派」みたいな枠組みは出来ないし、逆に日本ではマイナー過ぎて、リフレ像なんてこれまで賛成者・アンチを併せても極々一部の人しか持たなかったし。
でもどこの世間なのだろう。実生活での周りには、リフレという単語を知ってる人さえ極少数だし、新聞でもほぼ見かけない。

高橋氏はリフレ派ではないので置いとくして、田中氏にはtwitter垢ブロックされてたりするんだけどねえ。超個人的なことだけど。それにしても何を根拠に「批判しない」とか言ってるんだろ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 話はそれからだよ:

« 雇用ミスマッチと法政策 | トップページ | 大内伸哉『最新重要判例200[労働法]<第二版>』 »