フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 第2回生活保護制度に関する国と地方の協議 | トップページ | ガラスの床 »

2011年12月 2日 (金)

名古屋市民税減税:職員の残業手当削減で財源捻出

毎日の記事から、

http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111202k0000m010130000c.html

>名古屋市の河村たかし市長が条例成立を目指す市民税減税の財源捻出案として、市長率いる「減税日本」市議団が市職員の超過勤務手当(残業手当)などを3割程度減らす人件費削減の提案を検討していることが1日明らかになった。

>減税日本関係者によると、削減を検討しているのは超過勤務手当と管理職手当。今年度当初予算で超過勤務手当は約74億3000万円、管理職手当は約11億8000万円が計上されている。両手当を3割削減すると約25億8500万円が捻出でき、来年度に7%の市民税減税を実施した場合の収支不足額29億円のほとんどをカバーできる。

いや、もちろん、残業の削減は極めて重要です。

本当に、市長の指導のよろしきを得て、市職員の残業が3割も減らせるのであれば、まことに慶賀すべきことであり、他の地方自治体もよろしくこれを見習うべきでありましょう。

ただ、わが国の法制度について遺漏のあるはずのない減税日本のことですから、万が一にもあり得ないと思いますが、これが残業はそのままに、残業代だけを3割減するという趣旨であるとするならば、それは労働基準法違反を政策として遂行するということになりかねないことだけは、(もちろん重々承知の上ではありましょうが)念頭に置いておく必要はあろうかと思います。

今さら言うまでもなきことながら、国家公務員と異なり、非現業の地方公務員には労働基準法が原則として適用されます。

適用される法律で言うと、県立病院と変わりません。

ただ、県立病院の場合、労働基準監督署が監督するのに対し、「その他の官公署」の場合は、人事委員会がその職権を行使する義務があるというだけです。

この場合、労働基準法という国家の法律を施行するのであって、一名古屋市の条例や規則を施行するのではありません。

言うまでもない当たり前のことばかりで申し訳ないですね。

« 第2回生活保護制度に関する国と地方の協議 | トップページ | ガラスの床 »

コメント

残業をなくすのではなく
単に残業代のカットって
なんのマネージメントも
管理能力も必要ないという証明ですね。
多くのブラック企業にならうというのは
おかしいわけで
多くのブラック企業にあるように
管理できない(経営できない)経営陣が
こういった残業「代」のカットを考えているようなもので、法律違反の問題はさておくにせよ、
自分たちの能力がないことを明らかにしているようで嫌ですね。

釈迦に説法ですが、国家公務員も労基法が適用されないだけで、サービス残業の強要は違法行為ですね。国家公務員ならサービス残業させてもOKという誤解を与えるおそれがあるので指摘しておきます。

形式上強要してなくても、サービス残業が横行している現況ですら、法的には色々とまずい状況な訳ですが。

超勤命令も出てないのに職場で何してるの?とか、超勤命令無しということは業務外なのに、業務機器を使ってるのは私的流用なの?とか、ツッコミ所は色々有る訳です。

上司の黙認も、厳密には、色々な法的問題を含む訳ですしね。

あれほど人が余っていて暇そうなのに、残業をしなければならないというのは異常では? ちゃんと昼から働けば残業は必要なくなるんじゃないでしょうかね。まあ公務員を働かせるのは大変だと思いますが、、、

>あれほど人が余っていて暇そうなのに
いまや大抵の自治体では、軽作業や一時的に発生する業務に関しては非正規・臨時雇用の職員を充てるのも珍しくないということはご存じないようですね。
加えて、「公務員」といっても皆が同じセクションで似たような仕事をしているわけではなく、仕事ぶりも千差万別であることぐらいは社会人には常識かと思っておりました。
……等と申し上げますと「だったら各業務を民間に発注し、公務員の業務も市場競争に晒すべきである」という短絡的な意見が出てくるものなのですが、外部発注だけで賄いきれない業務、また市場化に馴染まない非効率的な業務を担うのが公務員というセクターであることぐらいは、「世の中の仕組み」として弁えておくべき知識かと存じます。

誠に僭越ながら、貴方が把握しているつもりの「現実」が所詮は事実の一断片でしかないことに対して、もう少し謙虚に構えられることを進言致します。

鬼木さんはずいぶん公務員のお仕事にお詳しいようですね。なぜ、そういう人がここまで必死になって公務員を擁護するのか分かりませんが(笑)、きっと「私は公務員ではありません」とおっしゃるのでしょう。鬼木さんがいくら「自分は公務員ではありません」と主張したとしても、それを立証する方法は何もないのですから、全く無意味なことですが。
 でも、鬼木さんの書き込みを見て、「公務員もちゃんと働いているんだなあ」と思う民間人はおそらく皆無でしょう。むしろ反対に、公務員に対する反感を高める人が多いんじゃないかな。鬼木さんが、表面的には公務員を擁護しているように見せかけて、実は公務員に対する世間の反感を高めようとしているのなら、実に巧妙だと思います。

>鬼木さんがいくら「自分は公務員ではありません」と主張したとしても、それを立証する方法は何もないのですから、全く無意味なことですが。

CramClam様、早朝からお疲れ様です。しかし、裏を返せば「鬼木は公務員である」と貴方が立証する手立ても皆無なのですから、全く無意味かつ残念な言及ですね。相も変わらず「存在しないものが見えてしまっている」ご様子で。病膏肓に入る、といったところでしょうか。
さておき、いまどき4年制大学を卒業して一般企業に就職していれば、中高の同窓生なり仕事の関係先なりで公務員と接触する機会はそれなりにあるものです。その点に於いては当方も、公務員の業務内容に関しては、ごく一般的な知識しか有しておりません。

>むしろ反対に、公務員に対する反感を高める人が多いんじゃないかな。

貴方の仰っている「公務員」とは、市役所の出先業務に携わる臨時職員のことですか? それとも都立高校で鬱病寸前になっている若手教師のことですか? あるいは霞ヶ関で無難に出世している中堅キャリアのことですか? それぞれ該当する知人がおりますが、私は彼らの献身的な仕事ぶりに敬意を表しこそすれ、反感を抱いたことなどありませんよ。
貴方の身近に「ちゃんと働いていない公務員」が実在するのであれば、個別のケースについて関係先に意見すれば済む話です。私怨を書き散らしたいだけならば、他にもっと相応しい場があるものと存じます。

>県立病院の場合、労働基準監督署が監督するのに対し、「その他の官公署」の場合は、人事委員会がその職権を行使する義務があるというだけです。

監督はそうですが、労基法違反には罰則があり、悪辣な違反行為については、司法警察員が捜査し、裁判所が刑事罰を下すということも付記しておきたいです

残念ながら、労働刑事法は、ほとんど機能停止状態です。違法状態をチェックしない人事委員会や、行政指導だけで刑事機能を発揮しない労働基準監督署を軽視して運用している地方自治体が野放しです

本当は自治労も違法行為に敏感になるべきなのですが、自治労も権力闘争だけに興味があるようで、労働法を勉強する気運に乏しいのが実態です

労働刑事の発動があったら、自治体の多くは解体されるのでは????

私は、鬼木さんが公務員だなどとは書いてませんよ。私が書いたのは、鬼木さんが公務員のお仕事に大変お詳しいらしいことと、鬼木さんが公務員を必死になって擁護しているっていうことだけです。
 鬼木さんが書いているほど、国民が公務員の仕事っぷりをよく知っているのなら、なぜこれほど公務員に対する非難の声が高いんでしょうか。いや、むしろ国民は公務員の仕事っぷりを知っているからこそ、公務員が非難されているのかもしれませんね。

 それにしても、鬼木さんが書けば書くほど国民の公務員に対する反感が高まっていくでしょうね。おそらく、鬼木さんは、表面上は公務員を必死になって擁護しているように見せかけて、実は公務員に対する反感を煽っているのでしょうね。それなら大成功しています。大変、お上手です。

>私が書いたのは、鬼木さんが公務員のお仕事に大変お詳しいらしいことと、鬼木さんが公務員を必死になって擁護しているっていうことだけです。

CramClam様、朝早くから大層ご熱心でいらっしゃいますね。お勤め前にあまりご無理はなさらずに。
先にも書きました通り、私が公務員の業務に関して存じておりますのは、大卒で一般的な人付き合いを維持していれば得られる程度の、ありふれた情報に留まります。その程度のことをしゃにむに否定してかかるということは、CramClam様は社会経験がごく限られているか、あるいはポジショントークを繰り広げなければならない理由がおありなのでしょうね。

>それにしても、鬼木さんが書けば書くほど国民の公務員に対する反感が高まっていくでしょうね。

過分な評価を頂き恐縮です。しかし、私のこの場でのコメントは、老婆心からCramClam様の事実に対する軽侮や想像力の欠如を指摘させて頂くのが目的でした。私ごときのコメントを見て公務員への憎悪を募らせるような向きは、(CramClam様ご自身も含めて)もともと公務員への敵意に満ち溢れているような方々でしょうから、あまり関係ないと思いますよ。

>CramClam様、朝早くから大層ご熱心でいらっしゃいますね。お勤め前にあまりご無理はなさらずに。

あいにく、鬼木さんのように平日の昼間にネットに書き込みが出来るような良い身分ではないもので。落ち着いてネットが出来るのは、朝早起きしたときぐらいしかないのですよ。

 とにかく、鬼木さんによれば、「大卒で一般的な人付き合いを維持していれば」公務員の仕事について十分な情報が得られるということですね。国民が十分に公務員の仕事を理解した上で、これほど厳しく公務員が批判されているのですから、これはなんとかしなければいけないでしょう。鬼木さんは、なぜ今の公務員がこれほど批判される原因は何か、どのように公務員を改善するべきか、意見はありますか。そういう前向きな意見が出せないのなら、結局ごちゃごちゃ言って改革の足を引っ張る守旧派にすぎませんよ。

 まあ、考え方を変えれば、鬼木さんのように「私は公務員ではありません」とか言いながら平日の昼間に国民の反感を買うようなやり方で公務員を擁護することによって、国民の反感を煽るというのは、公務員改革を進めるために最も有効な方法かもしれませんね。国民の怒りが改革を進めるエネルギーになるでしょうから。

>あいにく、鬼木さんのように平日の昼間にネットに書き込みが出来るような良い身分ではないもので

私の仕事ぶりにまでご配慮頂き、誠に汗顔の至りです。ですが単純な話で、移動や休憩の時間にコメントしているだけですから、何らご心配には及びません。私などからすれば、毎朝ブログのチェックをできるほどゆとりをお持ちのCramClam様の方が、よほど羨ましく思えます。
但し一つ申し添えておきますと、CramClam様は何かと私の"属性"を批判されようとしておられますが、互いの身元が明らかでない場における「属性批判」は何らの意義も持ち得ませんし、非常に稚拙なレトリックに映ります(ネット右翼の「朝鮮人」呼ばわりと同レベルです)。まして、こちらのブログをご覧の方は「例の3法則」についてよくご存じの方が多いはずで、CramClam様のことを「悪い見本の実践例」と憫笑を浮かべているのでは、と些か気がかりにさえなって参ります。

>鬼木さんは、なぜ今の公務員がこれほど批判される原因は何か、

不景気の長期化により民間企業で労働環境が悪化し賃下げ圧力も増大した結果、公務員が相対的に「魅力のある」職種となっていることは無視できません。公務員の身分保障とは本来、様々な経緯を踏まえて確立されてきた権利であり、それらを縮減・廃絶する場合は社会的・政治的なデメリットを慎重に勘案すべきであることは貴方もご存知でしょうが、そうした身分保障=既得権=悪、という(不適切な)アングルを設定することで短絡的な「改革」圧力が噴出しているのが現状だと私は捉えております。
従って、
>どのように公務員を改善するべきか、意見はありますか。
CramClam様が何を問題視なさっておられるか判然としないためコメントしようがないものの、「改善」「改革」しか対応が有り得ないかのような議論が無意味なのは明らかです。そもそも「改善」すべきは自分たちの労働環境であるはずなのに、それがかなわない憤懣を公務員に「改善」を強いることで晴らそうとするかのような主張は、社会全体にとって有害ですらあり得ます。
無論、例えば後付けの贈賄行為に他ならない「天下り」は厳しく監視されるべきですし、公務員の不祥事・怠業など具体的な事例があれば、個別に批判・告発がなされるべきだとは思いますが。

最近原発がらみでリスクの本を読んでいるのですが、それに書かれていた「素朴なリアリズム(Pronin 2004)」という社会心理学的モデルがぴったりあてはまるように思えたのでご紹介申し上げます。

A.私は世界をありのままに見ている
 (自分の客観性に対する幻想:他人は自分よりも有利不利により言を左右するはず、権力を恐れて言を左右するはず・・・)
 (実験や調査で確認された新たな証拠に直面した時、歪めて認知する)

B.わけのわかった人なら同じように考えるはずだ
 (第三者に調べさせれば自分が正しいと証明されるはずとの確信)
 ("false consensus effect,")

C.もし、そうならなかったとすれば、その理由は…
 (十分な情報を持たないからだ)
 (バイアスがかかっているからだ)
 (特異な性質・特殊なイデオロギーの持ち主だからだ)

というフレームです

 最初に断っておきますが、私は自治体の公務員です。
 市民課のような役所の窓口って、「窓口専門職員」が張り付いているのではなくて、当番で担当しているのが一般的だと思います。
 なので、当番の時は自分の仕事を棚上げして来客を待つことになります(役所の仕事って、ほとんどの仕事が個人情報の塊なので窓口に仕事を持ち出したりは出来ないので)。
 なので、来客が来るまで「客待ち」状態になるので暇そうに見えると思います。
 よく例に出される市民課などは、窓口で行っている業務はほんの一部で、他の外部には見えない業務をたくさん抱えています。

>CramClamさん

横から無粋なツッコミ申し訳ないですが、

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-d0c3.html

上記エントリに対する熱心かつ頻繁なコメントぶりからは、

>あいにく、鬼木さんのように平日の昼間にネットに書き込みが出来るような良い身分ではないもので

とはとても思えないのですが。
社会人なら働いてるのが普通の時間に書き込んでおられますしねえ…

一中年様、ClamCramもといCramClam様が個人とは限らないので、そのような突っ込みは野暮かと。

どれ程現場が大変であろうと、CramClam様のような不満はどのみち出てくるでしょう。具体的な業務の分析もなく匿名で不満を書けばいいならばそのコストはほぼゼロですから。

いっそのこと窓口業務全体をアウトソースして、全て電子申請にしてしまい、対人窓口の規模を最小化してしまったらどうかと思います。学校も全て塾にしてしまう。

失うものは多いでしょうがCramClam様のような「民意」を反映することにはなるかと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋市民税減税:職員の残業手当削減で財源捻出:

« 第2回生活保護制度に関する国と地方の協議 | トップページ | ガラスの床 »