フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« または有難迷惑な応援団を謝絶する勇気 | トップページ | 日本のフォーク・レイバー・ロー »

2012年3月26日 (月)

労使コミュニケーション@『BLT』

201204『ビジネス・レーバー・トレンド』4月号が刊行されました。今号の特集は「労使コミュニケーション――新たな課題と取り組み」です。

http://www.jil.go.jp/kokunai/blt/index.html


メイン記事は先日行われた労働政策フォーラムの報告とパネルディスカッションの記録です。

労働政策フォーラム:「経営資源としての労使コミュニケーション」から

<基調講演>
わが国の労使関係の過去・現在・未来 濱口桂一郎 JILPT統括研究員

<研究報告>
労使関係のフロンティア―労働組合の羅針盤 呉学殊 JILPT主任研究員

<事例報告>
資生堂労働組合の取り組み―イキイキと活力ある職場づくり 赤塚 一 資生堂労働組合中央執行委員長

連結経営下、労組もグループ化へ―個別最適から全体最適へ 恩田 茂 ケンウッドグループユニオン中央執行委員長

好ましい企業風土づくりは、経営者の経営姿勢の確立から 山田 茂 株式会社山田製作所代表取締役社長

<パネルディスカッション>
コーディネーター 濱口桂一郎 JILPT統括研究員

それに併せて、

緩やかなつながりのなかで相談できる場を提供 連合静岡メイトの取り組み 荒川創太 調査・解析部主任調査員補佐

アメリカの新しい労働組織とそのネットワーク 山崎 憲 国際研究部主任調査員補佐

労働における権利と社会対話―第15回ILOアジア太平洋地域会議から 調査・解析部

という記事も載っています。山崎さんのは、出たばかりの報告書の要約としても役立ちます。

« または有難迷惑な応援団を謝絶する勇気 | トップページ | 日本のフォーク・レイバー・ロー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労使コミュニケーション@『BLT』:

« または有難迷惑な応援団を謝絶する勇気 | トップページ | 日本のフォーク・レイバー・ロー »