フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« リフレ真理教 | トップページ | 職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告(案) »

2011年12月27日 (火)

心理的負荷による精神障害の認定基準

既に研究会報告で周知の通りですが、心理的負荷による精神障害の認定基準についての通達が昨日発せられました。

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001z3zj.html

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001z3zj-att/2r9852000001z43h.pdf

これにより、今後の労災認定はこの基準によって行われることになります。

その概要は

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001z3zj-att/2r9852000001z43b.pdf

のとおりで、「極度の長時間労働」を月160時間程度の時間外労働と明示し、「心理的負荷が極度のもの」に強姦やわいせつ行為等を例示したこと、強い心理的負荷となる時間外労働時間数として、発病直前の連続した2か月間に、1月当たり約120時間以上、発病直前の連続した3か月間に、1月当たり約100時間以上、「中」の出来事後に、月100時間程度等の具体的な数値を示しています。また、評価期間についても、セクシュアルハラスメントやいじめが長期間継続する場合には6か月を超えて評価するとしています。

« リフレ真理教 | トップページ | 職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告(案) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心理的負荷による精神障害の認定基準:

« リフレ真理教 | トップページ | 職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ報告(案) »