フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 日本版NVQの可能性 | トップページ | 野川 vs 安藤 Blog (仮)ができた! »

2011年1月25日 (火)

湯浅誠氏のとまどいPartⅢ

隔月刊の雑誌『オルタ』に、毎回見開き2ページずつ連載されている記事を追っかけていくというのは、忘れた頃に次が来るという感じですね。

さて、もう湯浅誠氏はとまどっているわけではないんですが、せっかく多くのぶくまがついたタイトルでもあり、このタイトルでPartⅢいきます。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-47d3.html(湯浅誠氏のとまどい)

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/part-bff1.html(湯浅誠氏のとまどいPartⅡ)

Alter_new_2011_12 今回は「反貧困日記」の3回目です。雑誌自体の特集は、「まちがいだらけの「魚食文化」」で、これが結構なかなか面白かったりしますが、それはともかく、

http://www.parc-jp.org/alter/2011/alter_2011_1-2.html

今回湯浅氏が述べているのは、ヨーロッパでは「Welfare to Work」といっている理念を日本の文脈で受け止めるならば、「Home to Work」(家族から就労へ)となるべきだということです。なぜなら、日本で就労から排除されている人々は、福祉からも排除されている割合が大きく、湯浅氏風にいえば、

>実際には家族の中に溜まって/溜め込まれて/溜まらざるを得なくなっているからだ

この日本の福祉政策が家族依存型だったという点は、出たばかりのOECD『日本の労働市場改革』の中でも指摘されています。

« 日本版NVQの可能性 | トップページ | 野川 vs 安藤 Blog (仮)ができた! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯浅誠氏のとまどいPartⅢ:

« 日本版NVQの可能性 | トップページ | 野川 vs 安藤 Blog (仮)ができた! »