« メンタルヘルス逆転の発想 | トップページ | 東電作業員 1295人所在不明 »

労働科学研究所創立90周年シンポジウム「働き方の近未来」

先日ここでもご案内した財団法人労働科学研究所の創立90周年記念特別企画のシンポジウム「働き方の近未来―何が問われているのか」に出席してきました。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-0fbe.html

いやあ、しかし、武蔵嵐山って遠いですね。森林公園のさらに向こうで、しかも会場のヌエックこと国立女性教育会館というのがまた駅からかなりの距離。

シンポでは先日朝日新聞を辞めて和光大学に行かれた竹信三恵子さん、元ILO労働者保護局長の井谷徹さんとわたくしの3人で、わたくしはできるだけ竹信さんの議論に絡むようにしました(笑)。

会場には大原社研の五十嵐仁さんがでんと座っておられて、お約束通り(笑)わたくしに質問を戴きました。

節電と労働時間の話は、先月記者の方にお話ししたことはありますが、人前ではたぶん初めてです。

|

« メンタルヘルス逆転の発想 | トップページ | 東電作業員 1295人所在不明 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 労働科学研究所創立90周年シンポジウム「働き方の近未来」:

« メンタルヘルス逆転の発想 | トップページ | 東電作業員 1295人所在不明 »