« 自慢できない減っても残業1位 | トップページ | タカラジェンヌの労働者性 »

法学部やロースクールの人がいきなり読んでも理解は難しいのではないか

スラッシュドットの「shimashimaの日記」に、shimashimaさんの拙著『日本の雇用と労働法』に対する短評が。

http://slashdot.jp/journal/539407/%5B%E6%9B%B8%E7%B1%8D%5D%E6%9B%B8%E7%B1%8D%E8%B3%BC%E5%85%A5%EF%BC%A02011%E5%B9%B49%E6%9C%8819%E6%97%A5

ちょっと意外だったコメントは、

>自分の立場は大学時代に人事労務管理・労働経済に興味を持った学士で、労務管理ではなく法的な裏付け、特に判例による実際が指摘されていて興味深い。だが、法学部やロースクールの人がいきなり読んでも理解は難しいのではないかと感じた。

そう感じた大きな点は、労務管理の基礎をしらない人に「職能等級」などの用語が説明無しにでてくるのは辛いのではないだろうか。最低限の労務管理の用語を押さえておけば問題ないので、そこだけは注意した方がよい気がする。

最近は、賃金制度改革に絡む事件が結構多く裁判に出てきているので、少なくとも「職能等級」も知らないようでは、法学部やロースクールでも、まともな判例評釈などできるはずがないと思いますが、逆に外の人からはそういう「浮世離れした人々」だと思われていると言うことかも知れませんよ、法学部系の皆さま。

|

« 自慢できない減っても残業1位 | トップページ | タカラジェンヌの労働者性 »

日本の雇用と労働法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/41912630

この記事へのトラックバック一覧です: 法学部やロースクールの人がいきなり読んでも理解は難しいのではないか:

« 自慢できない減っても残業1位 | トップページ | タカラジェンヌの労働者性 »