« ちょっとアクが強いですが | トップページ | 後藤道夫さんのベーカム批判 »

2010年9月20日 (月)

スウェーデン民主党初議席

D0f0adfcc736 スウェーデンの総選挙結果がさっそくEUobserverで報じられています。

http://euobserver.com/9/30839(Sweden's far-right makes it into parliament for the first time)

いやもちろん、まずは現与党の中道右派が勝ったということが大事なのですが、過半数はとれませんでした。キャスティングボートを握ったのは、20議席を獲得した反移民、反イスラムのスウェーデン民主党であったのです。

>Sweden's conservative Prime Minister Frederik Reinfeldt has won a second term in office, preliminary figures show. But his four-party centre-right alliance failed to secure a majority, while the far-right Sweden Democrats entered into parliament for the first time.

The four-party coalition, made up of Mr Reinfeldt's Moderate Party, the Liberal Party, the Christian Democrats and the Center Party, won 172 seats, three short of a majority in Sunday's election (19 September). The left-wing opposition got 157 seats.

>The headline-stealers of the election are instead the Sweden Democrats, an anti-immigrant, far-right outfit with links to neo-Nazi groups, especially in the 1980s and 1990s. The party passed the four percent hurdle for getting into parliament by winning 20 (or 5.7%) of the 349 seats.

与党はスウェーデン民主党と連立を組むつもりはないといっているので、少数与党の不安定な政治運営を強いられることになります。

今はどの国もその国なりに難しい状況を抱えているということです。最近、やや北欧神話(?)がはやりかけているようですが、北欧には北欧の悩みがあるわけで、どこかに悩みのない国があるなどということはありません。北欧の右翼はとりわけワークフェア的福祉ショービニズムの傾向が強く、ある意味で北欧型社会に根ざしているわけですから、否定しきれないわけですね。

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-ae0f.html(北欧で極右拡大中)

|
|

« ちょっとアクが強いですが | トップページ | 後藤道夫さんのベーカム批判 »

EUの労働法政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3288/36840229

この記事へのトラックバック一覧です: スウェーデン民主党初議席:

« ちょっとアクが強いですが | トップページ | 後藤道夫さんのベーカム批判 »