« ラスカルさんの拙著紹介 | トップページ | 判例雑誌への実名掲載はプライバシー侵害じゃない! »

山形浩生訳『銃、病原菌、鉄』の日本に関する未訳増補章

1005最近文庫になったジャレド・ダイアモンドの『銃、病原菌、鉄』の2005年版原書には、日本に関する章が増補されていたそうです。それなのに、昨年の文庫版にはなんら反映されていないというのは、ずいぶん怠慢な話ですね。

こういうときにさっと翻訳してしまう山形浩氏の早業は賛嘆すべきでしょう。

http://cruel.org/diamond/whoarethejapanese.pdf

「禁無断転載、無断複製」なので、引用はしません。ある意味で知識人には常識的な叙述とも言えますが、興味深い記述も多々あり、一読を勧めます。

|

« ラスカルさんの拙著紹介 | トップページ | 判例雑誌への実名掲載はプライバシー侵害じゃない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/44437325

この記事へのトラックバック一覧です: 山形浩生訳『銃、病原菌、鉄』の日本に関する未訳増補章:

« ラスカルさんの拙著紹介 | トップページ | 判例雑誌への実名掲載はプライバシー侵害じゃない! »