フォト
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 野田進『事例判例 労働法-「企業」視点で読み解く』 | トップページ | 日本にはハードルが高すぎる北欧型雇用モデル@『エコノミスト』 »

2011年2月26日 (土)

森戸英幸『プレップ労働法<第三版>』

31314 森戸英幸先生より『プレップ労働法<第三版>』(弘文堂)をお送りいただきました。

http://www.koubundou.co.jp/books/pages/31314.html

こちらは、おちゃらけ風テキストブックとして有名ですが、「第3版はじめに」によると

>なんで第3版出したかって?だってしょうがないじゃん。菅野先生も水町くんも、忙しいはずなのに毎年のように改訂するからさあ・・・・・・。

だそうです。

しかし、こういう常にアップデートが必要な法律テキストにこそ、電子書籍というのはむいているのかも知れませんね。

>労働法の勉強はまずこの本から! と定評あるプレップ労働法の改訂版が完成!
 2010年度施行の改正労基法、育児介護休業法等の改正法をフォローした上、最新の重要判例を補った最新版。
 働く人間の法律、労働法。これから社会に出る人間にとっても必要不可欠な法律として、1冊で労働法全体が見渡せる最高の入門書です。
 随所に具体的な場面を会話で挿入しながら、適宜、労働法になぜこの条文が設けられたのかがわかる、読めば納得の入門書。
 法律実務家を目指す方も、そうでない方も、知識としての労働法習得の第1冊目には、この本を是非お薦めします。

森戸風労働法講義から・・・

>「キミは思ってたより使えないので、本採用しないことにします」

「えー、そんなあ・・・・・今さらそんなこと言われたって困ります。だいたいですね、そんなに使えるヤツだったらこんな会社に来てないと思います」

「・・・・・・・(一理あるな)」

あるかよ!って、これが試用期間の例。

>「地方はもちろん海外勤務もあり得るわけなんだけど、大丈夫ですか?」

「ハイ、総合職である以上、たとえ地球の果てまでも行く覚悟です!」

「仕事内容もね、理系出身といっても営業をやらせるかも知れないよ」

「ハイ、それもすべてお任せします!」

と典型的な日本型正社員のタマゴの会話は配転の例。

>「で、学生時代何か部活動とかはやっていましたか?サークルとか(本音:フン、どうせちゃらちゃらしたお遊びサークルだろ?)」

「ハイ、自分は(普段「自分」なんて一人称使ったことないぜ)体育会の野球部に入っていました(が、しんどくて1週間でやめました)」

「ほー、それはすごいねー、いや体育会系だと体力あるし、礼儀正しいし、期待できるよねー(脳みそも筋肉で出来ているんじゃねえだろうな?!)・・・・・・で、ポジションは?」

「ハイ、外野・・・・・・(のさらにもっと後ろ、自由席で彼女といちゃいちゃしてました)です」

なんちゅう会話や。これが経歴詐称の例。

全編この調子です。

« 野田進『事例判例 労働法-「企業」視点で読み解く』 | トップページ | 日本にはハードルが高すぎる北欧型雇用モデル@『エコノミスト』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 森戸英幸『プレップ労働法<第三版>』:

« 野田進『事例判例 労働法-「企業」視点で読み解く』 | トップページ | 日本にはハードルが高すぎる北欧型雇用モデル@『エコノミスト』 »