フォト
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 事実は小説よりも奇なりと思うことも多く・・・ | トップページ | 評価経済の霞は食えるか?または労基法24条の意義 »

2012年6月18日 (月)

明治大学労働講座

本日、明治大学の寄附講座「未来の自分をつかめ 私たちが生きる労働社会を考える」の中の1回分を担当して、お話をしてきました。

http://www.kisc.meiji.ac.jp/~labored/kifukoza/rodokoza2012.html

これまで、川人さんをはじめとして、具体的な働き方の実態について話を聴いてきた学生さんたちに、ある意味頭の整理的なまとめをした形になりますが、時間の短い中にいろいろ詰め込んだため、人によってはいささか消化不良気味だったようです。

日本の雇用不安が止まらない。高止まりの失業率、就職難が続くなか、学生のみなさんに10年後の自分たちの働く姿がみえるだろうか。今はまだ、就活だけで精一杯に違いない。しかし、社会人になる一歩手前で、ぜひこれだけは知ってほしい。先輩たちが雇用の現場で体験した光と影を、不安な時代を生きるための知恵を。「知る」ことで人は強くなれるはずである。

講座の前半では、正規労働者(正社員)と非正規労働者(パートや派遣、契約労働者など)の実態について学ぶ。講座の後半では、その原因とどのような雇用や労働のあり方をめざすのか、働く者としての権利と働き方について考え、議論する

« 事実は小説よりも奇なりと思うことも多く・・・ | トップページ | 評価経済の霞は食えるか?または労基法24条の意義 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明治大学労働講座:

« 事実は小説よりも奇なりと思うことも多く・・・ | トップページ | 評価経済の霞は食えるか?または労基法24条の意義 »