フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« きわめて遺憾 容認できない@連合 | トップページ | 小宮文人『雇用終了の法理』 »

2010年10月29日 (金)

上司と部下の非対称性

こんなものにコメントするかと言われそうですが、

http://www.kirinholdings.co.jp/news/2010/1026_01.html(キリン食生活文化研究所 レポートVol.27「職場の人とのお酒の飲み方」に関する意識調査について)

>職場の人とお酒を飲む際に期待することは、上司・部下共に「コミュニケーションをとりたい」がトップ。なお、上司より部下と飲むときの方が期待は充足される傾向にある。特に20代は、他の年代と比較して部下・後輩と飲むときに、期待が満たされる割合(67.5%)が高い

そりゃ、誰だって、上司と飲むのは気詰まりで、部下と飲むのは気が楽でしょう。

でも、あなたが気が楽に飲んでいるその部下は、気詰まりな上司と飲んでいるのですよ。

そして、あなたが気詰まりに飲んでいるその上司は、気が楽な部下と飲んでいるのです。

そういう上司と部下の非対称性が分かっているかどうか、労働問題全般に通じるものがありますね。

通俗的な労働に関する議論って、この俺様が楽しく飲んでいるんだから、この部下も楽しく飲んでいるに違いない、というたぐいの議論が多いんですよね。

教訓:酒は楽しく飲みましょう、お互いにとって。

« きわめて遺憾 容認できない@連合 | トップページ | 小宮文人『雇用終了の法理』 »

コメント

日本の「労使」は、欧米の「労使」と、特に大企業正社員では普通(組合幹部経験者が管理職に登用されてゆく)こととか、職場での欝がパワハラ・セクハラ由来というのがけっこう多いこととか考えると、上司と部下の良きコミュニケーションは大きな問題ですね。

あ、急いで書いて中途半端なコメントでした。「日本の「労使」は欧米の「労使」と違い、」と書いたつもりでした。訂正します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上司と部下の非対称性:

» 上司と部下の関係 [あなたの常識は本当に常識ですか?]
前回は「どうすれば今の状況を変えられるか」という記事で した。 この記事を読んでくださった方は、「政治とネットビジネス? 何を言っているんだろうか?」と思っているんではないでしょ うか? ちょっと自分が読者にしていただいているnhcjpnさんの「ヒ ラメ、人間の... [続きを読む]

« きわめて遺憾 容認できない@連合 | トップページ | 小宮文人『雇用終了の法理』 »