フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 若者優遇はもう終わりにしよう@非国民通信 | トップページ | 山下ゆ氏の八代著評 »

2011年9月 8日 (木)

そこまでリフレ派が追い込まれている証拠@「暴言日記」

最近話題の「ウヨリフ」現象についての、やや醒めた、かつ幾分か同情的な気配もある、しかしながら基本的には「あ~あ」感の漂う、「暴言日記」さんのコメントです。

http://blogs.yahoo.co.jp/zhang_r/29396914.html(どうでもいいんですが )

>まあ、どうもいいんですけど、リフレ派が右翼の人たちとつるむようなった理由もあるんですね。

 まず、リフレ派の基本的な立場は、デフレ下の増税・財政再建は大不況と経済崩壊を招くという理解があり、しかし菅政権以降の民主党はこの崩壊の道を進んでいて、しかも大手メディアもなぜ増税による財政再建に好意的で、リフレ派はどこに言っても極論扱い。私も含めて、社民・福祉国家派の人も増税には好意的。

 焦燥にかられた田中先生たちは、(それまでやや手加減していた)日銀・財務官僚バッシングに舵を切るが、ネット上で単純すぎるとか陰謀論に過ぎないとか、いろいろ批判を浴びる結果になる。結局まともに相手にしてくれるのは、民主党を批判してくれる人たちなら何でもいいという、産経などの右派メディアというわけです。彼らからすれば、リフレ派は「経済のことを何も知らない素人集団」と民主党を説教してくれればそれでいいわけです。

 自分がリフレ派に批判的になったのは、リフレ政策に少し理解があるというだけで、それまでさんざん批判してきたはずの歳出削減・構造改革派と露骨に手を組むようになったことです。社会保障の民営化や削減を言っている人も、日銀の金融政策を批判していればみんなウェルカムなんて、そりゃ言っていることが違うじゃないか、というわけです。

 右傾化したという批判は、若干酷なんじゃないかなあ。そこまでリフレ派が追い込まれている証拠で、それに野田政権の財政再建主義志向には極めて危険なものを感じるので、リフレ派には少し頑張ってほしいという気持ちもありますね。しかし頑張れ頑張るほど、なぜか世の中が逆に向かってしまい、またその少数派意識が、リフレ派の歪んだプライドを醸成し、支持者を減らしていくという悪循環になっているわけですが・・・。

この最後の一節が、「りふれは」を心痛く感じつつ冷ややかに眺める元「リフレ派」の複雑な気持ちを良く表しているようです。

(追記)

それにしても、池田信夫氏にこういうことをいわれているようじゃねえ・・・。

http://twitter.com/#!/ikedanob/status/111421614775742465

>リフレ派も日銀批判のネタが尽きると、このごろは「学校の成績が悪いから」とか「財務省にコンプレックスを抱いているから」という話まで落ちてきた。次は「ユダヤの陰謀」かな・・・

池田信夫氏の言うことでも、100%正しいこともある、という一つの例。まあ、ご自分も別の相手には似たような言い方をしていたりするわけですが。

« 若者優遇はもう終わりにしよう@非国民通信 | トップページ | 山下ゆ氏の八代著評 »

コメント

右傾化というのは極めておかしな指摘です。リフレ派に右翼な人がいるという話でしょう。田中氏や飯田氏に、金子氏や上念氏のような右翼と付き合うのは節操がないと言うなら分かりますが。歳出削減にしろ構造改革にしろリフレ派にコンセンサスはないですよ。民主党支持のクルーグマンも、共和党支持のマンキューやロゴフも「高めのインフレ目標」の一点では意見が一致しているわけで。日本に置き換えれば松尾氏と竹中氏でしょうか。

>うーん氏
金子氏や上念氏が「リフレ派=右、デフレ派=左」といったラベリングをしていることに何ら異議を申し立てないでそんなことを言うのは無責任です。リフレ派にはコンセンサスはないって、金子氏や上念氏のラベリングを黙認している点には立派にコンセンサスがあるじゃないですか。リフレ派の中で誰かひとりでも金子氏や上念氏に対して、そういう言動は「ウヨリフ」という認識を招くから慎むべきだ、といった類の批判をしましたか? そういう批判をしないあなたは、金子氏や上念氏のように積極的・能動的に右傾化はしていないにしても、消極的・受動的には右傾化していると看做されて当然です。

>リフレ派に右翼な人がいるという話でしょう。

そうではなくて、相手の政治思想を「全く」顧みていない点が問題なんでしょう?
だいたい、「大同を捨て小異につく」といっても、
>リフレ派にコンセンサスはないですよ。
こんな体たらくで「派」を名乗ること自体がおこがましいんじゃありませんか?

>とおりすがり氏
>鬼木氏

飯田氏や松尾氏やBUNTEN氏に言えば?松尾氏飯田氏rna氏はヤクザに誠実に対応していましたが私は無理。

「人災」事件追記
http://b.hatena.ne.jp/entry/matsuo-tadasu.ptu.jp/essay__100821.html
BUNTEN 随筆 「自分にふりかかってこないかぎり、他人に対する(学理的でない)批判はもともとしません。」俺もそのケは強い。

一犬虚ニ吠ユレバ万犬實ニ傳ウ
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-f890.html

金子洋一氏に投票した件
http://d.hatena.ne.jp/rna/20100817/p2

>うーん氏
このコメント欄で、「右傾化というのは極めておかしな指摘」「リフレ派にコンセンサスはない」と書いたのは、飯田氏でも松尾氏でもBUNTEN氏でもなくあなたです。

飯田氏や松尾氏やBUNTEN氏は金子氏上念氏の
政治思想に共鳴しているのか?あなたもリンク先のヤクザと同じ。

>うーん氏

言葉足らずだったようで申し訳ない。

「リフレ派は右だ」という言説があった際、それが誰によるものかで反応が異なるのはダブスタでおかしい、というのがコメントの根っこにあります。上念氏や金子氏がそうしたことを言ってもリフレ派諸氏はスルーし、他方でhamachan氏や「はてサ」諸氏が言えば事実誤認だとかラベリングだと批判する。どっちも批判するというのでもいいし、どっちもスルーするというのでもいいのですが、片方だけ批判して片方をスルーするのはおかしいと考えます。

で、その「片方」がランダムならばともかく、批判先もスルー先も固定されてます。これが最初のコメントで申し上げた消極的・受動的右傾化ということで、BUNTEN氏は情報量が少ないので判断を留保しますが、飯田氏も松尾氏も免れてはいません。あなたがおっしゃるように政治思想に共鳴していないことには異論はありませんが、問題はそこにはないのです。

改めてまとめるなら、
1.hamachan氏らをリフレ派=右というカテゴライズをもって批判したいなら、上念氏らも同じ点について批判すべき、
2.上念氏らのリフレ派=右というカテゴライズを認容したいなら、hamachan氏らも同じ点について認容すべき、
3.上の2つをとらずhamachan氏らは批判し、上念氏らは認容するなら、消極的・受動的右傾化と看做されて当然だ、
ということです。

根は真っ当で善良なんだけど、付き合う相手を間違えると「胡散臭い連中の仲間」と見なされ、何を言ってもまともに取り合ってもらえなくなる……というのは実にありふれた話。

理屈を言い張るだけで満足できるなら、「学理的な批判」だけを相手にしていれば済むでしょう。だけど世の人々を動かそうと思うなら、理屈の出来具合よりも人間性の方が往々にして重視されるものです。

その程度のことも弁えていない理屈バカに国の行く末を委ねるなんて、私としては考えるだけでも恐ろしい話ですね。

>とおりすがり氏

モリタク氏についても政治面について何も言わず放置しているわけで「消極的・受動的右傾化」と言うなら「消極的・受動的左傾化」と言い換えても成り立ちますよ。森永卓郎が日銀総裁になればいいと言っているぐらいですから。もっとも、モリタク氏はApeman氏周辺には移民で雇用が奪われると主張する排外主義者でしょうが。

「素人大臣」は「ケガの功名」。「デフレ脱却」には日銀の「追加金融緩和策」は力不足。政府は「インフレターゲットの採用」にばく進せよ!経済アナリスト 森永卓郎
http://www.nikkeibp.co.jp/article/sj/20100326/217824/

>鬼木氏
あなたやApeman氏田中氏金子氏上念氏より、松尾氏rna氏飯田氏BUNTEN氏の方がずっと人間的に好きだからどうでもいい。

「気に食わないもの全部まとめて『左』呼ばわりすれば一丁上がり」なんて考えてるような方を相手に何か実のある話をできるなんて、私はハナから期待してませんから、ご心配には及びませんよ。

>うーん氏

また言葉足らずなようで恐縮です。

今回の一連の流れでは、政治的主張の中身そのものは議論の俎上に乗せておりません。ダブスタであること、すなわち整合性を問うております。ですから、森永氏へのスタンスを示されても、議論がかみ合わないのです。

(リフレ派が)右傾化というのは極めておかしな指摘だ、とあなたはコメントされました。ならばなぜ、リフレ派は「愛国」と親和的だと繰り返し主張される上念氏や金子氏に同じような苦言を呈さないのでしょうか? 政治信条について森永氏に何も言っていないのとは異なり、この点については、あなたはhamachan氏に物申していらっしゃいます。したがって、お示しのような言い換えは成り立たないのです。

>とおりすがり氏

twitterならわざわざアカウント作って無駄に色つけて挑発するのやめろと指摘したことありますよ。でもブロックされたのか新規だったのがいけないのかリプライなかったですね。別件でApeman氏にブログで質問したときはレスありましたが、やたら喧嘩腰のレスでしたね。deadletter氏やusi4444氏は好印象でしたが。それでは。

>鬼木氏

あなたのようなApeman氏田中氏同様のヤクザとやり取りする気は毛頭ないから無問題。

>うーん氏

了解いたしました。あなたへの批判の基となった認識が不正確でした。申し訳なく存じます。

長々お付き合いいただきありがとうございました。

 どうもリフレ派の方々は分かってないようです。金融緩和支持の一点だけで団結できると思っているところがです。

 私も、そしておそらくhamachanも暴言日記の方も、リフレ政策自体は否定していないし、どちらかといえば好意的な方でしょう。失業率が改善する政策に反対するわけがないです。

 ただ、リフレ政策が経済のパイ自体を大きくする政策としても、その過程でたとえ一時的にせよパイが小さくなる人もいるわけです。例えば、インフレ政策の雇用なき景気拡大の過程では、失業者はインフレで苦しむでしょう。そのためにも再分配政策とのパッケージが必要だと考えるわけです。
 
 だから金融緩和を支持しているというだけで、緊縮財政・構造改革シバキアゲのショックを緩和するために金融緩和を方便として持ち出しているみんなの党やそのブレーンの高橋洋一と仲良くやっていけるわけがないです。
 いや、別にリフレ派にそういうグループもいていいかもしれもせんが、リフレ政策の支持と同時に彼らの政策の批判もせざるを得ません。
 まして南京事件全否定論者の松原仁を批判せずにはいられません。

 松原仁のような人を放置しておいて、「リフレ政策で経済のパイが拡大するから再分配の原資が増える」と言われて、どこに説得力があるのでしょうか。
 日銀引き受けが尖閣諸島や北方領土や竹島防衛の軍事予算への財政マネタイズにでも使われるんじゃないのと、いやみの一つでも言いたくなりますよ。

「学理的な批判なら」などと嘯いておきながら、リフレーション政策そのものを批判しているのではなく単に振る舞いを窘めているだけの相手が気に食わないからといって「左」だの「ヤクザ」だの、罵倒の語彙まで貧困とはねえ(笑)。
イチャモンを付けてくる相手は「ヤクザ」=自分たちは無条件に「正義」、という無邪気な思い込みが透けて見える辺りも、なかなか興味深いところです。

ともあれ、あなた方の掲げてる「リフレ政策」にしたって、実際にそれで景気が回復するかは(可能性はそこそこあるにせよ)「やってみないと分からない」し、だからこそ誠実に論敵を説得する必要があるということを、もう少し謙虚に見つめた方がいいとは思いますよ。

>鬼木氏

日本語も読めないのかな?deadletter氏usi4444氏とは話ができるとも言っているのに正義うんぬんとは失笑もの。態度がヤクザだと言っているんだよ(笑)だから田中氏もヤクザだと言っているんだよ。松尾氏飯田氏と違って誠実じゃないからあなたやApeman氏を説得する気はさらさらないよ(笑)そもそも論敵とか不思議なこと言うよね。あなたは池田信夫氏の支持者なの(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そこまでリフレ派が追い込まれている証拠@「暴言日記」:

» 池田信夫「Gmailのアカウントが突然、削除された。」 [【2ch】ニュース速報嫌儲版]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/10/03(水) 12:16:37.25 ID:KGEhP97rP ?2BP(1000) @ikedanob池田信夫 2時間前Gmailのアカウントが突然、削除された。グーグルは何やってるんだ。@ik...... [続きを読む]

« 若者優遇はもう終わりにしよう@非国民通信 | トップページ | 山下ゆ氏の八代著評 »