フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 認識論と政治論 | トップページ | 磯田進「日本の労働関係の特質-法社会学的研究」@『東洋文化』 »

2011年5月 6日 (金)

今頃何言ってんだ

と内心思っている人は一杯いるんじゃないのかな。

ベンチャー礼賛、激安礼賛、公的規制罵倒というこの「失われた20年」の3点セットの優等生が、ちょいとこけたからといって手のひらを返すような言いように対して。

あんたらマスコミや評論家や政治家が先頭に立って、そういうのが素晴らしい素晴らしいと言いつのってきたんじゃないのか、今さら何言ってんだ、と。

死んだならたった5両と笑うべし、生きていたなら2分と貸すまじ。

もし、こういう事件が何も起こっていない状態の中で、突然厚生労働省がベンチャーレストランの生肉の衛生管理に問題があるから規制を強化すると言い出したりしたら、3点セットのイデオローグの皆さんがどういうものの言いようで糾弾し始めていたか、目に浮かびませんかね。悪辣な官僚どもが天下りのために、何の必要もない規制をやろうとしてるぞ、さあ叩け叩けぶっ潰せ、と。

まあ、その意味では、こういう事態になってもなおかつ規制反対の論陣を張っている人には(賛成反対を超えて)敬意は表します。

(追記)

事情通ぽい方のブログから、

http://ameblo.jp/oharan/entry-10887143154.html(殺人ユッケ事件について遅ればせながらクダまくよ)

>あーちくしょう!

これは経営者にも客にも言える事だけど、物には適正価格ってのがあるんだよ。大和屋商店が売ってた肉の価格で生食できるかどうかなんて、少し知識のある人間ならわかるだろ?飲食店を経営するってのは 「知りませんでしたー」 じゃ済まないんだよ。安いには安いなりの理由がある。その理由を知った上で客に出せるかどうか判断するのが店の仕事。それが仕入れ。

これだからここ10年くらいのベンチャー(笑) は嫌いなんだ。「出会い系で金貯めたんで外食産業やってみまーすw」 みたいなガキが気軽に手を出せる業種じゃねえっつうの。

というわけで、今回の件は大和屋商店がヤラれるのは当然として、それと同じくらい (もしくはそれ以上に) 焼肉屋の方も重い罪を着せられて欲しいなと。

そして安易に 「ぼろ儲けできそうじゃんwww」 とバカ面したガキが外食産業に手を出す風潮が弱まりますように。

>みんないい加減 「ベンチャー系の外食屋」 を疑おうぜ。オジちゃん悪い事は言わないからさ。そんなもんに金を落とさなくたって、あちこちに老舗の居酒屋とか小料理屋とかあるだろ?ボロボロの外観なんだけど常連客が常にいるような店が。そういう所の方が絶対に安全で美味い物が食えるんだから、もっと積極的にお金を落として応援しようよ。な?

チェーン店で小奇麗で新しくてスタッフが若いってのは、言ってみれば 「危ない条件が揃ってる」 んだって。多少敷居が高くても、街に古くからある個人店を大事に守ろうよ。な?

ベンチャー礼讃、激安礼讃に対する怒りが伝わってきます。

« 認識論と政治論 | トップページ | 磯田進「日本の労働関係の特質-法社会学的研究」@『東洋文化』 »

コメント

http://square.umin.ac.jp/~massie-tmd/mhlwizon.html

「あなたは厚労省を非難したことがあるだろうか?もし,あるとしたら,次の等式を検討してもらいたい

「厚労省はけしからん」=「厚労省はもっとしっかり働いてもらいたい」=「厚労省さん,どうかよろしくお願いします.あなたが頼りなんです」

相手が一国の首相であれ,役所であれ,配偶者であれ,非難は依存の一表現型に過ぎない.相手に文句を言えば言うほど,相手に対する依存度が高い.相手はそれを見透かしているからこそ,どんなに非難されようとも,平気で存在し続けている.いや,正確に言うと,決して,”平気”ではない.自分が助けている相手から全く評価されず,非難されるばかりだとしたら,誰が平気でいられるものか.


「そんなに文句を言うんだったら,お前がやってみろ」 そう言われないのは、あなたが相手から憐れみをかけてもらっているからだ.あなたは,お上の御慈悲にすがって,初めて商売ができているのだ.霞ヶ関に足を向けて寝ていないかどうか,早速今晩,確認しておいた方がいいだろう.」


東電しかり、官僚しかり

東電、焼肉店ともに、市場を社会的に公正なものにするための政府の介入が適切ではなかったいう点では共通しているように思います。政府は市場と同様、しばしば腐敗したり自己の利益を追求して社会をゆがめたりする。でも、所得の再分配、市場を適正なものにするための法制度、社会資本といった政府にしかできない役割があるから、全うなバランス感覚があるなら必然的に政府に一定の存在意義があるというスタンスにならざるを得ない。フリードマン由来のウイルスにとらわれ、思考に当初からバイアスがかかってしまったのが新古典派、りふれはの方々なのでしょう。
市場に任せると利益追求のためにモラルハザードが起こるから焼肉店を国有化せよという主張は社会主義として相手にされません。しかし、電力の供給を独占させていたのが原発問題の原因だ、自由競争にすればすべての問題が解決するという主張は世間に一定の説得力を持ってしまうのは困ったものです。

>まあ、その意味では、こういう事態になってもなおかつ規制反対の論陣を張っている人には(賛成反対を超えて)敬意は表します。

確かに風見鶏、コウモリ野郎は見苦しい。自分の信念を貫く人間はある意味たいしたものだと思います。ただ、自分の宗教的信念こそ社会のあるべき姿だと信じ込み、デマゴーグを駆使してでも社会を巻き込んで自爆テロをするのが正義だとするのはご勘弁願いたいところです。

結果論の俎上から出なければ常勝無敗です。

http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-5063.htm

高コストの安全基準を満たし
「生食用食肉」の出荷実績のあると畜場
 (平成19年8月厚生労働省による実態調査報告より)
 (株)青森畜産公社津軽食肉センター
  会津食肉センター(福島県)
 (株)福島県食肉流通センター(郡山市)
 (株)栃木県畜産公社(宇都宮市)
 (株)山梨食肉流通センター(山梨県)
 (株)高知県広域食肉センター(高知市)
   県南食肉センター協同組合(福岡県)
   うきは市営と畜場(福岡県)
   千興ファーム食肉センター(熊本県、※馬のみ)
   熊本市食肉センター(熊本県)

と株式会社でありつつ公社、市営など公的セクタが多いようですね。

利益の出る仕事ならもっと多くの施設が参入していそうですね。儲からないところに私的会社が入らないのは合理的なはずです。

それともあのひとたちの言う
「営利企業に税金をいれることによる競争の不公平化による弊害」や「寡占による市場のゆがみ」で、もっと構造改革や規制緩和するのがよかったりするんでしょうか


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今頃何言ってんだ:

» ユッケ食中毒事件に思う。 [雇用維新 派遣?請負?アウトシーシング?民法と事業法の狭間でもがく社長の愚痴ログ]
まずは、今回、被害に遭われた皆様、そしてご家族、ご親族の皆様には、心より哀悼の意を表させて頂きます。 hamachan先生こと濱口桂一郎氏も書かれていますが、遅ればせながらユッケ食中毒事件について…。 今頃何言ってんだ (hamachanブログ) 今回の食中毒... [続きを読む]

« 認識論と政治論 | トップページ | 磯田進「日本の労働関係の特質-法社会学的研究」@『東洋文化』 »