フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 非大学型高等教育 | トップページ | 高齢者雇用たたき台 »

2011年12月14日 (水)

高齢者雇用のマッチポンプ?

本日の朝日新聞の1面トップは、でかでかと「65歳まで再雇用義務化 希望者対象に厚労省方針」と書いてあって、何か大変なスクープかと思いきや、

http://www.asahi.com/business/update/1213/TKY201112130695.html?ref=any(65歳まで再雇用義務化 希望者対象に厚労省方針)

>年金の支給開始年齢引き上げに合わせて60歳以上の雇用を確保するため、厚生労働省は、65歳まで希望者全員を再雇用するよう企業に義務づける方針を固めた。2013年度から実施する考えだ。

いや、「方針を固めた」って、とっくに固めてますがな。少なくとも希望者全員65歳までという高齢研報告を出した時には。

問題は、それに経営側が乗ってくれるかどうかであって、まさに労政審で、労務屋さんも参加して議論しているわけで、こういう記事を書いたすぐ後に、

http://www.asahi.com/business/update/1214/TKY201112140159.html(経団連会長、65歳まで雇用義務づけに慎重姿勢)

>経団連の米倉弘昌会長は14日、厚生労働省が65歳まで希望者全員を再雇用するよう企業に義務づける方針を固めたことについて「一律に65歳まで義務化するのではなく、働きたい人が働くような場を作っていく(ことが大事だ)」と慎重姿勢を示した。連合との懇談会後、取材に答えた

という記事を流すんですから。マッチポンプですかね。

この問題、希望者全員自社での再雇用でなければいけないのか、とか、まだ議論されるべき所はあるはずで、この米倉会長の発言も、正確なところは分かりませんが、「働きたい人が働くような場を作っていく」という言葉を熟読すると、いろいろとヒントがあるのかも知れません。

まだ今日の基本問題部会に提示された資料はアップされていませんが、出たらまたその時に。

今朝の記事でむしろ注目すべきは、

>一方、不安定な雇用が問題となっている、契約社員、期間従業員などの有期雇用については期間に上限を設け、契約満了の時期を決めない無期雇用への転換を促す。

という方でしょう。

こちらは、本日の労働条件分科会の資料がさっそくアップされています。

http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001y3ht-att/2r9852000001y3lo.pdf

>有期労働契約は一定年数を超えて反復更新された場合には、労働者からの申出により、期間の定めのない労働契約に転換させる仕組み(転換に際し期間の定めを除く労働条件は従前と同一とする)を導入することについては、雇用の安定や有期労働契約の濫用的利用の抑制という観点から、評価できるのではないか。

と、かなり積極的な、これで行きたい感がにじみ出る文章となっています。入口規制の方は「懸念」「慎重」という言葉が躍っていますが。

あと、「不合理な雇止めへの対応」というところで、東芝柳町と日立メディコを法文化するとした後に、「パナソニックプラズマディスプレイが参考になる」と書かれている趣旨が、いまいちわかりにくいです。

あと、均等関係では、

>「期間の定め」を理由とする差別的な(不利益な)取扱いと認められるものであってはならない

と、かなり踏み込んでいます。

やはり、出口のところが焦点でしょうね。経営側としてはどう出るか。

« 非大学型高等教育 | トップページ | 高齢者雇用たたき台 »

コメント

 普段はまったく利害が異なるのに、日商会頭の反対意見に妙に共感してしまいます。
 私のような劇場施設の委託・再委託の労働者(それもオンコール若しくは個人請負な私)は、厚労省の方針を聞いたところで、所詮は“正社員の正社員たる地位の延長”でしかないわけです。
 採用枠が限られているのに、そこに予約券(若しくは指定席券)を持った正社員が殺到して満席になるわけです。いや、殺到ではなく並ばなくとも座れるようになるんです。その分、自由席が減らされるのかな~と。
 せめて、老いたる60歳のスタートラインとしては、競争原理まで改善してもらいたいです。スタートラインが65歳まで遠のくのは寂しいので、その意味では正社員だった人は我らと60歳で戦ってほしいものです(我らとて勝つ可能性も少しはあるので・・)。

 65歳になってから生活と医療介護費用と葬儀費用をかけてお互いに戦い合うのは酷です。当に生死を賭けた死闘になりそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者雇用のマッチポンプ?:

« 非大学型高等教育 | トップページ | 高齢者雇用たたき台 »