« 竹森俊平氏の増税による公共事業論 | トップページ | 残業だろうが前業だろうが時間外労働に変わりはないのですが »

ドルココさんの拙著短評

久しぶりに、読書メーターに拙著『新しい労働社会』の短評がアップされています。ドルココさんという方です。

http://book.akahoshitakuya.com/cmt/13009954

>現代の雇用システムは「職務のない雇用契約」から成立し、それこそが労働問題の根源である。また、正社員と非正規労働者間での利害の再分配こそが、市民一人一人に問われている問題である。法制史を丁寧に検討しながら、労働問題の構造を解き明かす一冊。労働問題を語るなら必読。

真摯に読んでいただき、ありがとうございます。

|
|

« 竹森俊平氏の増税による公共事業論 | トップページ | 残業だろうが前業だろうが時間外労働に変わりはないのですが »

新しい労働社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/41368610

この記事へのトラックバック一覧です: ドルココさんの拙著短評:

« 竹森俊平氏の増税による公共事業論 | トップページ | 残業だろうが前業だろうが時間外労働に変わりはないのですが »