« 日本の特殊な労働慣行の形成過程がわかる「日本の雇用と労働法」 | トップページ | 「ふざけた職場にいつでもノーを突きつけられる」社会こそ「無理せずに誰でも働ける社会」 »

非正規労働問題と集団的労使関係の再構築(上)

アドバンスニュースの「新春特別寄稿」ということで、本日から3回連載で「非正規労働問題と集団的労使関係の再構築」というエッセイを寄せております。

リンク先には、いろいろと面白い記事も多くありますので、是非下のリンク先へどうぞ。

http://www.advance-news.co.jp/interview/2012/01/post-96.html

>国会で再び動き出した労働者派遣法の改正問題、また労働政策審議会での有期契約労働を巡る議論など、正社員ではない形態で働く労働者の保護をめぐる動きが加速している。果たして、これらに“死角”はないのか。労働法制の第一人者である労働政策研究・研修機構の濱口桂一郎統括研究員の寄稿を3回にわたって掲載する。(報道局)

・・・・・

|

« 日本の特殊な労働慣行の形成過程がわかる「日本の雇用と労働法」 | トップページ | 「ふざけた職場にいつでもノーを突きつけられる」社会こそ「無理せずに誰でも働ける社会」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 非正規労働問題と集団的労使関係の再構築(上):

« 日本の特殊な労働慣行の形成過程がわかる「日本の雇用と労働法」 | トップページ | 「ふざけた職場にいつでもノーを突きつけられる」社会こそ「無理せずに誰でも働ける社会」 »