« 旧著短評 | トップページ | 中町誠編『裁判例にみる 企業のセクハラ・パワハラ対応の手引』 »

読み忘れられていた拙著が・・・

もう2年半前になる2009年7月に出版された拙著『新しい労働社会』(岩波新書)が、その時に社労士の小塚真弥さんによって買われたのですが、読まれないまま2年半が過ぎ・・・

http://blog.goo.ne.jp/officekozuka/e/c74038d982597e5f62a8faba8d745818(読み忘れ)

>3年前の夏に購入していたようだ・・・。
なぜ読み忘れていたのだろう。

読み忘れられていた拙著を、何かのきっかけで見つけられたようで、

>昨今の雇用問題について、皮相な議論ではなく、歴史的経緯や諸外国の状況に言及ししつつ、問題を構造的に解説している。何より現実的な提言が、けれん味なくて素晴らしい。(偉そうでスミマセン)

と評していただいております。

現実社会の問題を取り上げて論じた本というのは、数年経つとあっという間に古びることが多いのですが(特に経済評論系)、さいわい拙著については、アクチュアルな本として読んでいただけているようで、有り難いことです。

何より現実的な提言が、けれん味なくて素晴らしい」という評語が、わたくしの思いを見事に言い当てていただいていて、嬉しい限りです。

|

« 旧著短評 | トップページ | 中町誠編『裁判例にみる 企業のセクハラ・パワハラ対応の手引』 »

新しい労働社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/43894275

この記事へのトラックバック一覧です: 読み忘れられていた拙著が・・・:

« 旧著短評 | トップページ | 中町誠編『裁判例にみる 企業のセクハラ・パワハラ対応の手引』 »