フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 年末最高ジョーク | トップページ | 無理せずに働ける社会という理想へ »

2011年12月30日 (金)

大石玄「アニメ《舞台探訪》成立史――いわゆる《聖地巡礼》の起源について」

大石玄さんは、連合総研の労働法改革の研究会でご一緒した仲ですが、現在は釧路工業高等専門学校に勤務しておられます。

一方で、以前からブログではアニメ等への深い造詣を示しておられましたが、そちらの方の研究成果の一端を、今回釧路高専の紀要に発表されたようです。

http://d.hatena.ne.jp/genesis/20111226/p1

http://kushiro.sociallaw.info/thesis/20111216_genoishi_historyofanimetourism.pdf

>・・・困ったことになったのは,その後のこと。論文は書き上がったものの掲載してもらえる媒体が見つからない――ということになってしまったのです。このテーマの先行研究は〈観光学〉もしくは〈社会学〉の領域で発表されているのに対し,私の出自は〈法律学〉と〈地域研究〉なもので,投稿を希望しても受けいれてもらえないという事態に……。発表媒体を探すのに1年ほどを費やしていたところで釧路高専への赴任が決まり,ようやく発表の運びとなったものです。

わたくしには到底中身について論評するだけの素養はありませんが、本ブログの読者の中には興味深く読んでいただける方々もおられるのではないかと思い、ここに紹介する次第です。

« 年末最高ジョーク | トップページ | 無理せずに働ける社会という理想へ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 年末最高ジョーク | トップページ | 無理せずに働ける社会という理想へ »