« 日本労働法学会@立教大学 | トップページ | じゃぱにいず・びじねすまん »

アドバンスニュースで拙著書評

「生きる 働く 明日の活力」アドバンスニュースの「ピックアップコラム」で、拙著『日本の雇用と労働法』が取り上げられました。筆者は「のり」さんです。

http://www.advance-news.co.jp/column/2011/10/post-125.html

>労働法制研究の第一人者が書き下ろした概論書。日本の雇用システムと労働法制が、明治以降の戦前戦後を通じて、どのような経過をたどって現在に至ったかを概括している。

>・・・「入門書」としてはむずかしい部分もあるが、現在の労働分野の問題にどんな歴史的な経緯があったのか、それを勉強するには恰好の1冊。 (のり)

確かに、入門書の域を超えているところがありますね。ただ、その辺は読み飛ばしても、全体像はつかめるようになっております。

|

« 日本労働法学会@立教大学 | トップページ | じゃぱにいず・びじねすまん »

日本の雇用と労働法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/42554006

この記事へのトラックバック一覧です: アドバンスニュースで拙著書評:

« 日本労働法学会@立教大学 | トップページ | じゃぱにいず・びじねすまん »