フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« CIETTのサイトが先日のパネルを報じる | トップページ | 生活保護と「異性との生活禁止」  »

2012年3月13日 (火)

公共政策大学院の授業言語

来年度も東大の公共政策大学院で「労働法政策」の授業をするのですが、2012年度の授業科目一覧というのを見ていたら、なんだか政治学やとりわけ経済学関係で英語による授業がえらく増えたなあと感じました。

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/courses/2012/index.htm

ざっと数えてみたら、基幹科目でいうと、法律分野は16科目全て日本語、政治分野は24科目中7科目が英語、経済分野になると30科目中日本語は8科目だけです。また展開科目でいうと(労働法政策はこれに含まれますが)、法律分野は34科目中英語は2科目、政治分野は35科目中英語が10科目、経済分野では24科目中10科目が英語です。

この大学院ができた2004年度の科目一覧と比べると、だいぶ様変わりですね。

http://www.pp.u-tokyo.ac.jp/courses/2004/index.htm

まあ、法律関係はあまり変わりませんが。

« CIETTのサイトが先日のパネルを報じる | トップページ | 生活保護と「異性との生活禁止」  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公共政策大学院の授業言語:

« CIETTのサイトが先日のパネルを報じる | トップページ | 生活保護と「異性との生活禁止」  »