フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 『季刊労働法』234号 | トップページ | 今後のパートタイム労働対策に関する研究会報告書 »

2011年9月15日 (木)

X運輸事件 高年齢者継続雇用と労働条件の不利益変更、同一労働同一賃金原則

L20112079109 『ジュリスト』9月15日号が発行されたので、前号の9月1日号に掲載した判例評釈「高年齢者継続雇用と労働条件の不利益変更、同一労働同一賃金原則 --X運輸事件」をホームページにアップしました。

http://homepage3.nifty.com/hamachan/xunyu.html

この事件、今のところ、労働経済判例速報にしか載っていなくて、そこではなぜか「X運輸事件」となっています。普通、原告の労働者をX、被告の会社側をYと略すのが通例ですが、これは、タイトルでX運輸となっているのを本文でY社といわなくてはいけないという、ややこしいことになっています。

有斐閣の編集部の人は、AとBにしますか?といわれたのですが、それも変なので、やっぱりX運輸をY社と呼ぶことにしました。こういう訳の分からないことにならないよう、判例雑誌の中の人は、会社をXなんて勝手につけないでくださいね。

ていうか、じつはこのX社の本名は、多数組合がフード連合で、少数組合が建交労というのを見れば、組合関係をたぐればすぐ分かっちゃうんですが、まあそれはともかくとして・・・。

中身は、最近マイブーム(?)の高齢者雇用関係ですが、ちょっとひねった切り口になっています。

« 『季刊労働法』234号 | トップページ | 今後のパートタイム労働対策に関する研究会報告書 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 『季刊労働法』234号 | トップページ | 今後のパートタイム労働対策に関する研究会報告書 »