フォト
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 本ブログの人気エントリ:はてぶとついった | トップページ | 心に残るブログから2 »

2010年12月31日 (金)

心に残るブログから

今年、何回も引用させていただいたブログとしては、 machineryさんのブログがあります。問題意識がかなり共鳴しているので、なんだか自分の文章を引用するような感すらあり、却って頻繁に引用するのがためらわれてしまったりするのですが、

http://sonicbrew.blog55.fc2.com/blog-entry-433.html素人の浅薄な正義感

とりわけ、コメント欄の、

>この点、本エントリでは明記しませんでしたが、マンデルの定理やティンバーゲンの定理によれば、社会全体の流動性選好を修正して、特に流動性制約の厳しい家計に流動性を供給する効果が期待されるリフレーション政策は、その目的にのみ割り当てられるものであるはずです。したがって、本エントリで取り上げたような若年者の労働市場への円滑な参入という個別の政策課題については、それに応じたミクロな個別の制度設計が必要となります。

確かに若年者雇用は景気の波をもろに受けるものではありますが、では過去の好況のときは新卒の売り手市場で日本的雇用慣行が万全のものであったかというと、必ずしもそうではなかったわけです。男性正規労働者が家計を支え、妻や子はパートやアルバイトで家計を補助するというモデル的な家族が前提となっているからこそ、正規労働者の雇用が保護されているのであって、その裏返しとして、大企業正規雇用者以外の中小・零細企業の正規労働者や非正規労働者はクビを切られても変更解約告知を受けても文句もいえません。そもそも、モデル的な家族構成を構築できない個人はまともに生活することすらできないという日本の小さすぎる再分配政策と併せて、それを補完してきた日本的雇用慣行についても、労働市場への入口から出口までをトータルに見据えながら不断に修正していく必要があります。

ところが、一部のドマクロで市場効率化最優先なリフレ派にとってみれば、「そんな七面倒くさいことしなくたって、解雇規制を撤廃すれば労働市場が流動化して最適な均衡点がもたらされるし、リフレして景気が回復すればいくらでも就職する口はあるよ」とおっしゃるのでしょうし、そこで上記のような話をすると、「雇用を規制したり公的職業教育を推進するなんて、官僚の既得権益に取り込まれたアフォなヤツ」と、「リフレ派を批判するなんてデフレを賞賛する基地外め」と、口を極めて罵られるので、個人的にはどうしても「リフレ派」と呼ばれる方々とおいそれと与するわけにはいかないと考えてしまうのです。

machineryさんのように、経済政策論としては広い意味でのリフレ派に属するにもかかわらず、ネットリフレ派の行状のために、その批判派に転じた方に、一部で有名なHALTANさんがいます。

http://d.hatena.ne.jp/HALTAN/20101229/p1[無題]リフレ派(ネットリフレ派)の政治的アクション=切れば血の出るリアルポリティックスとは?)

http://d.hatena.ne.jp/HALTAN/20101230/p1[無題]日夜厳しい経済学専門知的研鑽=政治的アクション=切れば血の出るリアルポリティックスに命懸けで邁進されて居られる処のリフレ派(ネットリフレ派)聖戦士のみなさまへ)

http://d.hatena.ne.jp/HALTAN/20101231/p1[無題]笑わせるな。)

まあ、このHALTANさんの文体には人によって好みがあるでしょうから、必ずしも万人向けとは言い難いかもしれませんが、期間限定で1月6,7日には削除されるそうなので、怖いもの見たさでご覧になるのも一興かも知れません。

« 本ブログの人気エントリ:はてぶとついった | トップページ | 心に残るブログから2 »

コメント

ご紹介いただきありがとうございました。

こちらこそ、ほとんどといっていいくらいhamachan先生のブログや議論からネタをいただきました。改めてお礼申し上げます。少しでも現実が動くよう引き続き尽力していきたいと思いますので、来年も議論させていただければ幸いです。よいお年をお迎えください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心に残るブログから:

« 本ブログの人気エントリ:はてぶとついった | トップページ | 心に残るブログから2 »