« yunusu2011さんの「りふれは」論 | トップページ | 小野善康ゼミナール on 「さっさと不況を終わらせろ」 »

日本における労働社会が、世界のそれと比較されることで俯瞰的に見えてくる。

131039145988913400963久しぶりに、ほぼ3年前に出た『新しい労働社会』へのブクログ書評がアップされました。評者はsuicatrainさんです。

http://booklog.jp/users/suicatrain/archives/1/4004311942

日本における労働社会が、世界のそれと比較されることで俯瞰的に見えてくる。

良く目にする報道のように、残業にかかわる使用者・労働者の裁判を未払賃金の問題としてフォーカスすると、長時間にわたる(健康維持が難しくなる)労働時間という問題から視点がずらされてしまう。
確かに!

問題は、しかし、使用者だけでなく、労働者も長時間労働を容認していることにもあり。
民間企業に勤めていた際は残業に抵抗なかったしな…

理由として、もちろん残業代が得られる事もあるけど、やるべき仕事に時間を注ぎ込みたいという思いからもあり。

それからもし長時間労働の少数人員に替えて、短時間労働人員を多数にした場合、その企業の競争力ってどうなんだろう。

少数精鋭の方が情報伝達も管理もやりやすいし、仕事にたいする意識や情熱も共有しやすいように思う。
職種によるけど。

企業としての競争力が落ちたらそもそも人を雇うことすら出来なくならないか?

って考えてしまったけど、この考えがもう日本の経営陣の思想に毒されてるんだろうか。

|
|

« yunusu2011さんの「りふれは」論 | トップページ | 小野善康ゼミナール on 「さっさと不況を終わらせろ」 »

新しい労働社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/46631251

この記事へのトラックバック一覧です: 日本における労働社会が、世界のそれと比較されることで俯瞰的に見えてくる。:

« yunusu2011さんの「りふれは」論 | トップページ | 小野善康ゼミナール on 「さっさと不況を終わらせろ」 »