フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ

« 最近のネット上のサヨク言論にいささか絶望している@黒川滋 | トップページ | 基礎教養が欠落した人事担当者を教育せよ!@情報労連REPORT »

2011年8月11日 (木)

放射能という「穢れ」

ネトサヨ(という言葉があるのかどうか知りませんが)の唯反原発論を小気味よくなで切りにしてきた非国民通信さんが、正義の味方のつもりのサヨク版ヘイトスピーチ(主観的には正義の味方のつもりという点において、ウヨク版と何の違いもないわけですが)を、見事にぶった斬っています。

http://blog.goo.ne.jp/rebellion_2006/e/80878d6d546eb441df7f2d7a6e83bc9e(こういうのもヘイトスピーチだと思うよ)

>・・・まぁ日頃からそういうことを考えているからこそ、こういう結果にもなるのでしょう。この頃は取り沙汰されることが少なくなった政治家の失言と同様、心にもないことを誤って口にしてしまったとかそういうものではなく、裏で思っている謂わば「真意」の如きものが漏れ出してしまったと見るべきです。普段は良識家ぶって被災地に同情する素振りを見せていても、その実は福島や岩手の住民や産品を汚れた存在とみなしている、影では「セシウムさん」などと読んで嘲笑していたわけです。これが東海テレビ放送だけに限ったことであればいいのですが。

>「セシウムさん」にしても、原発事故の被害をことさらに大きく煽り立てたいという思惑があって、日頃からその機会を待ち侘びていたがゆえのことではないでしょうか。

>・・・「政府の言うことは信用できない」とか「子供に安全なものを食べさせたい」とか言えば、もう何でもありなのでしょう。

>ネット世代のレイシズムは、もしかしたら習慣から発展したものではないかと思えることがあります。つまり、最初からレイシズムに染まってはいたのではなく、外国人への偏見や憎悪の言葉が繰り返される内に、いつの間にかそれが「当たり前」のものとして擦り込まれるようになっていったところもあるように思えるわけです。たぶん最初は、ジョークとして笑いの対象であったものが、いつの間にかそういう言動が「普通」になり、いつの間にか自明の真理であるかのごとく脳裏に刻み込まれていったフシはないでしょうか。そして放射「能」汚染もまた、レイシズムと同様の過程を経て形成されつつあると感じます。・・・本当に福島なり近隣県は汚染されているのだ、忌避しなければならないのだと、あたかもレイシストが信じる外国人の危険性と同じノリで、放射「能」の害が実態とはかけ離れたところで「体感」されるようになっていくわけです。そしてこの憎悪は、放射「能」を糾弾するように装いつつ、結局は福島などの被災周辺地域に襲いかかっていくのです

http://blog.goo.ne.jp/rebellion_2006/e/e886ac5c2d0ecc0f544966ae178c32c2(偏見や嫌悪を煽る声に立ち向かおう)

>・・・そしてこの事例は、「外国人お断り」の論理と似たものがあります。自分は外国人を差別するつもりはないけれど、外国人を不快に思う客もいるからと称して「外国人お断り」の看板を掲げているとしたらどうでしょう? いかに本人が「自分は差別していない」と言い繕ったところで、それはやはり差別を容認し、その背中を押しているに等しいはずです。被災地から送られる松を「不安に思う人もいる」との理由で排除するならば、それはやはり偏見に迎合し、差別を深める結果に協力していると言わざるを得ません。

>何でもかんでも原発のせいにすれば許されがちな時代ですけれど、本人は放射「能」を恐れているつもり、あるいは放射「能」に警鐘を鳴らしているつもりでも、結果として福島どころか岩手まで「穢れ」扱いすることに繋がっていることは強く意識されるべきでしょう。福島第一原発から遠く離れた陸前高田市で幹の内部にまで放射性物質が蓄積することは考えられないですし、現に市と保存会の検査でも放射性物質は未検出だったわけです。にも関わらず根拠のない「不安」を理由に排除が進められてしまうようでは、まさに偏見に基づく排除であり、排外主義の類と何ら変わるところがありません。ある種の人々の頭の中では外国人や隣国の脅威が無限に肥大化しているようですが、同様の感覚を福島や岩手などの被災地に向けている人も少なくないとしたら何とも由々しき事態です。

>・・・放射「能」への恐怖を免罪符とし、偏見や憎悪、忌避感を広めるような言動が幅を利かせている時代ですが、こうしたヘイトスピーチに毅然とした対応を取ること、そして行政や各種の団体にも毅然とした対応を求める意思を平素から明らかにしていくことが求められるところです。

« 最近のネット上のサヨク言論にいささか絶望している@黒川滋 | トップページ | 基礎教養が欠落した人事担当者を教育せよ!@情報労連REPORT »

コメント

白河以北一山百文
この言葉が今時点でも通用しています。
東北の私たちはあまり物事を言わず我慢します。
しかし、実際には心の中で蓄積しています。
それがいつかは暴発すると思います。

首都圏をはじめ大都市の方々がしっているかわかりませんが
福島県をはじめとして東北地方には原発以外にも東電の発電所、東電が権利を有している発電所が非常に多くあり、原発を除いてすくなくとも2500万キロワット以上の東電が所有している
発電所、権利を有している発電所があります。
100年前から大量の電気が送電され続けています。(猪苗代の水利権を大量に東電は持っており、郡山市は水道水の原水代として3億前後毎年東電に支払っています。)
震災や豪雨、稼働率を考慮しても東北から首都圏は東北地方が
最大使用する電力と同等の電力を今時点でも東北から受電または受電する権利を持っています。
 玉突きで周波数変換変電所を通して中部電力管内や関西電力管内まで東北の電力が間接的に送電されています。

それを東北以外の方々がしっているとは思えません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射能という「穢れ」:

« 最近のネット上のサヨク言論にいささか絶望している@黒川滋 | トップページ | 基礎教養が欠落した人事担当者を教育せよ!@情報労連REPORT »