フォト
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 海老原嗣生『就職、絶望期』扶桑社新書 | トップページ | 旧著短評 »

2011年10月11日 (火)

ものづくり中小企業の人材育成

来月(11月)15日に行われるJILPTの労働政策フォーラムは、ぐっと渋く「ものづくり分野における中小企業の人材育成・能力開発」です。

http://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20111115/info/index.htm

わが国のものづくり分野の中小企業においては、生産拠点の海外進出やグローバル化にともなうアジア諸国等の企業との競争など厳しい環境のもとでその存立基盤を保っていくことが求められています。しかしながら、若年者の製造業離れや技能者・技術者の高齢化などから、競争力や存立基盤を支える人材の確保や育成、能力開発の面で課題を抱える企業が少なくありません。

 本フォーラムでは、人材育成・能力開発に取組むものづくり中小企業の事例を紹介するとともに、そうした取組みを支える業界・地域における体制の整備や、公共教育機関との連携などのあり方について、議論をします。

日時 2011年11月15日(火曜)13時30分~17時00分(開場13時)
会場 浜離宮朝日ホール 小ホール

パネリストも、あまりの渋さに、男泣きしたくなるほどです。

基調報告
中小製造業の人材育成支援策の現状と今後について 
志村幸久 厚生労働省職業能力開発局能力開発課長

研究報告
ものづくり中小企業における人材の確保と育成―課題と可能性を探る― 
藤本 真 労働政策研究・研修機構副主任研究員

事例報告
人財育成への道しるべ 
勝山 勲 栗田アルミ工業株式会社社長付・人財育成チーフマネージャー

町工場の人材教育事例報告 浜野慶一 株式会社浜野製作所代表取締役

米沢における地域人材育成の取組み 横山繁美 米沢ビジネスネットワークオフィス地域情報プロデューサー

パネルディスカッション
パネリスト:
志村幸久 厚生労働省職業能力開発局能力開発課長
勝山 勲 栗田アルミ工業株式会社社長付・人財育成チーフマネージャー
浜野慶一 株式会社浜野製作所代表取締役
横山繁美 米沢ビジネスネットワークオフィス地域情報プロデューサー
藤本 真 労働政策研究・研修機構副主任研究員
コーディネーター:
佐藤 厚 法政大学キャリアデザイン学部教授

このような渋いテーマをここ数年来追い続けてきたのが、JILPTの俊英藤本真さんで、おそらく今回の労働政策フォーラムは、藤本さんの今までの研究成果の集大成的位置づけなのではないかと思われます。

藤本さんの今までの研究成果はここにずらりと並んでいますので、関心があればリンク先を見てください。

http://www.jil.go.jp/profile/fujimoto.html

•◎『中小製造業(機械・金属関連産業)における人材育成・能力開発』(労働政策研究・研修機構 労働政策研究報告書 No.131),2011.
•◎『中小サービス業における人材育成・能力開発―アンケート調査結果―』(労働政策研究・研修機構 調査シリーズNo.74),2010.
•◎『変化する経済・経営環境の下での技能者の育成・能力開発―機械・金属関連産業の現状―』(労働政策研究・研修機構 調査シリーズNo.72),2010.
•◎『中小サービス業における人材育成・能力開発』(労働政策研究・研修機構 労働政策研究報告書 No.118),2010.
•◎『中小企業経営者団体による人材育成・能力開発-サービス業の団体における取組み-』(労働政策研究・研修機構 調査シリーズNo.64),2010.
•◎『ものづくり産業における技能者の育成・能力開発と処遇―機械・金属関連産業の現状―』(労働政策研究・研修機構 労働政策研究報告書 No.112),2009.
•◎『中小企業における能力開発・人材育成-予備的考察-』(労働政策研究・研修機構 労働政策研究報告書 No.103),2008.
•◎『ものづくり産業における人材の確保と育成―機械・金属関連産業の現状―』(労働政策研究・研修機構 調査シリーズNo.44),2008.

« 海老原嗣生『就職、絶望期』扶桑社新書 | トップページ | 旧著短評 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ものづくり中小企業の人材育成:

« 海老原嗣生『就職、絶望期』扶桑社新書 | トップページ | 旧著短評 »