フォト
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 東日本大震災の労働法政策@『BLT』 | トップページ | 地震学者のためいき »

2011年5月25日 (水)

ベーシックインカム論者には2種類あって・・・

権丈先生たら、先日の公務員初任研修で、隣の教室で何をからかっていたんですかぁ。

http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/main.html

>そう言えば、5月9日の国家公務員初任研修で、こういうシーンが。

  • 「先生は、ベーシックインカムはご専門ではないと思いますが、どう思われますか?」
  • 「専門じゃないし、専門家にもなりたくないですけどね。
    ところで、ひとり1万円を国民全員に配ったらいくらになると思いますか?」
  • 「1兆2千億円ですか」
  • 「そう。でっ、君は、ベーシックインカムにひとりにいくら必要だと思う?」
  • 「10万円は必要かと」
  • 「ということは、一ヶ月で12兆円必要ですね。それを12ヶ月配ったら?」
  • 「えっとぉ、144兆円」
  • 「今年の税収は? それに、さっき話したけど、生活保護費はいくら? そのうち医療扶助なんかを外した現金給付はどれだけだったっけ? さっき、Sickoを少しみたけど、あそこで描かれていた医療問題って、ベーシックインカムを配っておくだけで解決する?」
  • 「・・・・・・・」
  • 「ベーシックインカムなんて、まじめに考えてあげる必要がどこにあるんだろうね。。。」

と言って、マーシャルのcool heads but warm heartsの話をして、ベーシックインカムを言っている人には2種類あって、cool head and cool heart派とwarm head and warm heart派でね・・・と延々と遊んできた次第。warm head and warm heart派が空想的社会保障論者に属するわけだけど、僕の言う意味でのポピュリズム政党にとっては、彼らの利用価値はそれはそれは高い高い。。。その結果の悲喜劇が、今の状況さ。でもまぁ、国民が選んだ政治なんだから、国民はとにかく甘受するしかあるまいよ。いったん権力を与えたら、そう簡単に剥奪できない――法律はそういうふうに作られていることをよ~く学ぶ、今はそういう機会かもな、2度と同じ失敗をしないように

つまり、空想的社会保障論者が「warm head and warm heart派」だとすると、わたくしがいう「捨て扶持派」が「cool head and cool heart派」ということですね。

いい言葉覚えたな。

(参考)

http://www.joho.or.jp/report/report/2010/1011report/p30.pdf(ベーシックインカムで社会問題は解決?)

http://homepage3.nifty.com/hamachan/basicincome.html『日本の論点2010』「ベーシックインカム論の落とし穴」)

« 東日本大震災の労働法政策@『BLT』 | トップページ | 地震学者のためいき »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベーシックインカム論者には2種類あって・・・:

« 東日本大震災の労働法政策@『BLT』 | トップページ | 地震学者のためいき »