フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 台湾の興味深い政策 | トップページ | スターリンは「大衆の支持を得た権力」じゃなかったと思うけど »

2012年2月29日 (水)

男女賃金格差を是正しない企業は総人件費の1%の罰金@フランス

EIROからフランスネタで。

http://www.eurofound.europa.eu/eiro/2011/12/articles/fr1112011i.htm(Sanctions for not closing the gender pay gap)

French companies that have not taken steps to close the pay gap between women and men, through a collective agreement or unilateral action plan, may be fined up to 1% of their payroll costs from 1 January 2012. Despite much legislation on this issue over the past decade, there are still inequalities. It is hoped sanctions will remedy this in companies with 50 or more workers, which will also have to report annually on the comparative status of employment and training for both sexes.

2012年1月1日から、従業員50人以上のフランス企業は、男女賃金格差を是正するために労働協約や一方的計画をとらないと、総人件費の1%の罰金を払わないといけなくなったようです。

The legislative pressure on the social partners over wage inequality between women and men has been increasing for the last 10 years. In 2001, the law of 9 May 2001 (in French) obliged companies to negotiate on the question of workplace gender equality. In 2006, this obligation was extended by the law of 23 March 2006 (in French) in order to eradicate the wage gap between men and women, but without any sanctions being imposed. Finally the law of 9 November 2010 (in French), reforming the pension system, included a penalty of up to 1% of the payroll costs for companies with at least 50 employees, and which had not met their responsibilities to reduce the pay gap by 1 January 2012. This law was supplemented by a decree dated 7 July 2011 (in French) and a circular dated 28 October 2011 (in French, 2.31Mb PDF) detailing how the penalty will be applied.

この枠組みは、実は高齢者雇用で既にとられているようで、

The idea of imposing sanctions to tackle the gender pay gap stems from a similar policy introduced in 2008 to increase the employment of older workers. Noting that France was employing fewer older people than its neighbours, in the law of 17 December 2008 (in French) the state compelled businesses and companies with at least 50 employees to negotiate on the employment of older workers by imposing a penalty of 1% of their total remuneration costs on those companies that did not comply.

高齢者を雇わない企業にも人件費の1%の罰金が科せられているんですね。

いかにもフランスらしい国家主導の労働政策ですが、そういうやり方はやらない他の国でも、政策の方向性は共通であることは確かです。

« 台湾の興味深い政策 | トップページ | スターリンは「大衆の支持を得た権力」じゃなかったと思うけど »

コメント

日本の問題ってそこではなくて、
仕事と家庭の分業に最適化された労働環境で
共働きを推進しようとしてるところのあると思うわけで

男女賃金格差の問題は、労働条件における男女の差別および逆差別の問題を考えさせられます。

女性は妊娠、出産、保育という負担があります。また、子育てや介護においても女性の方が多くの役割を担っているのが実情です。このような点を考慮すると、労働条件において女性は保護されるべきでしょう。

しかし賃金や待遇が同じで、女性に対して残業拒否、短時間勤務、転勤拒否等を認めると、男女の逆差別になります。

男女の逆差別があるなら、賃金や待遇において男女の差別はなくならないように思えます。なぜなら、雇用主は逆差別の代償を払ってまで、女性を男性と同じ条件で雇うというインセンティブが働かないからです。

結局、男女を問わず働き方を選べることが必要になります。労働の経済的な意味が、“企業利益のため”、というだけでなく“社会の利益のため”という意識が共有される必要があるように思えます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 台湾の興味深い政策 | トップページ | スターリンは「大衆の支持を得た権力」じゃなかったと思うけど »