« 「法と配慮板挟み」って、誰に対する配慮? | トップページ | 労組法上の労働者性 »

キキを見てこういう感想を持つたぐいの人々

某米系投資銀行勤務の藤沢数希氏の感想:

http://twitter.com/#!/kazu_fujisawa/status/39215977468145664

>魔女の宅急便のキキは、労働組合も作らないし、首になっても割増退職金も要求しない。セクハラだパワハラだと訴えない。今の労働者も見習うべき。

藤沢氏やその周辺のあごらな方々の理想とする労働者像がどのようなものであるかがよく窺われる大変正直なつぶやきです。

|

« 「法と配慮板挟み」って、誰に対する配慮? | トップページ | 労組法上の労働者性 »

コメント

2ちゃんのカキコミよりしょうもないという意味で(主張がだけでなく,感性が無粋だし,そもそもキキは純粋な個人事業主だし。。),
便所の落書き,以外の呼び名を考えなきゃいけないですね。

投稿: いぶき | 2011年7月 9日 (土) 14時19分

なんじゃそりゃ!(怒)

この人、理不尽なことで、解雇されても、反論せずに従うのかしら。いやいや、こうゆう輩に限って、自分のお尻に火が付いたら大騒ぎしそうですね。

そして、「いや、労働組合でなく、弁護士に相談するから」とか屁理屈こねそうですな。

でも、「労働組合も作らないし、首になっても割増退職金も要求しない。セクハラだパワハラだと訴えない」って、殆どの労働者の実際の姿です(特に非正規雇用)。

リスクを覚悟して、訴える労働者は、ほんの一握りで、殆どの人は「泣き寝入り」。

偉そうに、「見習うべき」とか言われるまでもなく、それが実情。

投稿: 長期失業中 | 2011年7月 9日 (土) 16時33分

 皆さん、今晩は。

 藤沢数希という人は原発問題で滅茶苦茶な原発擁護・火力発電批判をやっていますが、本業ともいうべき経済・労働問題でも、濱口さんが紹介しているような滅茶苦茶なことを書き込んでいます。

 藤沢数希という人は、権力の走狗何でしょうね。

投稿: 国道134号鎌倉 | 2011年7月 9日 (土) 20時32分

藤沢氏の言説はどこかふざけているので消費物にすぎないと思います。それよりも、アゴラチックなテイストを薄めているが故により広く浸透していそうな、ちきりん氏的な考え方の方が厄介なのではないでしょうか。

投稿: 小野山 | 2011年7月10日 (日) 00時43分


せっかくの名作がちんけなツイートのおかげでガッカリという感じですね。

そうそう、同じジブリの「千と千尋の神隠し」に、登場キャラが労働ボイコットしているシーンがありますが、それを見て、「ストライキだっ!」と思った人は、結構いらっしゃるのでは?(笑)

投稿: 長期失業中 | 2011年7月10日 (日) 13時26分

濱口先生を始め皆さん藤沢氏のコメントを真に受けているようですが大丈夫でしょうか?藤沢氏のツイートは皮肉をこめたジョークであり、不満を言うばかりで自立出来ない労働者と、今の硬直した労働規制を批判したもので、ブラック企業を擁立しているわけでは無いと思います。

投稿: いやいや | 2014年2月16日 (日) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キキを見てこういう感想を持つたぐいの人々:

« 「法と配慮板挟み」って、誰に対する配慮? | トップページ | 労組法上の労働者性 »