« 現在の労働問題に関するバイブルともいえる書 | トップページ | POSSE川村さんのインタビュー@BROGOS »

ついーと上の拙著評2件

昨日、ツイート上で拙著『新しい労働社会』への短評2件。

http://twitter.com/#!/egashiras/status/184590826289119232

「新しい労働社会」読破。うーん難しかった。これまでの労働市場についての予備知識が少なくてイメージを作りにくかった。5年後には読めないといけないなという危機感を感じた一冊!!

http://twitter.com/#!/kktsc/status/184655990770253825

それにしても、半分まで読んだのだけれど、濱口桂一郎『新しい労働社会――雇用システムの再構築へ』(岩波新書)が、名著である。目からウロコが落ちまくりで、自分の無知を恥じざるをえない、堂々たる正論の連続。「日本型雇用システム」って何なのか、はじめて分かった。

残りの半分を読んでの感想もお願いします。

|

« 現在の労働問題に関するバイブルともいえる書 | トップページ | POSSE川村さんのインタビュー@BROGOS »

新しい労働社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/44660184

この記事へのトラックバック一覧です: ついーと上の拙著評2件:

« 現在の労働問題に関するバイブルともいえる書 | トップページ | POSSE川村さんのインタビュー@BROGOS »