フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 明日朝のTBS「朝ズバッ」に顔を出すかも知れません | トップページ | だから、日本の労働組合はギルドじゃないので・・・ »

2012年5月23日 (水)

若者は社会を変えるか@労働政策フォーラム

例によって、労働政策フォーラムの宣伝ですが、今回は読者の関心も高いと思われる「若者」がテーマです。例によって、小杉、堀という現JILPT研究員に加え、本田由紀さんも出てきます。

http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20120630/info/(若者は社会を変えるか―新しい生き方・働き方を考える―)

若者の「自立」のモデルは輪郭を失い、就業をはじめ社会保障や介護などの様々な面で若者にとって閉塞的な状況が続いているように見えます。しかし一方では、それを破る若者たちの主体的な動きが見え始めています。とくに、大震災を契機としてそれは顕在化してきました。

本フォーラムでは、生き方・働き方を変革していく若者たちの主体的な取り組みにスポットを当て、その現状と、また、それを支える上で必要な政策について検討します。

日時は2012年6月30日(土曜)13時30分~17時00分(開場13時) ですが、場所はいつもの朝日新聞のホールではなく、六本木の日本学術会議講堂になります。

六本木といっても、最寄り駅は千代田線の乃木坂です。いまエルミタージュ展をやってる国立新美術館の隣です。

http://www.scj.go.jp/ja/other/info.html

プログラムはこういう感じでして、

13時30分~
開会挨拶 小杉 礼子 労働政策研究・研修機構統括研究員/日本学術会議連携会員

講演
社会構造の変容と若者の現状 本田 由紀 東京大学大学院教育学研究科教授/日本学術会議連携会員

若者の働き方と意識の変化―「若者のワークスタイル調査」から― 堀 有喜衣 労働政策研究・研修機構副主任研究員

実践報告
閉塞が一瞬だけ開けた被災地―ソーシャル・アントレプレナーと産・官・学の関係についてのケーススタディ―  菅野 拓 一般社団法人パーソナルサポートセンター事務局長 大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員

若者の新しい働き方―協同労働の実践―髙成田 健 ワーカーズコープ・センター事業団神奈川事業本部本部長

15時50分~

パネルディスカッション

パネリスト:
本田 由紀 東京大学大学院教育学研究科教授/日本学術会議連携会員
菅野 拓 一般社団法人パーソナルサポートセンター事務局長 大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員
髙成田 健 ワーカーズコープ・センター事業団神奈川事業本部本部長
堀 有喜衣 労働政策研究・研修機構副主任研究員

コメンテーター:
渡邊 秀樹 慶應義塾大学文学部人文社会学科教授/日本学術会議連携会員

コーディネーター:
宮本 みち子 放送大学教養学部教授/日本学術会議連携会員

菅野さんや高成田さんは、ここ数年堀有喜衣さんが手がけてきている「若者の新しい働き方」の研究の関係になりますが、本田由紀さんとどういうコラボになるかならないか興味深いところですね。

例によって人気の出るフォーラムですので、お申し込みはお早めに。

« 明日朝のTBS「朝ズバッ」に顔を出すかも知れません | トップページ | だから、日本の労働組合はギルドじゃないので・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若者は社会を変えるか@労働政策フォーラム:

« 明日朝のTBS「朝ズバッ」に顔を出すかも知れません | トップページ | だから、日本の労働組合はギルドじゃないので・・・ »