« 労務屋さん on 日本の雇用終了 | トップページ | 『グローバル化・社会変動と教育1 市場と労働の教育社会学』 »

2012年4月26日 (木)

OECDが日本に発破

OECDのグリア事務局長が、日本を訪問していろいろと喋っています。

経済産業研究所のセミナーでは、こういうスピーチをしているようです。

http://www.oecd.org/document/6/0,3746,en_21571361_44315115_50189958_1_1_1_1,00.html(Revitalising the Japanese Economy: The Way Forward)

「日本経済再活性化」というわけで、いろいろ語っていますが、特に重要なのは「Boosting labour productivity.」(労働生産性を引き上げる)で、もう耳タコかもしれませんが、改めて:

Finally, there is one last element that can make a remarkable contribution to revitalising Japan:
Lifting employment through greater women’s participation

Japan needs to address strong demographic headwinds. Rapid population ageing will lead to a decline of Japan’s working-age population by nearly 40% by 2050, reducing the number of working-age persons per elderly person to only 1.3.

To limit the decline in the labour force, the participation of underemployed individuals, notably women, will need to rise. Indeed, the New Growth Strategy sets an objective of boosting the employment rate of women in the 25  44 age group from 66% in 2010 to 73% by 2020. Improving opportunities for women is an important objective Japan shares with many OECD countries.

The question is how can employment become more attractive to women? Reducing the share of non-regular workers, of which 70% are women, would promote job stability and encourage on-the-job training, thus increasing human capital. Moreover, it would lessen income inequality and relative poverty by reducing inequality in wages.  Indeed, the gender wage gap in Japan is the second highest in the OECD area.

Japan also needs to make a greater effort to introduce family-friendly policies in order to help women combine work and family life. Aspects of the tax and social security systems that discourage work by secondary earners should be reformed, while child-care should be improved and made more affordable.

But women are not the only the only segment of the population whose labour resources are underutilised. The human capital of older workers should also be used to its full potential through more flexible employment and wage systems that raise the age at which workers leave firms.

と、女性の労働力参加、非正規労働の正規化、ファミリーフレンドリー政策の推進、高齢者雇用の推進などを、口がすっぱくなるほど繰り返しています。

また経団連では、

http://www.oecd.org/document/44/0,3746,en_21571361_44315115_50189484_1_1_1_1,00.html(The OECD skills strategy and its relevance for Japan)

「OECD技能戦略とその日本へのレリバンス」ということで、日本の使用者に対してこう呼びかけています。

First, Japanese employers need to re-align their business strategies with human-resource practices and skills development in their workforce. Firms that are good at deploying accepted best-practice management techniques are more innovative and perform significantly better. In well-managed firms, the skills of employees are used more productively and this also has a strong positive impact on job satisfaction.

Second, Japan needs better information on the skills needed and available, including through transparent qualification systems. Quality career guidance should become a critical part of Japan’s skills strategy. It can steer individuals to the learning programmes that would be best for their prospective careers. Coherent and easy-to-interpret qualifications facilitate recruitment and matching. Competency-based qualifications provide employers with a sense of what a future employee can perform on the job. They also enable individuals with work experience to secure credentials reflecting their skills “learned on the job”.

Third, Japan could benefit from still more flexible work arrangements. Family and professional lives are increasingly interwoven and have to be managed in parallel. Work places have to adapt to these changes and offer much more flexibility to avoid excluding individuals from active professional life, beginning with women. As already mentioned, this is crucial and duly documented in our report on Gender Equality.

人材戦略を再設計し、キャリアが見える透明な資格制度を導入し、仕事と家庭のための柔軟な労働編成が必要、とこれも口が酸っぱくなる程いわれていることではありますが。

なお、お勉強用には、OECDの報告書「Policies for a revitalisation of Japan」(日本再活性化のための政策)が30ページ弱の小冊子なので、お手頃です。

http://www.oecd.org/dataoecd/32/2/50190618.pdf

これくらいは読んでおきましょう、ということで。

|
|

« 労務屋さん on 日本の雇用終了 | トップページ | 『グローバル化・社会変動と教育1 市場と労働の教育社会学』 »

コメント

OECDの報告書ですが、日本語版も出ています。

http://www.oecdtokyo2.org/pdf/theme_pdf/macroeconomics_pdf/2012%2004_Japan_Brochure_JP.pdf

投稿: アングラ | 2012年4月26日 (木) 16時27分

OECDのグリア事務局長の仰っている内容、我々がいつも聞いているのとほぼ同じです。

日本経済を活性化するためには経済成長、財政再建、税と社会保障の一体改革が必要・・・その通りですが、いつも聞きなれている内容です。OECD事務局長の発言ということで、ことさら内容があるように聞こえるのかもしれません。

「日本の労働生産性はOECD諸国のトップグループより30%も低い」、「生産性の向上とイノベーションが欠かせない」、「サービス産業の生産性を向上させる必要がある」、「規制緩和が必要」等々、いつも我々が聞いていることです。

「日本の労働生産性がOECD諸国より30%も低い」というときの労働生産性は、単位労働時間あたりの名目GDPを購買力平価換算で評価したときの値です。就業者の単位労働時間あたりの評価は、日本人の高齢化と関係ないはずですね。

2000年代以降、日本の名目GDP(円換算)がゼロ成長なのに、労働生産性(購買力平価換算)の成長率はOECD諸国と同程度でした(注1)。労働生産性(購買力平価換算)が成長したにもかかわらず、名目GDP(円換算)が成長しなかったのは円高デフレのためです。

円高デフレは給与の下落および物価の下落をもたらしました。給与の下落幅の方が、消費者物価の下落幅を上回ったため生活水準は低下したのです。消費者の生活水準を向上させないで、サービス産業の生産性を向上することはできません。

(注1)hamachanブログ “ほんとうの日本問題とは人口問題なんだよ@クルーグマン”の筆者コメント。
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/post-2030.html

投稿: hiro | 2012年4月27日 (金) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/45029117

この記事へのトラックバック一覧です: OECDが日本に発破:

« 労務屋さん on 日本の雇用終了 | トップページ | 『グローバル化・社会変動と教育1 市場と労働の教育社会学』 »